supamario

No Picture

「クッパ姫」が空前のブームに。マレーシア発の投稿がきっかけだった。

任天堂のTVゲーム「スーパーマリオ」シリーズのボスキャラとして知られる「大魔王クッパ」が女性キャラ化した「クッパ姫」という二次創作イラストが、Twitter上で空前のブームとなっている。

きっかけは、マレーシア在住だというhaniwaさんが9月19日に投稿した4コマ漫画がきっかけだった。

haniwaさんが投稿した漫画に出てくる、女性キャラに変身したクッパ(右端)

この漫画は、「スーパーマリオオデッセイ」のエンディングで、マリオとクッパがピーチ姫にプロポーズするも、二人とも振られてしまうというエピソードの続きを創作したもの。

クッパがスーパークラウンというアイテムを使って、ピーチ姫とよく似た姿となり、マリオといちゃいちゃするというものだった。

14日に発表されたニンテンドースイッチ用ゲーム「New スーパーマリオブラザーズ U デラックス」の設定が元になっている。

このゲームではキノピコというキャラクターがスーパークラウンで、ピーチ姫とよく似た「キノピーチ」に変身するシーンがあった。そのため、haniwaさんは、クッパもスーパークラウンを使えばピーチ姫とよく似た姿になれると考えたようだ。

haniwaさんが描いた変身後のクッパは、金髪碧眼でピーチ姫によく似た髪形。青いイヤリングとブローチも共通している。ただ、頭には2本の角が生え、トゲ付きのブレスレットと首輪をして、背中に甲羅があるところはクッパと同じ。ダークブラウンのドレスを身にまとい、鋭い目つきをしている。

  

日本語圏では「クッパ姫」の名前で大人気に

haniwaさんの設定を元に、日本語圏のTwitterでは当該キャラが「クッパ姫」の名前で拡散。19日以降、次々に二次創作イラストが作られることになった。24日午後3時現在、「クッパ姫」というワードは、Twitterトレンドで1位になっている。

クッパ姫がブームになった理由について、ネット上では「美少女化するだけで、クッパの頑迷横暴自惚れ屋高圧的といった要素全てが肉食系女子的な『魅力』に思える」からではないか?という意見も出ている

クッパ姫 part.2 pic.twitter.com/HaeP2gRtpD

— 犽 (@kuroko_14) 2018年9月23日

歴代マリオシリーズのクッパをクッパ姫に変えたら超かわいいと思うので描いた pic.twitter.com/rGKHJ4neMo

— コンノトヒロpixivFANBOXはじめたよ (@tohirokonno) 2018年9月23日

スーパーマリオUSA!!#クッパ姫pic.twitter.com/APoEoXaD6m

— ばぐえ、 (@bague05) 2018年9月24日

クッパ姫ちゃん pic.twitter.com/0cPj05X79T

— かめきち (@kamekiti39) 2018年9月24日

ボス亀 pic.twitter.com/Zakk7sdOjg

— じゃじゃじゃ(🐙) (@kankan33333) 2018年9月23日

Read More

No Picture

エンゼルス大谷翔平が逆転15号3ラン。スーパーマリオのポーズでホームイン

逆転の3ランホームランを放ち、ホームに戻る大谷翔平(左)。すでに生還した二塁ランナーのデビッド・フレッチャーと示し合わせたように「スーパーマリオ」のポーズを披露した=8月27日、アナハイム

メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平は8月27日、本拠地のカリフォルニア州アナハイムであったロッキーズ戦で、逆転となる特大の15号3ランホームランを放った。

Sho off that power. 💪 pic.twitter.com/y2lkMgV8T2

— MLB (@MLB) 2018年8月28日

大谷はこの日、4番指名打者(DH)として出場。1-2とリードされていた4回ノーアウト二、三塁の場面で、相手右腕ジョン・グレイが投じた94マイル(151キロ)の外角ストレートをジャストミートした。

打球はぐんぐん飛び、大谷が度々放り込んできた、センター奥にあるエンゼルスタジアムの名物モニュメント、ロックパイル(人工岩山)に落下。逆転となる3ランホームランとなった。

ロッキーズに逆転を許したあとの8回にも、大谷はレフト線にヒットを放ち、その後の再逆転のきっかけを作った。

試合はエンゼルスが10-7で勝利し、大谷は5打数2安打3打点の活躍だった。SANSPO.COMによると、大谷は試合後、ホームランについて「比較的甘いところに狙いを定めて、球種とかっていうよりはそういう感じでいきました」と話した。

大谷、スーパーマリオのポーズ?

ホームランを放った大谷がダイヤモンドを一周して本塁ベースを踏む際、右手をガッツポーズぎみにして飛び跳ねる仕草を見せた。

テレビゲーム「スーパーマリオブラザーズ」のキャラクター、マリオがブロックを壊すときのポーズに似ており、すでに生還して大谷を待ち構えていた二塁ランナーのデビッド・フレッチャーとまるで申し合わせたかのようなタイミングでの披露だった。

大谷はこれまで、マイク・トラウト外野手と「お辞儀」パフォーマンスをするのが定番だったが、スーパーマリオは「新作」パフォーマンスとして注目を集めそうだ。

エンゼルスのTwitter公式アカウントも「Super Shohei > Super Mario」(スーパー翔平>スーパーマリオ)と投稿し、活躍を喜んだ。

Super Shohei > Super Mario. pic.twitter.com/cj4Nv5GoBN

— Angels (@Angels) 2018年8月28日


CLOSE
CLOSE