unknownworld

No Picture

都内で発見された「バンクシーの絵」 過去に本人が映画などで紹介か

左が都内で見つかった絵。右は2010年にアメリカの週刊誌で取り上げられたバンクシー作品

覆面アーティスト「バンクシー」の作風によく似た絵が東京都港区で見つかった問題で、この絵が過去に本人が監督した映画などにも登場していたことが、ハフポスト日本版の調査で分かった。

■「バンクシーの作品ではないか」と都庁に情報提供

都内で見つかった「バンクシーの絵ではないか?」と話題になっている絵(拡大部分)

問題の絵は、20cm四方ほどの大きさ。バンクシー作品に頻出するネズミが、傘を差してカバンを持っている。新交通システム「ゆりかもめ」日の出駅(江東区)の近くにある、都所有の防潮扉に描かれていた。

都庁の文化振興部の担当者によると、2018年12月末に「バンクシーの作品ではないか」と都民から情報提供を受けて、騒ぎになるのを避けるために、防潮扉のパネルを撤去して、倉庫に保存した。今後は、バンクシーの作品かどうか鑑定作業を進めるという。

都内で見つかった「バンクシーの絵ではないか?」と話題になっている絵

バンクシーはイギリスのロンドンを中心に活動しているストリートアーティスト。素顔も本名も一切公開していない。2018年10月には、作品がオークションで落札された直後に、シュレッダーで自動的に裁断されたことで注目を集めていた。

 

■バンクシーの映画などに登場か

ネット上では2011年〜12年にも目撃報告があり、絵はこの頃にはすでに描かれていたものと考えられる。

バンクシーが監督して2010年に公開したドキュメンタリー映画「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」にも登場。iTunes Storeで配信している字幕版を確認したところ、23分39秒ごろに、バンクシーの活動を紹介するシーンで、今回発見されたものと見られるネズミの絵が映っている。

また、同年にアメリカの週刊誌「LA Weekly」の公式サイトに掲載されたバンクシーの記事では、この絵が「バンクシーのネズミ、東京 バンクシー提供」と写真が紹介されていた。

いずれも絵柄のほか、六角ビスの位置も酷似している。

LA Weeklyに「バンクシーのネズミ、東京、バンクシー提供」と紹介された作品

現在ハフポスト日本版では、バンクシー本人に「あなたの絵ですか」と、問い合わせ中だ。

Read More

No Picture

アメリカの川に謎の物体が出現 「エイリアンの宇宙船みたい」と話題に

メイン州の川で見つかった謎の物体

アメリカ北西部メイン州の川で1月14日、円状の謎の物体が出現しているのが確認されました。その奇妙な姿に、「エイリアンの宇宙船みたい」などとインターネット上で話題になっています。

百聞は一見にしかずということで、発見されたウェストブルック市が公開した動画をご覧ください。

映像には、川に浮かぶ巨大な円が写っています。きれいな真円で、月の表面のような模様が描かれています。

TIME紙によると、この謎の物体は直径が90メートル以上で、プレサンプスコット川で1月14日に初めて確認されたようです。

その奇妙な姿に、「エイリアンの仕業ではないか」などとインターネット上で話題になりましたが、もちろんエイリアンの仕業でも何でもありません。

謎の物体の正体は、川に張った氷の塊。

NBCニュースによると、川岸や浮かぶ破片など何度もぶつかったことで、角が取れてまん丸の形になったようです。専門家はNBCニュースに取材に、氷の塊が崩れて、渦上の水の流れに飲まれることで、今回のような円状の氷が形づくられることがあると説明している。


No Picture

「水戸はダメだな。死ね!」茨城県のPR担当部長が投稿。魅力度ランキングは6年連続最下位

茨城県のPR活動を担当する県庁幹部が「水戸はダメだな。死ね!」と、県庁所在地を罵倒する投稿をFacebookにしていたことが分かった。

この投稿をしたのは、営業戦略部の堀江英夫部長(57)。1月5日夜、本人のFacebookに「水戸はダメだな。死ね!」という一文を投稿した。

営業戦略部の担当者は11日、ハフポスト日本版の取材に対して「堀江部長は酒に酔っていて覚えていないそうですが、反省しています」と説明した。当日は友人と酒を飲んでいたという。この投稿は友達限定公開だったが、約700人が閲覧可能だった。投稿の数時間後に削除したとみられている。

 

■「県の『良いもの』を多くの人に知ってもらいたい」と語っていたが…

2017年ブランド総合研究所が発表した「都道府県魅力度ランキング」で、茨城県は5年連続最下位だった。これを受けて、2018年4月に大井川和彦知事の肝いりで新設されたのが、営業戦略部だった。観光資源や農産物のブランド化から企業誘致、県産品の輸出など、茨城県のPR活動を一手に引き受けていた。

初代部長に就任当時、堀江氏は「県の『良いもの』を多くの人に知ってもらいたい」と産経新聞にコメントし、意欲を見せていた。

しかし、2018年10月の「都道府県魅力度ランキング」でも、茨城県は6年年連続最下位となった。毎日新聞に対して、大井川知事は「施策は4月に本格始動したばかりだ。順位に一喜一憂せず、魅力を増やす施策を続けていく」と話していた。


No Picture

キズナアイの水陸両用バスが「溺れてるようにしか見えない」と話題に

バーチャルYouTuberのキズナアイとコラボした水陸両用バスが海上を進む姿が「溺れてるようにしか見えない」と、ネット上で話題になっている。

今日水陸両用バスでキズナアイちゃんが走ってたんだけど、溺れてるようにしか見えないw pic.twitter.com/UcfJ8coC5B

— 惰莉愛 (@Dahliandros) 2018年12月30日

きっかけは、Twitterユーザーの惰莉愛さんが12月30日の夕方に、東京・お台場から運航している水上バスの船内からスマホで撮影した写真だった。

31日までに2万8000回以上もリツイートされ、「AIが”情報の波”にのまれてる」「溺れていても笑顔を絶やさない」「めっちゃ水飲んでそう」と反響を呼んでいる。

キズナアイとのコラボは、水陸両用バス「スカイダック台場」が12月19日から30日まで実施。スカイダックの車内ではキズナアイの楽曲が流れ、盛り上がりながら水陸両用バスでの湾岸観光ができたという。

 

■「寒そうに泳いでいるキズナアイちゃんが可愛い」と撮影

惰莉愛さんは、ハフポスト日本版の取材に以下のように答えた。

—このキズナアイの水陸両用バスを見たとき、どう思いましたか?

キズナアイは、YouTubeで見ていたこともあり知っていましたが、まさか水陸両用バスでラッピングされているとは知りませんでしたので、驚きました。寒そうに泳いでいるキズナアイちゃんが可愛いと思いました。

—今回の写真の反響をどう感じてますか?

何気なく撮影した写真を、何気なくツイートしたんですが、まさかこんな事になるとは思いもしませんでした。困惑しております。


No Picture

「家の裏でマンボウが死んでる」が現実になったと話題に。福岡市内の川で発見

家の裏でマンボウが死んでる」という初音ミクの曲があるが、似たようなことが実際に起こるとは……。年末のネットに激震が走った。

福岡市内の住宅地を流れる川に、マンボウの死体が打ち上がっている写真がTwitterに投稿されたのだ。

「石鹸@趣味垢用」さんが撮影したヤリマンボウの写真

撮影者は、近隣に住む「石鹸@趣味垢用」さん。樋井川の草香江(くさがえ)新橋で12月28日朝、自転車で通勤中、信号待ちで気づき、撮影したという。同日投稿したところ、3万8000回以上もリツイートされた。(29日現在、ツイートは非公開)

このマンボウは、石鹸さんの写真をもとに、28日中に魚類研究者とみられる「 マンボウ拾ったひと」さんが、樋井川から回収した。マンボウ科のヤリマンボウと見られるという。博物館で冷凍庫に収まり、形態の測定後、標本になる予定だ。

ヤリマンボウは2014年にも長崎県の江迎川を遡上して死んでいるところが見つかっている

樋井川では12月22日に、謎の水中生物が川を上流に向かって泳ぐ様子が撮影されていた。ネット上では「マンボウではないか?」と話題になっていた。

  

■撮影者「ぜひ研究に役立ててほしい」

最初の写真を撮った石鹸さんは、ハフポスト日本版の取材に以下のように答えた。

— 見た瞬間はどう思いましたか?

人形かとおもいました(笑)

— 周辺には住宅などありましたか?

住宅地ですかね、、、近くに小学校があります。

— 今回のツイートを見た研究者の方が、マンボウを回収されたようですが、この素早い動きをどう感じましたか?

さすがだなって思いました。ぜひ研究に役立ててほしいです。


天皇陛下が愛用していた「ホンダ・インテグラ」ってどんな車?

天皇陛下が皇居内で運転するホンダ・インテグラ

天皇陛下は12月23日に85歳の誕生日を迎えたことに合わせて、自動車の運転を取りやめることになった。宮内庁からの情報として、21日に共同通信などが報じた。陛下の運転免許は2019年1月に有効期限を迎えるが、更新や返納はせず、そのまま失効する見通しという。

 

■64年間にわたって国産車のみを乗り継いできた

時事通信社によると、陛下は免許を取得した1954年にプリンス自動車工業(現在の日産)の「プリンス」を購入して以来、64年間にわたって国産車のみを乗り継いできた。

最後に陛下が愛用していたのはホンダの「インテグラ」。公道に出ることはないが、週末にテニスや散策をする際など皇后さまを乗せて皇居内を運転。2016年1月には、皇居内で高齢者講習を受け、運転免許を更新していた。

 

■「かっこインテグラ」のCMで話題に

2013年9月30日の朝日新聞デジタルなどによると、陛下が愛用しているのは1991年式の2代目インテグラのハードトップ。色はグレーで、排気量は1600ccのマニュアル車。当時の価格は120万円程度だという。

世界初の可変バルブタイミング・リフト機構を採用したVTECエンジンを搭載するグレードもあるなど、スポーティーなイメージの車だった。アメリカの俳優、マイケル・J・フォックスさんが「かっこインテグラ」と日本語で話すCMで、若者を中心に人気を集めた。陛下が購入した経緯は不明だ。

陛下は、週末に皇居内のテニスコートや東御苑に向かう際などに、助手席に皇后さまを乗せて運転していた。2013年に政府インターネットテレビで公開された動画では、52分ごろから陛下がインテグラを運転する様子が映されている。


No Picture

ヤマハのオイル缶を叩いたら、子供たちがノリノリでヘッドバンギング(動画)

男性が路上でバイク用オイル缶を叩いてたら、周囲にいた子供たちのテンションが上がりまくり。みんなノリノリでヘッドバンギングを始めた。

Twitterユーザーの5h0(しょー)さんが演奏する動画が反響を呼び、12月11日の投稿から約1週間で160万回以上も再生されている。

いい音する缶見つけて叩いてたら子供達がぶち上がっていった動画 pic.twitter.com/ZqZlnfqQe1

— 5h0 (しょー) (@5h0neinsideme) 2018年12月11日

5h0さんによると、この動画は東京・高円寺で12月10日に撮影。たまたま友人の家にあったオイル缶を使って、その日の気分で路上演奏をしてみたという。

今回の反響に「全く予想外ですね。すべての要素がたまたまでしかないのは面白いなあと思います」とハフポスト日本版にコメントしている。

 

■ヤマハ公式も感嘆「いい音ですねぇ♪」

ヤマハ純正オイル「ヤマルーブ」のオイル缶だったこともあり「さすがヤマハ。缶までも楽器としての機能を持たせていたとは…」と驚く声も。ヤマハバイクの公式Twitterも「いい音ですねぇ♪」と感嘆している

ちなみに、楽器製造大手のヤマハから、1955年にバイクの製造部門が独立し、ヤマハ発動機になった。今回の動画に使われたオイルなどのバイク用品は、ヤマハ発動機の子会社であるワイズギアが販売している。

「楽器のヤマハ」のDNAが、オイル缶にも生き続けていたのだろうか。


No Picture

葛飾北斎の巨大壁画、モスクワの団地に出現

モスクワ市長のTwitterより

葛飾北斎の浮世絵「神奈川沖浪裏」の巨大な壁画が、ロシアの首都モスクワに出現した。 モスクワ市長のセルゲイ・ソビャニン氏が12月10日、公式Twitterで紹介した

郊外のブトーヴォ地区に建設された6棟のマンションの壁面に、「神奈川沖浪裏」の巨大な波が描かれている。壁画の総面積は6万平方メートルで、すでに地域のランドマークになっているという。

これは、森に囲まれた「エタロン・シティ」というニュータウンの一部だ。ここを開発した不動産業者エタロングループの公式サイトによると、他のマンションもニューヨーク、シカゴ、バルセロナなど世界各地の街をイメージしたカラフルな壁画が描かれている。

エタロン・シティの完成予想図。不動産業者「エタロングループ」の公式サイトより。

北斎の壁画について、日本語圏のTwitterでも話題になり、「これは迫力!」「素晴らしいアートじゃなイカ」「モスクワでも人気があるんだ」と反響を呼んでいる。

■巨匠に影響を与えた「神奈川沖浪裏」

「神奈川沖浪裏」は、北斎が手がけた「富嶽三十六景」の一つ。ダイナミックな大波に翻弄される人々の向こうに小さく富士山が見える構図で、世界的に知られている。

オランダの画家ゴッホは弟テオに宛てた手紙の中で、この絵を褒め称えた。フランスの作曲家のドビュッシーも、交響詩『海』のオーケストラ用の楽譜の表紙に「神奈川沖浪裏」を使用している。

ドビュッシーの『海』の楽譜の表紙(1905年版)


No Picture

「2枚の写真かと思ったら1枚だった」 エチオピアの光景に世界が首をかしげた。

エチオピアの首都アディスアベバで撮影されたという1枚の写真が、世界に衝撃を与えた。どう見ても2枚の写真を並べてあるように見えるのだが、実は1枚の写真だというのだ。

12月13日ごろ、morphdarkoさんが画像共有サービス「reddit(レディット)」に投稿した

The pole in this picture makes it look like two different pictures. from r/mildlyinteresting

明るい晴天が広がる左半分と、曇り空のような雰囲気の右半分は実は同じ1枚の写真だというのだ。よく見ると、確かに電柱の左右で同じ光景だ。信じられない人は、拡大写真で確認してみよう。光線の加減でこのような奇妙な写真が生まれたようだ。

保健大臣のツイートによると、12月9日は、エチオピア全土で自動車の交通が禁止された日だった。

We are launching nationwide #CarFreeDay initiative beginning Sunday Dec. 9! Everyone is encouraged to go Car-Free & engage in bike ride🚲walking🚶‍♀️& running🏃‍♀️on the day. Roads in major cities will be cleared for a limited time for mass sport, health screening & educational events. pic.twitter.com/dkQNfa9oUZ

— Amir Aman, MD (@amirabiy) 2018年11月21日

アディスアベバは交通渋滞がひどいことで知られているが、この日は公道から自動車が消えた。morphdarkoさんは、「自動車の騒音が聞こえなくて、みんな歩いて移動してるのが奇妙に感じたので写真を撮りました。私の場所からは、人々が光の方に向かって移動しているように見えました」とredditに投稿している。

reddit上では「あなたが何を言ってるのか全く分からない」と戸惑う声の一方で、「こいつはすげえや」「アフリカに行きたい」などと称賛する声も広がっている。


No Picture

猛毒のソウシハギ、晩ご飯の鍋になっていた? 食べた家族3人は無事

売れ残っていたソウシハギとみられる魚

日本列島が真冬の寒さに包まれた12月。鍋が美味しい季節だが、思わぬ落とし穴が待っていた。

 

■「うちで売っていた魚に毒があったかもしれない」

12月11日、三重県大台町のスーパーマーケット「味彩館キッチン海ものがたり」から、三重県庁に「うちで売っていた魚に毒があったかもしれない」と通報があった。

この魚は「皮はぎ」の名前で同日昼ごろに、3匹が店頭に並んでいた。11日夜時点で2匹がすでに販売済みで。売れ残った1匹は、長さ50cm幅15mほどで、重さは745グラム。480円の値札がついていた。普段売っていたカワハギと姿が違うことから、気になった従業員がネットで検索して通報したという。

売れ残りの1匹を県庁が調べたところ、カワハギ科のソウシハギの可能性が高いことが分かった。ソウシハギは内臓に、フグ毒「テトロドトキシン」の10倍の毒性がある猛毒「パリトキシン」を含むことで知られている。三重県庁によると、もし食べた場合には呼吸困難、歩行困難、胸部の圧迫、麻痺、けいれんなどの症状が出て、重篤な場合は死に至ることもあるという。

すでに皮が剥がされていたが、スーパーの担当者の聞き取り調査によると、体に黒と青い斑点があることなど、ソウシハギと酷似していたという。

11日夜の時点で、1匹は販売先を特定し、県庁が回収したという。しかし、もう1匹は特定できず、県庁は「健康被害が発生する可能性がある」と注意を呼びかけていた

 

■鍋料理にして食べたけど無事。なぜ?

この行方不明だった1匹は、三重県玉城町に住む人が購入し、家族3人で食べていたことが判明した。家族が12日に新聞記事を見て「うちで食べた魚では?」と思い、県庁に連絡したという。

13日午前に三重県伊勢保健所が職員を派遣し、この家族に聞き取り調査をしたところ、「家族3人で身も肝も鍋に入れて食べた。今のところ体調に問題はない」と話したという。毒の潜伏期間は12時間から24時間とされているため、県庁では「健康被害はなかった」と判断。骨を回収して、種の特定を急いでいる。

内臓ごと食べたのに、なぜ毒がなかったのか。三重県医療保健部の担当者は、ハフポスト日本版の取材に以下のように答えた。

「ソウシハギは生まれたときから毒があるわけではなく、エサから毒を体内に濃縮します。個体差があるので、今回は幸運なケースだったのかもしれません」

今後、三重県庁では種類の分からない魚を売らないように、小売店に広く呼びかけるという。


CLOSE
CLOSE