unknownworld

No Picture

薬で眠らされたオランウータンが旅行客のスーツケースからみつかる。容疑者「ペットにするつもりだった」

スーツケースの中からみつかった2歳のオランウータン。23日に撮影。

インドネシア・バリ島のデンパサール空港で、旅行客のスーツケースの中からオランウータンが3月22日に見つかった。オランウータンは推定年齢2歳で、薬で眠らされた状態だったという。

地元警察は23日、スーツケースの持ち主であるロシア人旅行客を逮捕したと発表した。

逮捕されたのは、アンドレイ・ゼストコフ容疑者。

警察によると、ゼストコフ容疑者はオランウータンを友人から贈り物として受け取ったという。友人はオランウータンをジャワ島の市場で3000ドル(約33万円)で買ったとゼストコフ容疑者は主張している。

連れて帰ったオランウータンは、ロシアでペットにするつもりだったとゼストコフ容疑者は話しているという。

警察によると、スーツケースからは生きた状態の2匹のヤモリと5匹のトカゲもみつかった。

ゼストコフのスーツケースの中で見つかったオランウータン。籐のバスケットの中で眠っている。

オランウータンが発見されたのは22日夜。空港警備員が、籐のバスケットの中で眠っている状態のオランウータンをみつけたと、バリ島環境保護団体の職員クトゥ・チャトゥ・マーバワ氏はAFP通信に明かす。

ゼストコフ容疑者は、密輸を企てた罪で5年以下の禁固刑と7000ドル(約77万円)の罰金を科される可能性がある。

オランウータンの健康状態については明らかになっていないが、23日にロイターが撮影した写真では、活発に動き回る様子がうつっている。

オランウータンはインドネシアとマレーシアに生息していて、近年頭数が激減している。国際自然連合の絶滅危惧種に分類されていて、激減の原因としては森林伐採や違法なペット取引、密漁などが指摘されている。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。

Read More

No Picture

「ブタに改造されたタヌキ」にネット騒然。東京・蒲田のとんかつ店に設置経緯を聞いたところ…

東京・蒲田の「とんかつ 丸山」に設置された、タヌキに似たブタの焼き物。

ブタなのかタヌキなのか、それが問題だ……。

3月20日、Twitterに投稿された1枚の写真にネットユーザーが騒然とした。「地元のとんかつ屋にいる豚に改造された狸」というキャプションとともに、信楽焼のタヌキ像そっくりのブタの焼き物の姿が撮影されていた。

「タヌキだから化けたのかな」「闇を感じる表情」「言葉が出ない面白さ」と反響が広がり、22日午後7時現在、10万回以上もリツイートされた。

ハフポスト日本版は、このとんかつ店が東京・蒲田にあることを突き止めた。3月22日に現地取材し、このブタ像がどうして設置されたのかを取材した。

■「これはタヌキじゃないか…とびっくりした」

東京・蒲田の「とんかつ 丸山」に設置された、タヌキに似たブタの焼き物。

京急蒲田駅から徒歩5分ほど、昭和の雰囲気を漂わせる「キネマ通り商店街」の一角にそのお店はあった。「とんかつ 丸山」だ。試しに平日限定ランチの「ロースとんかつ定食」を頼むと、香ばしい衣の中に、油がつまったジューシーな肉が詰まっていた。

ランチの営業時間が終わってから、店主の丸山一郎さん(57)に話を聞いた。

――ブタ像がネット上で話題になっていることはご存じでしたか?

いえ、今、初めて知りました。そんなことになってたんですね。確かに、ご近所の方々はよく撮影していきます。

―― ブタ像はいつから設置したんですか?

近隣で居酒屋を経営していたときに、「林SPF」という豚肉を使ったトンカツを出していて、お客さんに非常に好調でした。それで2017年11月下旬、この肉を使ったとんかつ専門店「とんかつ丸山」をオープンしたんです。ブタ像はオープン当初から置いてます。

―― ブタ像を設置した理由は?

実は私が作ったわけではなく、人から譲ってもらったんです。もともとは、どこかのトンカツ店に飾ってあって、そこが閉店した際に、別の人にブタ像を譲ったらしいんです。その人は商売に使う予定だったけど、結局使わずに、大田区内の駐車場に置きっ放しになっていたのを、私の友人が見つけました。

持ち主は「引き取り手を探していたので持っていってくれるならどうぞ」というので、友人が私に仲介してくれたんです。ただ、実際に見てみたら、これはタヌキじゃないか…とちょっとびっくりしましたね。サイズも思っていたより大きくて重くて、車で運ぶのが大変でした。

―― なんでタヌキそっくりなんでしょう?

いろいろな意味で、信楽焼のタヌキそっくりですよね。ただ色もピンク色で自然だし、耳や鼻も豚らしくなってます。あとから改造したのではなく、タヌキ像の型をもとに職人さんが特注品で作ったのではないかと考えています。

―― ブタ像の反響はどうですか?

女子高生が写真を撮ったり、家族連れで来た際に小さいお子さんがブタと一緒に記念写真を撮っていたこともありましたね。お店の宣伝になるという意味では大活躍ですね。

 

※「ブタに改造されたタヌキ」の画像集はこちら


No Picture

杉並のミミズク死亡。飼い主が確認「うちのミミちゃんに間違いない」

杉並区内に出没していたのと同種とみられる「ベンガルワシミミズク」のイメージ写真

都心の住宅街を騒がせたミミズク騒動も終焉を迎えそうだ。

警視庁杉並署によると、2月25日午9時すぎ、東京杉並区の梅里公園前の歩道で「ミミズクみたいな生物が死んでいる」と通行人から通報があり、警察官が遺骸を回収した。

このミミズクは、インドなどに生息するベンガルワシミミズクと見られ、ペットして飼われていた模様だ。遺失物届けを出していた新宿区内の夫婦が「うちで飼っていたミミちゃんに間違いない」と認めたため、この夫婦に死骸を引き渡したという。

 

■報道が過熱、置物のミミズクを中継する騒ぎも

2月上旬から杉並区周辺では、ミミズクの目撃情報が相次いでいた。杉並署には10日以降に「住宅街にミミズクがいる」などと10件以上の通報があり、警察官が保護するために出動するなどしていた。

報道も過熱し、21日にはTBSの報道番組「Nスタ」が、置物のミミズクを本物として勘違いして生中継したことが話題となった

 

■杉並区内を飛び回るミミズクの動画

「カーテンを開けたら止まっていた」
都内の住宅街にミミズクが現れました。住宅の屋根などに止まるミミズクの目撃情報が数多く寄せられ、警視庁は行方を探し保護することにしていますhttps://t.co/qmiGnnQ2YF#nhk_news#nhk_videopic.twitter.com/AY5X7jsxp3

— NHKニュース (@nhk_news) February 20, 2019


No Picture

「ウルティマ・トゥーレ」とは? 人類史上、最も遠い天体の形が謎すぎる

アメリカ航空宇宙局(NASA)は2月23日、人類が探索した最も遠い天体「ウルティマ・トゥーレ」の鮮明な写真を公開した。2つの星がくっついたような形をしている。

NASAが公開したウルティマ・トゥーレの画像

 画像は、NASAの無人探査機「ニュー・ホライズンズ」が1月1日(日本時間1月2日)に撮影したもの。ウルティマ・トゥーレから6628km離れた位置から、時速約5万1000キロの速さで撮影した。

 

「ウルティマ・トゥーレ」とは?

ウルティマ・トゥーレ」は、地球から約66億キロ離れた場所にある。太陽系のもっとも外側にある海王星のさらに外側の「エッジワース・カイパーベルト」と呼ばれる領域に位置しており、2014年にハッブル宇宙望遠鏡を使って発見された。

ウルティマ・トゥーレの位置。冥王星よりも外側の「エッジワース・カイパーベルト」と呼ばれる領域に位置している。

 太陽系が形成された当時の記憶をとどめている原始的な星だと考えられており、この星を観測することで、太陽系や惑星の成り立ちに関する研究が進むと考えられている。

この星には「2014 MU69」という正式名称があるが、もっと親しみやすい名前をつけようとNASAが募集し、この名前が選ばれた。「既知の世界の境界線を越えた、世界の果て」という意味だ。

長さ約32キロ、幅16キロで、プロペラのように自転しているという。当初は、星が2つ合わさった雪だるまのような形をしていると見られていたが、ニュー・ホライズンズから送られてきたデータによって、大きいほうの「ウルティマ」は巨大なパンケーキのような形で、小さいほうの「トゥーレ」が潰れたクルミのような形ではないかと考えられるようになった

ニューホライズンズ計画の主任研究員である米サウスウエスト研究所のアラン・スターン氏はこの星について、「(送られてきた)より多くのデータによって、私たちの見方は大きく変わった」とコメント。さらに、「私たちはこのような何かが、太陽の周りを周回するのを見たことがありません」と述べ、このような物体がどのように生み出されるかを解明することが、重要だとしている。

 ニュー・ホライズンズは、世界初の冥王星探査機として2006年に打ち上げられた。約9年半かけて2015年に冥王星に到達。 その後は太陽系の外縁をとりまくカイパーベルトを観測するため、任務が延長された。

――

【訂正】2019/2/24 午前7:06
ニュー・ホライズンズの時速は正しくは時速約5万1000キロでした。訂正します。


No Picture

ゴーストアップルとは?氷が混ざった冷たい雨で、幽霊みたいな“新種のりんご”ができちゃった

ゴーストアップル

氷が混ざった冷たい雨の影響で、アメリカで”新種”のりんごが誕生した。その名も「ゴーストアップル」。まるで幽霊のようなりんごの正体は、いったい何なのか。CNNなどの現地メディアが2月8日、事のてんまつを報じている。

Wood-TVなどよると、「ゴーストアップル」が発見されたのは、アメリカのミシガン州の農園。アンドリュー・シエセマさんが2月6日、雪に覆われたりんごの木の剪定をしていると、氷に覆われた謎の球体を見つけた。これが、「ゴーストアップル」だったのだ。

なぜ、「ゴーストアップル」ができたのか。

シエセマさんは、氷の混ざった冷たい雨が、古くて傷んだりんごの表面を覆うように付着し、氷の殻を形成したのではないかと説明。

その氷の殻から、液状になったりんご部分がすり落ちて、「ゴーストアップル」の完成というわけだ。

シエセマさんは「(外側は)りんごを覆っていた氷が溶けないほどの寒さで、氷の”皮”に包まれたりんごがどろどろの状態になるのに十分なぐらい、(内側が)温かくなっていたのではないか」とCNNの取材に答えている。

水よりもりんごの方が、液体が固体に変わる「凝固点」が低いことが影響している可能性があるという。

雪の代わりに、氷のように冷たい雨が降ったミシガン州の気候が、”りんごの幽霊”を生み出したようだ。


No Picture

野生のピューマに襲われた男性が素手で撃退。コロラド州の自然公園でバトル

ピューマのイメージ画像(※今回の記事のピューマではありません)

山中でクマに出くわす話はたまに聞くが、野生のピューマに出くわす話はあまり聞かない。しかし、アメリカ・コロラド州ではそれが現実になった。

コロラド州の公園・野生動物局の発表によると、事件が起きたのは2月3日、フォートコリンズの町に近いホーストゥース山の自然公園だった。ある男性が登山道をランニング中、何かが背後にいる音がしたので、気になって振り向くとピューマに襲われた。

男性が自衛のために戦った結果、ピューマを殺してしまったという。男性は重傷を負ったが、命の危険はないという。自然公園は4日午後から安全確認ができるまでの間、一般の立ち入りが禁止された

 

■手足と周囲にあったものだけで、ピューマを窒息死させた

「それはピューマと人間の命をかけた戦いでした」と、公園・野生動物局のティー・ピーターズバーグ氏は、地元テレビ局「KUSA」に話した。

ピューマに上半身に乗っかられた男性は顔を腕を噛まれ、手足と背中にも傷を負った。彼は何の武器も持っていない状態だったが、手足と周囲にあったものだけで、ピューマを窒息死させた。「本当にクリエイティブです」とピーターズバーグ氏は称賛した。

ピューマは1歳以下の若い個体で、100ポンド(45キロ)以下の重さとみられるという。

 

■「目や鼻をターゲットにして反撃してください」

公園・野生動物局の北東部マネージャー、マーク・レスリー氏は、以下のようにコメントを出した

「ピューマの人への攻撃は珍しく、北米での死者数は100年以上にわたって20人未満です。コロラド州では1990年以来、ピューマによる負傷者は16人、死者は3人でした。州内のピューマの生息数は多いですが、身を隠すのがうまく、人前にはほとんど出てきません。野生のピューマを見ることはほとんどありませんが、近くにいます。ピューマの国で暮らしたり、働いたり、遊んだりする場合は、警戒することが重要です」

また公園・野生動物局は、ピューマに攻撃を受けた際の対処法について、過去に、岩や棒や工具や素手を使って追い払ったと紹介した上で、「敏感な目や鼻をターゲットにして反撃してください」とアドバイスしている


No Picture

100歳にならないとタバコを吸えない? ハワイ州で審議が始まった法案とは

100歳にならないとタバコを吸えない? 驚くべき法案の審議がアメリカのハワイ州で始まった。実質的なタバコ禁止にもみえるが、よくよく調べてみると電子タバコや葉巻が除外されるなど、不思議な点も。どういうことだろうか。

 タバコのイメージ画像

■2024年までに100歳にまで引き上げへ

注目すべき法案の審議が始まったのは、米・ハワイ州議会。法案の骨子は、ハワイでのタバコの購入ができる年齢を現行の制度の21歳以上から100歳以上まで段階的に引き上げるという内容だ。2月4日に海外メディア各社が報じた。

CNNによるとハワイ州はアメリカ国内でタバコを購入できる年齢が21歳以上となった初の州となったが、新しく提出された法案では、2020年までにその年齢を30歳に、更にそこから毎年10歳ずつ引き上げていき、2024年までに100歳にまで引き上げていくという。

また現地紙「ハワイ・トリビューン・ヘラルド」は、今回法案を提出した、下院議員で緊急治療医のリチャード・クリーガン氏のインタビューを掲載した。クリーガン氏は「私の考えでは、タバコ産業は、タバコは非常に致死性が高いことを知りながらも中毒性の高い商品を開発し、喫煙者が奴隷のようにされている」と言及した。

  

■電子タバコや葉巻は、特例扱い

同紙によると、電子タバコ、葉巻には今回の法案は適用されていない。クリーガン氏が安全な代替品と考えているためだ。噛みタバコも除外される。また、クリーガン氏は「健康被害や中毒性がない」としてマリファナ合法化を支持している。

ただし、こうした特例を設けるクリーガン氏の主張を疑問視する声もネット上では出ている。

これまでにも電子タバコについては、日本呼吸器学会が「健康に悪影響がもたらされる可能性がある」と指摘。葉巻も、死亡リスクを高めるという研究結果があるほか、噛みタバコの健康被害も日本の厚生労働省が訴えている


No Picture

宇宙飛行士が、重力を忘れてしまった? コップが宙に浮かない地球を嘆く動画に「宇宙あるあるですね」

“重力を忘れてしまった”宇宙飛行士トーマス・マーシュバーン氏

宇宙から帰還した宇宙飛行士の動画がTwitter上に拡散され、話題になっている。動画は長い宇宙生活のため”重力を忘れてしまった”宇宙飛行士の様子が取り上げられており、「宇宙あるあるですね」などと反響が寄せられている。

動画は、ある日本のユーザーが1月19日にTwitterに投稿したのだが、元々はNASAが2013年に公開したもの。144日間に渡る国際宇宙ステーションへの長期滞在を終え、2013年5月に地球に帰還した宇宙飛行士トーマス・マーシュバーン氏のインタビューの一幕だ。

NASAの広報担当者が「宇宙から帰還した宇宙飛行士は、地球での生活になじむまでに時間がかかる」と前置きした後、マーシュバーン氏のインタビューに切り替わる。

マーシュバーン氏は、コップを宇宙船ソユーズに見立てて、自身の体験を説明し始めたのだが、手にしたコップを突如離してしまう。コップはそのまま地面に落ちたが、当の本人は、”空中に浮かんでいるはず”のコップが消えたことに困惑。数秒後に地面に落ちていることに気づいて、苦笑いしながら拾い上げた。

お次はペンを手に取り、気を取り直して説明を続けたが、またしても同じ失敗をしてしまい、「重力め…」と天を仰いだ。

動画は、NASAジョンソン宇宙センターの学生が制作。ジョークだったかどうかはさておき、Twitterには「宇宙あるあるですね!」といった反響が寄せられた。


No Picture

都内で発見された「バンクシーの絵」 過去に本人が映画などで紹介か

左が都内で見つかった絵。右は2010年にアメリカの週刊誌で取り上げられたバンクシー作品

覆面アーティスト「バンクシー」の作風によく似た絵が東京都港区で見つかった問題で、この絵が過去に本人が監督した映画などにも登場していたことが、ハフポスト日本版の調査で分かった。

■「バンクシーの作品ではないか」と都庁に情報提供

都内で見つかった「バンクシーの絵ではないか?」と話題になっている絵(拡大部分)

問題の絵は、20cm四方ほどの大きさ。バンクシー作品に頻出するネズミが、傘を差してカバンを持っている。新交通システム「ゆりかもめ」日の出駅(江東区)の近くにある、都所有の防潮扉に描かれていた。

都庁の文化振興部の担当者によると、2018年12月末に「バンクシーの作品ではないか」と都民から情報提供を受けて、騒ぎになるのを避けるために、防潮扉のパネルを撤去して、倉庫に保存した。今後は、バンクシーの作品かどうか鑑定作業を進めるという。

都内で見つかった「バンクシーの絵ではないか?」と話題になっている絵

バンクシーはイギリスのロンドンを中心に活動しているストリートアーティスト。素顔も本名も一切公開していない。2018年10月には、作品がオークションで落札された直後に、シュレッダーで自動的に裁断されたことで注目を集めていた。

 

■バンクシーの映画などに登場か

ネット上では2011年〜12年にも目撃報告があり、絵はこの頃にはすでに描かれていたものと考えられる。

バンクシーが監督して2010年に公開したドキュメンタリー映画「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」にも登場。iTunes Storeで配信している字幕版を確認したところ、23分39秒ごろに、バンクシーの活動を紹介するシーンで、今回発見されたものと見られるネズミの絵が映っている。

また、同年にアメリカの週刊誌「LA Weekly」の公式サイトに掲載されたバンクシーの記事では、この絵が「バンクシーのネズミ、東京 バンクシー提供」と写真が紹介されていた。

いずれも絵柄のほか、六角ビスの位置も酷似している。

LA Weeklyに「バンクシーのネズミ、東京、バンクシー提供」と紹介された作品

現在ハフポスト日本版では、バンクシー本人に「あなたの絵ですか」と、問い合わせ中だ。


No Picture

アメリカの川に謎の物体が出現 「エイリアンの宇宙船みたい」と話題に

メイン州の川で見つかった謎の物体

アメリカ北西部メイン州の川で1月14日、円状の謎の物体が出現しているのが確認されました。その奇妙な姿に、「エイリアンの宇宙船みたい」などとインターネット上で話題になっています。

百聞は一見にしかずということで、発見されたウェストブルック市が公開した動画をご覧ください。

映像には、川に浮かぶ巨大な円が写っています。きれいな真円で、月の表面のような模様が描かれています。

TIME紙によると、この謎の物体は直径が90メートル以上で、プレサンプスコット川で1月14日に初めて確認されたようです。

その奇妙な姿に、「エイリアンの仕業ではないか」などとインターネット上で話題になりましたが、もちろんエイリアンの仕業でも何でもありません。

謎の物体の正体は、川に張った氷の塊。

NBCニュースによると、川岸や浮かぶ破片など何度もぶつかったことで、角が取れてまん丸の形になったようです。専門家はNBCニュースに取材に、氷の塊が崩れて、渦上の水の流れに飲まれることで、今回のような円状の氷が形づくられることがあると説明している。


CLOSE
CLOSE