watanabenaomi

No Picture

渡辺直美さん、NY生活を本格スタート「”生き様が、芸人”でありたい」

渡辺直美さん(2018年9月)

タレントの渡辺直美さんは4月7日、アメリカ・ニューヨークでの生活を本格的にスタートさせたことをInstagramで公表した。

最近はたびたびNYを訪れ、トレーニングやこんまりさんとの会食をInstagramで報告していた渡辺さんは、「ただいま東京!(以下クソ長文)」という書き出しで始まる長文のメッセージを投稿。

2018年末にアーティストビザを取得し、今回は住居や携帯電話、銀行の契約も済んだことを伝えた。今後は日本とNYを行き来することになり、2019年は日本と海外の仕事が半々になるという。

さらに、「ナオミってなにがやりたいの、なにしてんのかわかんないどうなりたいわけ?って思う方」と呼びかけ、「あたすもわからない!w でも未来って誰にも分からないじゃん!」とコメント。

分からないからこそ、動かないより動いた方が、未来が見えて来るかもって思ったよ!新しい道を作るっていうのは分からないことだらけだしめちゃ大変だけど、前に進んでることには変わりはない!!!」と前向きに綴り、「なので…この自分の道が、いい未来か悪い未来か分からないから、この2019年の1年間で、ちょっと見てきます!w悪かったら即帰るわw」と明るくジョークも飛ばした。

最後には「ダサいこと言っていい?www 『”生き様が、芸人”でありたい』」と宣言。「みんなの作ってる道が いい道になりますように✨」と締めくくった。

ハッシュタグでも「海外のお仕事もそんなないです」「今は日々勉強」としながらも、「わくわくが止まらない」と期待を込めた。

ファンからは「かっこいい!」「私も前に進まなきゃ」「勇気もらえた」などの応援コメントが寄せられている。

View this post on Instagram

ただいま東京!(以下クソ長文) ここ最近ナオミよくNY行ってるなーって思っている方沢山いらっしゃると思います。 実は去年末にアーティストビザ、いわゆる3年間アメリカで仕事出来るビザを取得しまして、ちょこちょこ行ってました。 この度、本格的にこの4月からNY生活がスタートしましたー! 今回はソーシャルセキュリティーナンバー取得、NYの家の契約、アメリカの携帯の契約アンド銀行の契約 etc… なんか凄いいっぱいやったわw とはいえ! ガッツリじゃなくて、日本とNYの行ったり来たりになるのよ!特にこの2019の1年間は、日本と海外のお仕事を半分にしました。 レギュラー番組は隔週収録以外の番組は卒業させて頂きました。各番組のスタッフの皆様、本当にお世話になりました。ありがとうございました! 「終わってしまうのは残念です。でも僕たちは直美さんの夢を応援してます!まじで頑張って下さい!まじ世界でかましてきて下さい!」って皆さん言ってくれて、本当に感謝です。 ちょっとね…涙が見え隠れしてるのが見えて… それで結構グッと来ちゃったんですよね…。 みんなの言葉が無駄にならないようにあたす頑張ります! ナオミってなにがやりたいの、 なにしてんのかわかんない どうなりたいわけ? って思う方。 わかりますw そうです、あたすもわからない!w でも未来って誰にも分からないじゃん! 分からないからこそ、動かないより動いた方が、未来が見えて来るかもって思ったよ! 新しい道を作るっていうのは分からないことだらけだしめちゃ大変だけど、前に進んでることには変わりはない!!! なので… この自分の道が、いい未来か悪い未来か分からないから、この2019年の1年間で、ちょっと見てきます!w 悪かったら即帰るわw いつも応援してくれてる方々、本当にありがとう。 ダサいこと言っていい?www 「”生き様が、芸人”でありたい」 みんなの作ってる道が いい道になりますように✨ #ちなみにゴチは普通にクビですw #ラジオもアメリカ関係なしに終わりましたw #海外のお仕事もそんなないです #今は日々勉強 #わくわくが止まらない 最後まで長文読んでくれてありがとう!

渡辺直美さん(@watanabenaomi703)がシェアした投稿 – 2019年 4月月7日午前1時28分PDT

Read More

No Picture

ミュージカル「ヘアスプレー」 山口祐一郎が主演・渡辺直美の母親役 主要キャストが発表

ミュージカル「ヘアスプレー」の主要キャストが発表され、主演の渡辺直美さんが演じるトレイシーの母親エドナを、山口祐一郎さんが演じることが決まった。公式サイトで明らかにした。

「へアスプレー」は、60年代のアメリカを舞台に、ダンスとオシャレが大好きなビッグサイズの女の子トレイシーが、テレビのダンス番組出演を目指して奮闘する物語。02年にブロードウェーで上演され、トニー賞で作品賞など8部門を受賞した。

山口さん演じるエドナは、トレイシーと同じビッグサイズな体型を気にして外出したがらない引っ込み思案な性格。ダンス番組のオーディションについて聞き、トレイシーが傷つくのではないかと心配するが、天真爛漫なトレイシーの影響でエドナにも外の世界が開けていく。07年には映画化された際には、ジョン・トラボルタさんが演じた。

他にも、トレイシーが恋するリンク役を三浦宏規さん、トレイシーの背中をおす父ウィルバー役を石川禅さん、トレイシーのライバル・アンバー役を田村芽実さん、その母ヴェルマ役を瀬奈じゅんさんが演じる。

🌀メインキャスト発表🌀豊島区立芸術文化劇場2020年6月公演 ミュージカル『ヘアスプレー』に豪華キャストが集結❗️乞うご期待‼️💃🏻🕺🏾✨https://t.co/VYqmr0RTkEpic.twitter.com/Ltsdlbg9uJ

— 東宝演劇部 (@toho_stage) 2019年4月8日

「ヘアスプレー」は、2020年6月に東京の豊島区立芸術文化劇場のこけら落としシリーズとして日本初上演される。演出は山田和也氏。チケットの前売りは2020年の春を予定している。

東宝の発表を受けて、リンク役の三浦さんやアンバー役の田村さんも公式Twitterを更新している。

ミュージカル「ヘアスプレー」

リンク役で出演させていただきます。

ずっと大好きな作品。

新しい劇場で皆様とお会いするのを楽しみにしています! pic.twitter.com/BlntOOpPwZ

— 三浦宏規 (@hirokimiura0324) 2019年4月8日

ミュージカル『ヘアスプレー』に出演させて頂きます!!
小さい時から大好きなこの作品、しかも大好きなアンバー役で出演できること、本当に夢のようです!!!💓
是非見にきてください!!!https://t.co/hFUAUS3Mwfpic.twitter.com/QEHoms8pRP

— 田村芽実 (@Tamura_Meimi) 2019年4月8日


No Picture

渡辺直美、NYで“大好き”な里田まいと大戸屋ランチ「まじ天国!!」

 お笑いタレントの渡辺直美が5日に更新した自身のアメブロで、米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手の妻でタレントの里田まいとランチへ行ったことを明かした。

渡辺直美公式ブログよりスクリーンショット

 この日、渡辺は「大好きなまいちゃんとランチ」とコメントし、里田との2ショットを公開。「本当にまいちゃんは優しいお姉様です。。。いつもいつも楽しくて…面白くて大好きです」と里田を絶賛。

 続けて、「我々がNYでご飯食べるときはいつも、和食w」と明かし、定食チェーン『大戸屋ごはん処』を訪れたといい「大好きなカツとじ!!!これがNYで天国!!!まじ天国!!あの出汁を、あのトンカツを、あの白飯をここNYでザ、ジャパンをしっかり感じられる大戸屋さんはまじ天国!まじ涙!!」と感激している様子を興奮気味につづった。

 また、今回のニューヨーク滞在はスケジュールが立て込んでおり、里田と食事に行きたいと思ってはいたが連絡出来なかったようだが「まいちゃんもバタバタなのにランチのお誘いをしていただけて」「めちゃめちゃ嬉しかったです」と嬉しそうに明かし「これからも時間合う時はいきましょー!早く会いたいですー!!!今日は大好き尽くめのランチタイムでした」と里田との食事を満喫した様子でつづり2ショットを公開してブログを締めくくった。

 この投稿に読者からは「大好きな人と大好きなランチ、良かったねー!」「直美ちゃんとまいちゃん楽しそう」「会えて良かったですね~。お二人とも最高の笑顔です」などのコメントが寄せられている。

(2019年4月7日AbemaTIMES「渡辺直美、NYで“大好き”な里田まいと大戸屋ランチ『まじ天国!!』」より転載)

 

No Picture

渡辺直美&こんまり、「令和」の新元号発表をニューヨークで見届ける

タレントの渡辺直美さんが片付けコンサルタントの近藤麻理恵さんとの2ショット写真を披露した。

「ときめきお片づけの神とお片づけ出来ないただの食欲の神 」として、渡辺さんは4月2日(日本時間)、自身のInstagaramに写真を投稿した。

「見た目も真逆なのに、楽しくお話させて頂きました!こんまりさん優しい」と喜びを語った上で、「令和」の新元号発表をアメリカ・ニューヨークの日本料理店で一緒に見届けたと明かした。

「こんまり」の愛称で知られる近藤さんは、2010年に出版した『人生がときめく片づけの魔法』は国内で150万部を突破。その後、同世界40カ国で翻訳され2019年2月時点でシリーズ累計1000万部を超える世界的ベストセラーになった

2月24日のアカデミー賞の授賞式にも出席するなど、アメリカではずば抜けた知名度を誇っている。

渡辺さんは「こんまりさんと食事した」と知人のアメリカ人に伝えたときの反応を以下のように振り返っている。

「マジかよ!!😱ってアメリカ人大乱闘スマッシュブラザーズ状態だったよ💥
まじときめきー🤣ガチ日本の誇りー🙏


No Picture

だから渡辺直美は愛される。「自信を持っている人は、一緒に仕事していて楽しい」

渡辺直美さん

「私のような太っている女性がこういう舞台に立てる。時代が変わってきたのかなと感じます」

お笑いタレントの渡辺直美さんが、その年に「最も美しく輝いた」人に贈られる賞「BEAUTY PERSON OF THE YEAR 2018」に選ばれた。

体型にとらわれず、好きなファッションやメイクを自由に楽しみ、ポジティブなメッセージを発信しつづけている直美さん。都内で12月3日に開かれた授賞式に登壇した際、冒頭のように受賞の喜びをあらわにした。

活躍の舞台をグローバルに広げる直美さんは、「自分に自信を持つこと」を意識しているという。授賞式のスピーチと、単独インタビューの模様をレポートする

時代が変わってきたのかな

直美さんはこの日、美容系の口コミ・総合ポータルサイト「@cosme(アットコスメ)」編集部が決める「BEAUTY PERSON OF THE YEAR 2018」を受賞。

誰からも愛されるお笑い芸人として活躍し、海外を含め多くの女性たちに影響を与えたとして、2018年「最も輝いた人」に選ばれた。

ビビッドなラメ入りのアイシャドウや口紅がはえる、シックな黒いドレス姿で登場した直美さんは、「こんな賞をいただけるとは思わなかった」と驚いた様子。

「私のような太っている女性がこういう舞台に立てる。時代が変わってきたのかなと感じます」と感慨深げに語った。

自信を持っている方がいい」 渡辺直美のメッセージ

Instagramで国内1位の847万人フォロワーを抱える直美さんは、2018年6月、アメリカのTIME誌から「ネットで影響力のある25人」に選出された

同誌は、直美さんがプロデュースするサイズ展開が豊富なブランドPUNYUS』の取り組みなどを紹介し、「日本女性にまつわるステレオタイプを打ち破ろうとしている」と評している。

自分の見た目や体型にコンプレックスを感じたり、悩んだりする人はとても多い。しかし直美さんは、自分の体型を肯定的に受け止め、全力でおしゃれを楽しむ。セクシーな格好もかわいらしい格好もする。

そのパワフルさと突き抜けた姿が共感を呼び、愛されるのだろう。

「見た目とか生き方とか、『人それぞれでいいじゃん』と思う人って、最近すごく増えてるなと思います。ここ3、4年でグッと変わったんじゃないかなと思います」

授賞式の合間に実施されたハフポスト日本版によるインタビューで、直美さんはそう語った。

「みんなが、自分たちに自信を持ちはじめたというか…。自信を持っている人って、一緒にお仕事をしていて楽しくないですか?」

「自信があると、余裕が出てくるじゃないですか。そういう人とお仕事をすると元気をもらえるし、勉強にもなるし、尊敬する気持ちも湧いてくる。自信を持っている人同士が話す方が楽しいし、いい方向に進んでいくと思うんです。だから、私は自信を持つことを意識しています」

ビビッドなラメ入りのアイシャドウや口紅がはえるよう、シックな黒いドレス姿で登場した渡辺さん。「今日の眉毛はすごく盛れた」と満足げな表情。眉毛のメイクには30分ほど時間をかけるそう。

2019年は、海外の仕事も積極的に

2018年、渡辺さんの活躍の舞台はますますグローバルに広がった。

GAPのグローバルキャンペーンでのモデル起用、GUCCIの公式Instagram”デビュー”、中国版「紅白」といわれるアリババグループ主催の音楽番組への出演など…。「今年は前厄だった」と話しつつ、その充実した日々を「熱い2018年だった」と振り返る。

「バタバタな1年で、いろんなことに挑戦させていただいた1年でした。海外も多く行かせていただいたし、日本でも新しい番組をやらせていただいて、すごく充実していました」

2019年、直美さんは31歳を迎える。

「20代の頃はいろいろと突っ走りすぎたところもあるので、30代は地に足をつけて、しっかりやりたいなと思っています。日本のお仕事をやりながら、海外のお仕事も積極的にやりたいですね」

直美さんによると、基本的な活動の拠点は日本に置きつつも、月に一度は海外に行き、「仕事の幅」を広げていくという。

「英語を勉強しながら向こうのお仕事もできたらいいなと思っています。英語は毎日勉強してるから、いまは中2レベルくらいまでいきました(笑)」

唯一無二の存在でありつづける直美さんの勢いは、2019年も止まらない。

《@cosmeを運営するアイスタイル代表取締役社長・吉松徹郎さんと渡辺直美さん。授賞式では、12月3日(月)12:00から24時間限定で開催するスペシャルセールの皮切りを祝うカウントダウンにも参加した。》


渡辺直美さんが「グレーテスト・ショーマン」の髭女に大変身。クオリティが高すぎてヤバい

(左)渡辺直美さん(右)映画「グレーテスト・ショーマン」でレティ役を演じたキアラ・セトルさん

タレントの渡辺直美さんが7月24日、ミュージカル映画「グレーテスト・ショーマン」で圧倒的歌唱力を披露した髭女・レティに扮した自身の写真をInstgramに投稿した。

渡辺さんが扮した髭女・レティは、「グレーテスト・ショーマン」の代表的な歌のひとつである「This Is Me」を歌う超重要キャラクターだ。

「本人と会ったらスパークして消えそうなくらい見た目のクオリティー頑張ったと思うんだけど…w」と、ものまねメイクへの自信をのぞかせる渡辺さんに対し、「似すぎw」「クオリティー高すぎます」など絶賛のコメントが相次いでいる。

▼髭女・レティはこちら

Embrace the extraordinary and enter The #GreatestShowman Vudu giveaway for your chance to receive exclusive movie props https://t.co/3Yo1mSgVhH!

Be sure to get The Greatest Showman on #Vudu at a SPECIAL PRICE for a limited time! https://t.co/eO1WPtJFMWpic.twitter.com/oiCp5FNYIQ

— The Greatest Showman (@GreatestShowman) 2018年5月9日

渡辺さんは、25日放送予定の歌番組「FNSうたの夏まつり2018(フジテレビ系)」の中で「グレイテスト・ショーマンメドレー」に出演予定。Instagramに投稿された写真には「リハ終わりました」という言葉が添えられた。

女性なのに髭が生えているレティや、大男、全身タトゥーの男性、結合双生児の兄弟など、世間から隠れるようにして生きてきた人々を集めてサーカスをはじめるというストーリーの中で、「(変わった見た目だけど)このありのままの姿が私だ」と訴えるこの歌は、パワフルに響き、ファンも多い。

「FNSうたの夏まつり2018」の「グレーテスト・ショーマンメドレー」には、レティに変装した渡辺さんのほか、俳優の別所哲也さん、城田優さん、歌手のCrystal Kayさんらが出演する予定だ。


CLOSE
CLOSE