World

No Picture

「世界最長寿の国」日本、2040年にはトップの座から転落か(調査結果)

※写真はイメージです

日本は、長らく誇ってきた「世界最長寿の国」の肩書きを奪われるかもしれない。

アメリカ・ワシントン大学の「保健指標・評価研究所」が10月16日、平均寿命の国別ランキングで、2040年にはスペインがトップの日本を上回るという見解を発表した。

同研究所は、「世界の疾患負担」の研究データを元に、195の国と地域における平均寿命や死亡率、死因を予測。2040年の各国の平均寿命予想を算出し、ランキングをつけた。

2016年の平均寿命は、日本が83.7歳でトップ、スペインは82.9歳で4位につけている。2040年には、スペインの平均寿命が85.8歳まで伸び、85.7歳となる日本を超えて、「世界最長寿の国」に躍り出るという。

研究では通常の予想に加えて、良いシナリオと悪いシナリオもそれぞれ紹介している。

悪いシナリオは「(195カ国の)半数で平均寿命が下がる」一方、良いシナリオでは「およそ50カ国が10年かそれ以上寿命が伸びる」と予測している。

ガーディアンによると、食の研究に国をあげて取り組んでいることが、スペインの平均寿命を押し上げる要因のひとつとみられるという。

世界保健機構(WHO)が発表している国別の平均寿命でも、日本は少なくともここ数年は、世界トップを守り続けている。

ただ、WHOの調査や保健指標評価研究所の発表には、香港は含まれていないとみられる。厚労省の調査では、平均寿命のトップはここ数年は香港で、日本は2位につけている。

Read More

No Picture

天国の新郎は、ウェディング写真で新婦と一つになった「僕はいつもそばにいる」

ジェシカ・パジェットさん

Facebookに投稿されたアメリカ・インディアナ州で撮影された「新郎新婦」のウェディング写真が、話題になっている。

BBCによると、ジェシカ・パジェットさんは9月29日、1人で結婚式に臨んだ。本来隣にいるはずの婚約者ケンダル・マーフィーさんは2017年11月、事故で亡くなってしまったからだ。

パジェットさんは当時、悲しみに打ちひしがれたが、マーフィーさんが死亡したすぐ後、彼女が注文したウェディングドレスが仕上がったと連絡があった。挙式はキャンセルせず、予定通りにウェディング写真の撮影に臨んだ。

BBCの取材に対して「彼が隣にいなくても、私たちの結婚式を祝い結婚式の日の思い出が欲しかった」と、パジェットさんは振り返る。

Facebookに投稿された写真には、悲しみと向き合い、乗り越えようとするパジェットさんの強さが表れている。

ジェシカ・パジェットさん

マーフィーさんの遺影との2ショットや、マーフィーさんの墓石にうな垂れたり、父親に肩を抱かれ涙ぐんだりするパジェットさんが写っている。

ジェシカ・パジェットさん

Peopleによると、マーフィーさんの両親は、彼が毎日のように履いていたカウボーイブーツを内緒で用意した。ブーツには花束が敷き詰められ、「君がどんな道を歩もうとも、僕はいつもそばにいる。君の守り役のマーフィーより」とメッセージが添えられていた。

ジェシカ・パジェットさん


No Picture

誰ですか、こんなことをしたのは…。アメリカの歴史的な銅像、「ギョロ目」になってしまう

「誰がこんなことしたの?!」

呆れたように嘆くのは、アメリカ・ジョージア州のサバンナ市役所。10月11日、Facebookに問題となっている写真とともに投稿した。

「誰かが、ジョンソンスクエアのナサニエル・グリーン像にギョロ目を貼りました。面白く見えるかもしれませんが、歴史的な建造物や公共の財産を傷つけることは、笑い事ではありません。犯罪です。これをやった人を探しています。何か情報がある場合、サバンナ警察署まで電話をお願いします」

そう、ナサニエル・グリーンの銅像の目が変わっていたのだ。ワシントンポストによると、アメリカ独立戦争を戦った将軍の1人で、ジョンソンスクエア内に埋葬されている。

ナサニエル・グリーンの肖像画

サバンナ市役所の嘆きのFacebook投稿は、2万2000件以上シェアされて、大きな注目を集めた。しかし、「犯人を見つけたい」という投稿の目的とは裏腹に、リアクションのほとんどは面白がったものだ。寄せられたコメントを一部、抜粋して紹介する。

「これを投稿した人、インターネットの仕組みをわかってないね。犯人を見つけることよりも、みんな面白がるに決まってるじゃん😂」

「ここ、ずっと行きたいと思ってたんだ!ギョロ目が外されないうちに、早く見に行かないと!」

「犯人が見つかるのを願ってるし、犯罪なのもわかってる。けど、笑いが止められないんだ…」

みんな面白がっているようだが、サバンナ市役所は犯人を探している。何か情報があったら、警察署に電話を忘れないでください。


No Picture

ロシアの地方議員の妻、高速道路で音楽動画をゲリラ撮影 大渋滞で救急車も立ち往生

オクサナ・ヤコブレワさん

ロシア人の女性歌手がモスクワの高速道路上でゲリラ的にミュージッククリップを撮影し、大渋滞を引き起こした。その様子を撮影した動画がソーシャルメディアで拡散、女性が地方議員の妻ということもあって、怒りの声や批判が相次いでいる。

渦中の人物は、オクサナ・ヤコブレワさん(29)。ヤハナの芸名で歌手活動をしており、モスクワ州ショルコボ町のアレクセイ・ヤコブレフ議員の妻でもある。

ヤコブレワさんは10月7日、モスクワ中心部を取り囲むように走る高速道路「モスクワ環状道路」に車を停車させ、その前でミュージッククリップの撮影を決行した。

ヤコブレワさんはほかの2人の女性を従え、レオタードのようなコスチュームで激しく踊った。その様子をカメラマンが動画で撮影した。

この影響で、環状道路は大渋滞が発生。モスクワのラジオ番組「モスクワのこだま」によると、緊急車両も巻き込まれたといい、ヤコブレワさんは許可なく撮影をしたとして、2万ルーブル(約3万4000円)の罰金を支払うことになったという。

ソーシャルメディアなどには「緊急車両が遅れたらどうするつもりだ」「PR方法がブラックだ」「くだらない女だということをみんなが知ることになった」などと、批判的なコメントがあふれた。

だが、ヤコブレワさんは「私は撮影していない。誰かが撮影していたところに通りがかっただけだ」などと否認したという。

ヤコブレワさんは当初、Instagramに撮影された動画を投稿したが、批判が殺到したためか削除している。

それでも地元メディアの取材に対し、「大部分の人はポジティブに私のことを見ていたと思う。撮影中、車の通行を邪魔して一部の人には不快な思いをさせたけど」と反省の色はない様子。

さらには、「今の世の中、金もコネもない人が芸能界に飛び込むのは非現実的で、とても厳しいということ。私には何もなかった」と述べ、芸能界で生き残るためには過激な活動も必要だとの考えを示した。


No Picture

ロシアの地方議員の妻、高速道路で音楽動画をゲリラ撮影 大渋滞で救急車も立ち往生

オクサナ・ヤコブレフさん

ロシア人の女性歌手がモスクワの高速道路上でゲリラ的にミュージッククリップを撮影し、大渋滞を引き起こした。その様子を撮影した動画がソーシャルメディアで拡散、女性が地方議員の妻ということもあって、怒りの声や批判が相次いでいる。

渦中の人物は、オクサナ・ヤコブレワさん(29)。ヤハナの芸名で歌手活動をしており、モスクワ州ショルコボ町のアレクセイ・ヤコブレフ議員の妻でもある。

ヤコブレワさんは10月7日、モスクワ中心部を取り囲むように走る高速道路「モスクワ環状道路」に車を停車させ、その前でミュージッククリップの撮影を決行した。

ヤコブレワさんはほかの2人の女性を従え、レオタードのようなコスチュームで激しく踊った。その様子をカメラマンが動画で撮影した。

この影響で、環状道路は大渋滞が発生。モスクワのラジオ番組「モスクワのこだま」によると、緊急車両も巻き込まれたといい、ヤコブレワさんは許可なく撮影をしたとして、2万ルーブル(約3万4000円)の罰金を支払うことになったという。

ソーシャルメディアなどには「緊急車両が遅れたらどうするつもりだ」「PR方法がブラックだ」「くだらない女だということをみんなが知ることになった」などと、批判的なコメントがあふれた。

だが、ヤコブレワさんは「私は撮影していない。誰かが撮影していたところに通りがかっただけだ」などと否認したという。

ヤコブレワさんは当初、Instagramに撮影された動画を投稿したが、批判が殺到したためか削除している。

それでも地元メディアの取材に対し、「大部分の人はポジティブに私のことを見ていたと思う。撮影中、車の通行を邪魔して一部の人には不快な思いをさせたけど」と反省の色はない様子。

さらには、「今の世の中、金もコネもない人が芸能界に飛び込むのは非現実的で、とても厳しいということ。私には何もなかった」と述べ、芸能界で生き残るためには過激な活動も必要だとの考えを示した。


No Picture

ロシアの地方議員の妻、高速道路で音楽動画をゲリラ撮影 大渋滞で救急車も立ち往生

オクサナ・ヤコブレフさん

ロシア人の女性歌手がモスクワの高速道路上でゲリラ的にミュージッククリップを撮影し、大渋滞を引き起こした。その様子を撮影した動画がソーシャルメディアで拡散、女性が地方議員の妻ということもあって、怒りの声や批判が相次いでいる。

渦中の人物は、オクサナ・ヤコブレワさん(29)。ヤハナの芸名で歌手活動をしており、モスクワ州ショルコボ町のアレクセイ・ヤコブレフ議員の妻でもある。

ヤコブレワさんは10月7日、モスクワ中心部を取り囲むように走る高速道路「モスクワ環状道路」に車を停車させ、その前でミュージッククリップの撮影を決行した。

ヤコブレワさんはほかの2人の女性を従え、レオタードのようなコスチュームで激しく踊った。その様子をカメラマンが動画で撮影した。

この影響で、環状道路は大渋滞が発生。モスクワのラジオ番組「モスクワのこだま」によると、緊急車両も巻き込まれたといい、ヤコブレワさんは許可なく撮影をしたとして、2万ルーブル(約3万4000円)の罰金を支払うことになったという。

ソーシャルメディアなどには「緊急車両が遅れたらどうするつもりだ」「PR方法がブラックだ」「くだらない女だということをみんなが知ることになった」などと、批判的なコメントがあふれた。

だが、ヤコブレワさんは「私は撮影していない。誰かが撮影していたところに通りがかっただけだ」などと否認したという。

ヤコブレワさんは当初、Instagramに撮影された動画を投稿したが、批判が殺到したためか削除している。

それでも地元メディアの取材に対し、「大部分の人はポジティブに私のことを見ていたと思う。撮影中、車の通行を邪魔して一部の人には不快な思いをさせたけど」と反省の色はない様子。

さらには、「今の世の中、金もコネもない人が芸能界に飛び込むのは非現実的で、とても厳しいということ。私には何もなかった」と述べ、芸能界で生き残るためには過激な活動も必要だとの考えを示した。


No Picture

ロシアの地方議員の妻、高速道路で音楽動画をゲリラ撮影 大渋滞で救急車も立ち往生

オクサナ・ヤコブレフさん

ロシア人の女性歌手がモスクワの高速道路上でゲリラ的にミュージッククリップを撮影し、大渋滞を引き起こした。その様子を撮影した動画がソーシャルメディアで拡散、女性が地方議員の妻ということもあって、怒りの声や批判が相次いでいる。

渦中の人物は、オクサナ・ヤコブレワさん(29)。ヤハナの芸名で歌手活動をしており、モスクワ州ショルコボ町のアレクセイ・ヤコブレフ議員の妻でもある。

ヤコブレワさんは10月7日、モスクワ中心部を取り囲むように走る高速道路「モスクワ環状道路」に車を停車させ、その前でミュージッククリップの撮影を決行した。

ヤコブレワさんはほかの2人の女性を従え、レオタードのようなコスチュームで激しく踊った。その様子をカメラマンが動画で撮影した。

この影響で、環状道路は大渋滞が発生。モスクワのラジオ番組「モスクワのこだま」によると、緊急車両も巻き込まれたといい、ヤコブレワさんは許可なく撮影をしたとして、2万ルーブル(約3万4000円)の罰金を支払うことになったという。

ソーシャルメディアなどには「緊急車両が遅れたらどうするつもりだ」「PR方法がブラックだ」「くだらない女だということをみんなが知ることになった」などと、批判的なコメントがあふれた。

だが、ヤコブレワさんは「私は撮影していない。誰かが撮影していたところに通りがかっただけだ」などと否認したという。

ヤコブレワさんは当初、Instagramに撮影された動画を投稿したが、批判が殺到したためか削除している。

それでも地元メディアの取材に対し、「大部分の人はポジティブに私のことを見ていたと思う。撮影中、車の通行を邪魔して一部の人には不快な思いをさせたけど」と反省の色はない様子。

さらには、「今の世の中、金もコネもない人が芸能界に飛び込むのは非現実的で、とても厳しいということ。私には何もなかった」と述べ、芸能界で生き残るためには過激な活動も必要だとの考えを示した。


No Picture

ロシアの地方議員の妻、高速道路で音楽動画をゲリラ撮影 大渋滞で救急車も立ち往生

オクサナ・ヤコブレフさん

ロシア人の女性歌手がモスクワの高速道路上でゲリラ的にミュージッククリップを撮影し、大渋滞を引き起こした。その様子を撮影した動画がソーシャルメディアで拡散、女性が地方議員の妻ということもあって、怒りの声や批判が相次いでいる。

渦中の人物は、オクサナ・ヤコブレワさん(29)。ヤハナの芸名で歌手活動をしており、モスクワ州ショルコボ町のアレクセイ・ヤコブレフ議員の妻でもある。

ヤコブレワさんは10月7日、モスクワ中心部を取り囲むように走る高速道路「モスクワ環状道路」に車を停車させ、その前でミュージッククリップの撮影を決行した。

ヤコブレワさんはほかの2人の女性を従え、レオタードのようなコスチュームで激しく踊った。その様子をカメラマンが動画で撮影した。

この影響で、環状道路は大渋滞が発生。モスクワのラジオ番組「モスクワのこだま」によると、緊急車両も巻き込まれたといい、ヤコブレワさんは許可なく撮影をしたとして、2万ルーブル(約3万4000円)の罰金を支払うことになったという。

ソーシャルメディアなどには「緊急車両が遅れたらどうするつもりだ」「PR方法がブラックだ」「くだらない女だということをみんなが知ることになった」などと、批判的なコメントがあふれた。

だが、ヤコブレワさんは「私は撮影していない。誰かが撮影していたところに通りがかっただけだ」などと否認したという。

ヤコブレワさんは当初、Instagramに撮影された動画を投稿したが、批判が殺到したためか削除している。

それでも地元メディアの取材に対し、「大部分の人はポジティブに私のことを見ていたと思う。撮影中、車の通行を邪魔して一部の人には不快な思いをさせたけど」と反省の色はない様子。

さらには、「今の世の中、金もコネもない人が芸能界に飛び込むのは非現実的で、とても厳しいということ。私には何もなかった」と述べ、芸能界で生き残るためには過激な活動も必要だとの考えを示した。


No Picture

ロシアの地方議員の妻、高速道路で音楽動画をゲリラ撮影 大渋滞で救急車も立ち往生

オクサナ・ヤコブレフさん

ロシア人の女性歌手がモスクワの高速道路上でゲリラ的にミュージッククリップを撮影し、大渋滞を引き起こした。その様子を撮影した動画がソーシャルメディアで拡散、女性が地方議員の妻ということもあって、怒りの声や批判が相次いでいる。

渦中の人物は、オクサナ・ヤコブレワさん(29)。ヤハナの芸名で歌手活動をしており、モスクワ州ショルコボ町のアレクセイ・ヤコブレフ議員の妻でもある。

ヤコブレワさんは10月7日、モスクワ中心部を取り囲むように走る高速道路「モスクワ環状道路」に車を停車させ、その前でミュージッククリップの撮影を決行した。

ヤコブレワさんはほかの2人の女性を従え、レオタードのようなコスチュームで激しく踊った。その様子をカメラマンが動画で撮影した。

この影響で、環状道路は大渋滞が発生。モスクワのラジオ番組「モスクワのこだま」によると、緊急車両も巻き込まれたといい、ヤコブレワさんは許可なく撮影をしたとして、2万ルーブル(約3万4000円)の罰金を支払うことになったという。

ソーシャルメディアなどには「緊急車両が遅れたらどうするつもりだ」「PR方法がブラックだ」「くだらない女だということをみんなが知ることになった」などと、批判的なコメントがあふれた。

だが、ヤコブレワさんは「私は撮影していない。誰かが撮影していたところに通りがかっただけだ」などと否認したという。

ヤコブレワさんは当初、Instagramに撮影された動画を投稿したが、批判が殺到したためか削除している。

それでも地元メディアの取材に対し、「大部分の人はポジティブに私のことを見ていたと思う。撮影中、車の通行を邪魔して一部の人には不快な思いをさせたけど」と反省の色はない様子。

さらには、「今の世の中、金もコネもない人が芸能界に飛び込むのは非現実的で、とても厳しいということ。私には何もなかった」と述べ、芸能界で生き残るためには過激な活動も必要だとの考えを示した。


No Picture

バービー、「夢との差を埋めよう」と掲げたプロジェクト発表。女の子でも「何にでもなれる」

誕生から50年以上の歴史を持ち、世界中で人気の人形「バービー」。10月9日、発売元であるアメリカの玩具メーカー、マテルは新しいキャンペーン「ドリーム・ギャップ・プロジェクト(The Dream Gap Project)」を発表した。

マテルはこれまでに、「あなたは何にでもなれる(You Can Be Anything)」と呼びかけるキャンペーンも行ってきた。獣医にも、生物学者にも、大学教授にもなれる。それを伝えるため、多様な職業のバービー人形を発売した。

今回の「ドリーム・ギャップ・プロジェクト」もその流れに繋がるもので、女の子に「夢と現実の差」を埋めよう、「女の子でも何にでもなれる」と呼びかけている。

公式サイトには、子どもたちの現状についてこう書かれている。

「研究によると、子どもたちはまだ小さいころに『女性は男性ほど賢くない』という文化的なステレオタイプを持ちはじめます。メディアや大人がじわじわと伝えることで、受け継がれて来たものです。自分自身の限界を低く設定させる、こうしたステレオタイプは、女の子の未来、キャリアに大きな影響を与えかねません。女性が輝かしいキャリアを目指すことを、諦めさせてしまうかもしれないのです。知的であることに価値が置かれる分野では特にそうです」

NBCによると、同社は米ニューヨーク大学の研究者と共に研究を進め、キャンペーンを推進する予定だという。

マテルのリサ・マクナイト上流副社長は、「1959年以来、バービーは女の子たちに無限の可能性をもたらしてきました。若い時に力を発揮するように促すことは、その子の可能性を最大限引き出す鍵になると信じています」と述べている。

近年は、バービー人形の現実離れした体型に対し、「スリムすぎる」「若い人たちに与える悪影響も考慮すべき」などとの批判の声が上がっている。マテルは、その声を受けて、職業や体型を多様化した現代的なイメージのバービーを作ることに力を注いでいる


CLOSE
CLOSE