ikuji

No Picture

「日本という国に根強く残る性別役割分担の名残」 ニューヨークタイムズが描く、日本のワーキングマザーの生きづらさ

ニューヨークタイムズの記事より

「日本のワーキングマザー 妻の課題な負担・夫の過少な支援」。こんなタイトルのニューヨークタイムズの記事(2月2日付)が、話題となっている。

2人の子どもを育てながら働く女性の1日に密着し、朝から晩まで家事や子育て、仕事に追われて息をつく暇もない過酷な様子を描いたルポタージュ。

男性が家事や育児に関わる時間の国際比較、「名もなき家事」問題、そして女性の管理職比率の低さや男性の長時間労働にまで切り込んだうえで、日本のワーキングマザーが置かれた状況が、たくさん写真と文章で浮き彫りにされている。

例えば、保育園に提出する連絡ノート。

記事中に登場するニシマサさんという女性は、子どもの体温、家庭での食事の内容、睡眠時間や1日のタイムスケジュールを記入する。小学生の長男の宿題を確認するのも彼女の役割だ。女性は家庭を優先しているため、8年間も昇給・昇格がない。記事は、「今、日本の女性たちは両刃の剣に直面しています」と指摘する。

「女性の負担を軽減しながら、働くことを促した」?

安倍晋三首相は1月23日の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の演説で、「女性活躍政策(ウィメノミクス)」について「女性が負う負担を軽減しながら、多くの、より多くの女性に、働くことを促した」と評価し、以下のように述べた。

その結果、いまや、雇用された女性は200万人増えた。繰り返します。新たに付加されるかたちで、200万人の女性労働力が増えたのです。女性の労働参加率は67%、日本では歴代最高で、米国などより高い比率になっています。

ダボス会議で演説する安倍晋三首相

記事は、この安倍首相の演説内容についても反論する。

しかし、日本の多くの女性は職場で限られた役割に甘んじている。女性の、ひいては日本全体の願望の最大の障害のひとつが、彼女たちの肩にのしかかる、家庭での家事や育児の負担だ。

これは、日本という国に根強く残る性別役割分担の名残からくるものだ。日本の女性たちの労働参加率が記録的な高さを更新している一方、彼女たちの膨大な家事や育児の負担は減る気配がない(記事より引用)

「家の中を見れば分かる」NYTも日本語でツイート

記事を執筆したのは、リッチ素子・ニューヨークタイムズ東京支局長。Twitterに「マーケティングのプロで、3人の子どもの母親であるニシマサさんと1日を過ごしました。彼女がいつ働いているのか、不思議です」と取材の感想を投稿している。

Here’s the Japanese article https://t.co/B5c47qPjkE

日本のワーキングマザーが働きにくい本当の原因を理解するには、家の中をみればわかります。典型的に、週に49時間以上働いている女性は、家事に25時間近くを費やしています。彼女達の夫たちは、平均5時間以下。しかも、育児は含まれないのです。

— The New York Times (@nytimes) 2019年2月3日

異例の和訳記事も公開し、家事育児の家庭内分担についての意見も募集している。ニューヨークタイムズの公式Twitterでも日本語で「日本のワーキングマザーが働きにくい原因は、家の中を見れば分かる」と投稿。「共感する」「良記事」「夫婦間の話し合いの問題」などの反応が寄せられている。

Read More

No Picture

スマホ越しの立ち会い出産。 夫は海外、実家は遠方。それでも仕事と子育てが両立できた理由

初めての妊娠がわかった直後、夫の海外赴任が決定。

夫は臨月のときに海外へ赴任し、スマホで立会い出産。

MANABICIA代表の池原真佐子さんは、日本に残り、2歳の息子をワンオペ育児しながら働いてきた。

講演やワークショップなど多忙を極める中、2017年には自身の経験を活かして働く女性のキャリア支援として、メンターをマッチングさせる「育キャリカレッジ」など新規事業も立ち上げている。

なぜ夫婦が別に暮らす道を選んだのか? 離れて暮らす夫はどう育児に参加しているのか? 池原さんに話を聞いた。

MANABICIA代表の池原真佐子さん

スマホ越しの立ち会い出産

――初めての妊娠がわかったすぐ後に、夫の海外転勤が決定。一緒に行くか、別居するか、仕事を続けるかやめるか、いろんな選択肢があったかと思いますが、夫婦でどんなふうに話し合いをされたのでしょう?

妊娠4カ月くらいのときに、「海外に行くことになるかもしれない」という話が彼から出たんです。以前からずっと彼が海外に行きたいと会社でアピールしていたのは知っていました。だから「いずれは」という気持ちはあったのですが、まさかこのタイミングでとは予想できませんでした。驚きました。

もちろん簡単に結論は出なくて、いろんな可能性を探って話し合いました。どちらかが転職するか、キャリアを柔軟に変えることができるのか、とか。

ただ、私が結婚後すぐに大学院に通っていた時期や起業した当初などは、彼に相当負担をかけて、サポートしてもらっていたんですね。そういう背景もあって、もしも次に彼が大きな決断をしたら私が止める権利はないだろう、とも思っていました。

最終的には夫は単身海外へ、私が日本に残ってワンオペ育児をする、という結論に落ち着きました。

――臨月から海外へ行かれたということは、出産には立ち会えなかった?

それがオンラインで立ち会えたんです。

無痛分娩にしたんですが、麻酔を打った途端に「もう楽ちん!」ってなって。その後に(海外の自宅に)帰宅した夫からメールが来たので、看護師さんにお願いして「私たちこういう事情で離れているので、Wi-Fi繋いでいいですか」って交渉して。最初は断られたんですが、途中から許可が降りたので私が自分でスマホを持って自分を映しながらお産を進めていきました。

いよいよ産まれてくるときには、看護師さんがスマホで赤ちゃんを映そうとしてくれたんですが、私が間違えて自分の顔をずっと映しちゃって(笑)。そんなふうにスマホ越しでしたが、リアルタイムで立ち会い出産ができました。

ワンオペ育児を乗り切るためにサービスはフル活用

――産後の心身の調子はいかがでしたか。

産後は母が九州から3週間手伝いに来てくれたのですが、母に八つ当たりをしたり、喧嘩をしたりしてしまって。今考えるとやっぱりホルモンバランスが崩れていたんでしょうね。

母が帰った後、私もすぐ仕事に復帰したので、認可外の保育施設に息子を預けました。保育園の園長先生を経験されたおばあちゃん先生が自宅でやっている、本当に少人数のところで「こういうときはどうしたらいいですか?」って不安や疑問を相談ができたことが心強かったです。常に”疑似おばあちゃん”がいる感じでした。

産前も産後も自治体のヘルパーさんやシッターさんにはすごくお世話になりましたし、近所の友人たちにも助けてもらいました。腰痛持ちなので、痛みがひどいときは沐浴を手伝ってもらったり、食事を作ってもらったりしましたね。

Happy day シルエットが #ムーミン #baby #love #mom #happy

ikeharamasakoさん(@ikeharamasako)がシェアした投稿 – 2016年11月月2日午後11時31分PDT

――夫は海外、実家は遠方。働きながらのワンオペ育児となると、やはり子育て支援サービスなども活用しましたか?

もちろんです。自治体のファミリーサポートのほかに、2つのシッターサービス会社、通っていた保育園のシッターサービスと4つ登録していました。

その他にも、公的な病後児保育施設も2カ所ほど利用して。大変な場面もたくさんありましたが、おかげでなんとか乗り切れました。

時差の関係で、夜中に息子の体調が変わったときも、夫に相談すると即レスが返ってくるのはありがたかったですね。

海外にいる夫も子育てのサポートはできる

――単身赴任などで離れて暮らす夫は、家事・育児にコミットしづらいと思うのですが、サポートできることもありますか。

夫にはものすごくサポートしてもらっています。一番大きいのは土日ですね。ずっと子どもと一対一だと、やっぱり疲れてきちゃうんですよ。PCでオンラインでパパと繋げば、夫がずっと息子とお話ししたり、絵本を読んでくれる。2、3時間はそうやって遊んでくれるので、その時間はゆっくりできますね。

あとは子育て情報のリサーチなど、私じゃなくてもできるものは夫にお願いしています。子育ては、子どもをあやすだけじゃない。子どもとの時間にまつわる雑務やいろんなオペレーションがあって、全部まとめて「子育て」です。

妊娠中の保育園の見学も夫婦で手分けして行きましたし、私がやることをまとめたTo doリスト作ってくれたり、資料をまとめてくれたりするのは夫の担当です。

――単身赴任のパパでも、子育てで参加できることがたくさんある。

今はたまたま私が日々の子どものケアの部分を、夫がロジスティクスを主に担っている、という感じかも。オンラインを通じてできるコミュニケーションはしてくれているので。そういう意味では、距離があっても私たちなりの家族のかたちはできています。子どもはパパが大好きで、日々画面越しにパパと話をしているので、一時帰国した際も、パパだと認識していて、ずっと甘えています。

夫婦って共同経営者みたいなものだと思うんです。人生のどの時期に、どういうライフスタイルで、何を担うかということを、夫婦で合意を取りながら調整していく。「この時期は私がちょっとペースダウンするけど、次はお願いね」みたいなことを、柔軟に変えていけたらいいなと思っています。

だからこそ、「夫が海外転勤になったら妻が無条件でついていくべき」というのが当たり前とされているのは、私はやっぱり解せない。もちろん、一緒に暮らせて一緒に日々を共有できれば最高ですが、どちらかの都合でそれが叶わないかも、となった時は、「ついていくのが当たり前」で進めるのではなく、一度立ち止まって、それぞれの家族のあり方を、皆が納得するまで話し合う必要があると思います。

距離がどうであれ、「女性がキャリアを諦める」という前提をいったん置いて、どんな選択肢が探れるのかなと夫婦で話し合うことで、女性側ももう少し楽になれる気がします。

今はまだ(男女の賃金格差もあり)妻よりも夫の給料が高い家庭が多いので、「家計を支える」という意味で男性側の働き方を優先するのが主流になっているんだと思うんですね。でも、どちらにとっても人生において仕事は大事なものじゃないですか。だからそこはイコールで、対等な立場で考えていいのではと思います。

※続編は近日中に公開します。

(取材・文:阿部花恵、撮影・編集:笹川かおり)


りゅうちぇる、息子を抱いて微笑む写真を公開「誰かの為ならどこまでも頑張れる」

りゅうちぇるさんの公式Twitterより

タレントのりゅうちぇるさんが7月27日、生まれたばかりの愛息・リンク君を抱きしめている写真をTwitterで公開した。

今日も朝から夜までず〜〜っと撮影でちた😭💖😭平成最後の夏は毎日眠いし大忙し😭💖😭でもHAPPYに明日も頑張れるの😭💖😭自分の為に頑張るのには限界があるけど、誰かの為ならどこまでも頑張れるの💖🌈💖今日も1日おつかれさまでしたおやぷみ💖🌈💖 pic.twitter.com/Iihw0vyQVw

— 💖🤩Prince Ryuchell🤩💖 (@RYUZi33WORLD929) 2018年7月27日

りゅうちぇるさんは、7月11日に生まれたばかりのリンク君を抱っこし、見つめる様子を見せた。

この日、朝から晩までずっと撮影だったというりゅうちぇるさん。忙しい日々を送っているが「HAPPYに明日も頑張れる」とコメント。

「自分の為に頑張るのには限界があるけど、誰かの為ならどこまでも頑張れるの」と、心境を明かした。

愛情溢れる「パパショット」に、ファンからは「いいパパだね」「頑張って!」「お疲れ様」などと、応援のメッセージが寄せられている。

りゅうちぇるさんは「ぺこ」の愛称で知られるモデルのオクヒラテツコさんと2016年に結婚

2人は2018年2月に妊娠を発表し、7月11日にぺこさんが男の子を出産した


No Picture

赤ちゃんを抱えながら「仕事」はできるか?生後2か月の息子を連れて役所との打ち合わせに行ってみた

 在宅で仕事をしながら生後二か月の次男の世話を1日数時間していると、育児しながらできる仕事がかなりあることに気付く。男性の育児休暇取得も上司など周囲からの理解が大事と言われるが、育児をしながらどれだけ仕事をこなせるかも、どれだけ周りが理解してくれるかにかかっている。

 看護学校に通う妻が授業に行く時間は、私が一人で次男の面倒を見る。近くの買い物や顔見知りの方との簡単な打ち合わせなら、次男を抱っこ紐で抱えながらこなすようにしてきた。面談中にぐずり出したら、立ち上がって、少し揺ら揺らすれば泣き止む。

 6月28日、私は冒険をしてみることにした。次男を連れて、約15キロ離れた役所との打ち合わせに行くことにした。用件は二つ。現在、空き家を民宿として開業するため、旅館業の営業許可を取る手続きをやっており、この日は、消防署から通知書を一つ受け取り、それと他の書類を保健所に提出しなくてはならなかった。次男は運転中や面談中、果たして良い子にしていてくれるだろうか。

午後2時15分、妻が次男に母乳を与え、学校へ行く。次男は完全母乳で授乳間隔は約3時間。

午後2時30分、次男を私の車のチャイルドシートに乗せる。普通なら国道で行くが、次男が運転中にぐずったら困るため、高速道路を使う。

午後2時50分、南魚沼市消防本部に到着。次男を「クーハン」(赤ちゃんを持ち運びできる籠)に入れ、片手に書類バック、片手に赤ちゃん入りクーハンを持って、消防署に入る。自動扉が開いた瞬間、室内にいた隊員さん全員の視線が集まる。「まさか、赤ちゃん拾ってきたんじゃないだろうね?」とでも言いたげな表情だ。私が「黒岩と申しますが、Tさんいらっしゃいますか?」と尋ねると、「もう帰りましたけど?」と言われ、「あ、あの、お願いしていた通知書の準備ができたと聞いたので、それを取りに来たのですが」と言うと、別の方が「ああ、これですね」と大きな封筒を持ってきてくれた。次男を見ながら、その男性は苦笑いをしていた。「ありがとうございます」と言い、そのまま退室。次男は終始ご機嫌だった。

午後3時、南魚沼地域振興局健康福祉環境部(保健所)に到着。次男が車内でちょっとぐずり始めたので、クーハンではなく、今度は抱っこ紐に入れた。扉を開け、受付に来た方に「黒岩と申しますが、Iさん、いらっしゃいますか?」と尋ね、「はい。あちらでお待ちください」といつもの様に隅のテーブルに通された。

Iさんは眼鏡をかけた女性で、私を見るなり、「お疲れ様です」と普段通り接してくれた。私が「今日、赤ちゃん連れなので、たまに立ち上がったりするかもしれませんが、、、」と言うと、「ああ、全然いいですよ」と言ってくれた。と、その瞬間、私の腕に白い液体が。次男がさっき飲んだ母乳を少し吐いたのだ。「すいません。ティッシュありますか?」と私が聞くと、Iさんは、「あ。はい」と自分の席に戻って、ティッシュボックスを持ってきてくれた。

私が書類をすべてテーブルに並べると、Iさんは、「それでは、まず、この書類を書いていただけますか?」と言う。旅館業の申請書だ。私は大事な書類ほど、間違いたくないので、担当の方と一緒に書くようにしていた。往復30キロある役所まで何度も足を運ぶのも面倒だからだ。しかし、今回は次男を抱えならとなると、果たしてうまくいくだろか少し不安になった。

まず、名前を書き、住所を書き、空き家の住所を書く。Iさんからの「緊急の連絡方法はどうなさるのですか?」などの質問に一つ一つ答える。それから、「〇〇法第〇号」の部分がわからないので、尋ねると、Iさんは「少しお待ち下さい」と確認に行く。その間、私は席を立って、揺ら揺らする。Iさんが戻ってきて、「4号ですね」と言い、そのまま記載する。

これで終わりかと思ったら、申請書には裏面があり、そこに物件の面積などを詳細に書かなくてはならなかった。私は平面図を取り出し、Iさんが電卓を持ってきてくれ、一緒に計算してくれた。(ありがとうございます)

次男が抱っこ紐の中でぐずり出し、Iさんが「大丈夫ですか?」と尋ねてきた。私は、次男を抱っこ紐から出し、左手で次男がIさんと対面する形で抱っこした。視界が広がるからか、この態勢が一番ご機嫌になることを知っていた。予想通り、次男は泣き止み、私はそのまま次男を抱えながら、平面図を見て、数を読み上げ、Iさんが計算をし、そこに打ち出された数字を私が右手で記入していった。

それが終わり、Iさんが一つ一つ書類を確認し、「22000円の収入証紙はありますか?」と聞かれ、「あ、まだです」と私が言うと、「それがないと受理できませんので、持ってきてください」と言う。「この辺だとどこで買えますかね?」と尋ねると、500メートルほど離れた県の地域振興局内の売店で売っているという。

すぐに、次男をチャイルドシートに乗せ、車を走らせ、着いたら、次男を抱っこ紐に入れ、売店で買い、また同じプロセスで保健所に戻った。次男は車の中でぐずっていたが、2分ほどで着き、車を降りたら、泣き止んだ。

再び、保健所に入り、Iさんをお願いし、テーブルに収入証紙を出した。座ったら次男がまたぐずると思ったので、今回は立ったまま、座っているIさんを見下ろしながら、対応させてもらった。「はい、じゃあ、これですべてそろいましたね。それでは来週木曜日に建物の審査に入らせていただきます」などと、これからの手続きについての説明があった。私からも「許可証はいつもらえるのですか?」などの質問をした。

すべてを終え、保健所を出たのは3時45分。次男を抱えながら、30分以上の打ち合わせをこなすことに成功したのだ。

帰りの車の中で、次男は寝始めたので、高速道路は使わずに帰った。そしたら、残り3キロ地点で起き、泣き始めた。私は高速を使わなかったことを後悔し、コンビニに立ち寄り、コーヒーを飲みながら抱っこ紐で少し歩き回った。次男が少し落ち着いたら、車に乗せ、またすぐぐずり始めたので、車の窓を開けてたら、泣き止んだ。

午後4時15分、無事自宅に戻り、妻に次男をパスした。

在宅勤務なら、育児をしながらでもできる仕事はたくさんある。肝心なのは、自分がどれだけ図太くなれるかと、Iさんみたいに理解してくれる人がどれくらいいるかである。次男にとっても、ずっと家に居続けるよりは、色々な環境や人に接することができて良かったのではないかと、勝手ながらに思う。


「奥さんステータス」に惑わされる男たち

家事育児がイヤでしかたがない気持ちを抑えるのに必死

男たちの「夫婦感」はなぜこんなにも変わらないのか

社会学者 平山亮氏の記事を読んで、「おぉ!」っと唸った。以下は話題の牛乳石鹸のCMについての抜粋。

『彼が「がんばって」いたのは、家事育児がイヤでしかたがない気持ちを抑えること、ではないのか』

胸がスッとした。これまでなかなか言語化できなかったモヤモヤが言葉になった感じ。
表立ってはなかなかYESとは言わないかもしれないけど。
家事育児の両立と、この気持ちを抑えることを混同してしまってる男性は、実は多いんじゃないかと思う。

記事にもあるように、牛乳石鹸の炎上動画を見ればあのパパがいったい何を頑張っているのかが見えてくる。 確かに、彼は家事育児は頑張っていない。自分の父親像と照らし合わせて、家事育児をやらなくてはいけない社会の価値観とのギャップと、戦うことをがんばっているのだ。

正直に言う。

そんな自分の父親像と、今の自分が置かれた状況を比較して悩むなんて時間の無駄でしかない。
自分の育った家庭環境は一例ではあれど、ロールモデルではない。だって、違う家庭環境で育った者同士が結婚してるんだから。 自分達家族のカタチは、自分達で築いて行くしかないのだ。

「奥さん」と言うステータスに惑わされる男たち

掃除してる男がかっこ悪いとか、洗濯してるのが女性っぽいとかじゃない。
かっこ悪いのは「そんな事させられてる俺」であり、もっと言えば「家事をさせる力がない俺」と見られること。

自虐的に「恐妻家」とか「尻に敷かれてる」とか言うけど、そう言うことで自分に支配力がないんじゃなくて、妻が特別なキャラクターだから仕方ないんだよ。運が悪かったんだ!って、言いたいんだと思う。

それはまるで「奥さん」って言うステータスを取り損ねたことに対する言い訳のようだ。

奥さんステータスは所詮は幻想でしかない

かつて女性が男性を選ぶ基準に「3高(高学歴・高収入・高身長)」があり、それがステータスになっていたように。( いつの時代だwww)

今もまだ男性は「奥さん」と言う内助の功を「身につけている」という幻想に憧れるのかもしれない。

本人が憧れていなくても、男性の周辺の人たちは奥さんステータスの所有を「男のステータス」として見がちだと思う。

例えば「帰っても晩ごはんないの?奥さんは?(作ってくれないの?)」「奥さん、シャツにアイロンしてくれなかったの?」など。

奥さんがいれば、これらは男性が自分で心配しなくてもいい事項になってしまう。

まずは、周りの人達が「奥さんステータス」をなくしていかないと!

そして今の時代では「奥さん」なんてステータスは、所詮は幻想なんだって気がついた方がいい。
僕らが手にすべきは、アクセサリーのような主従関係ではなく、共に手を取り歩いて行くパートナーシップでしかない。

Posted from tadaima!.
2017年9月14日NPO法人tadaima!:「奥さん」と言うステータスに惑わされる男たち より転載・加筆


産後7時間、ヒールで笑顔? キャサリン妃と自分を比べるママ、世界で続出

ウィリアム王子の妻、キャサリン妃は4月23日、ロンドン市内の病院で第3子となるルイ王子を出産しました。

キャサリン妃は、出産から約7時間後に、赤いワンピース姿でヒールを履いて(!)登場。赤ちゃんを抱えながら笑顔を見せて話題を呼びました。

スタイリストと美容師のサポートを受けて、彼女は美しく輝いていました。

彼女は”完璧”に見えましたが、一方で、産後の女性たちの非現実的なイメージを発信したと考える人もいました。

現実を知らせるために、実際に出産した直後の写真をSNSで投稿する人たちが続々登場したんです。

産後すぐって、実際はこんな感じなんです。疲れてるし、痛いし、眠いし…。キャサリン妃と比べてみたら…? さあ、みんなのユーモアに満ちた写真を見てみましょう。

Yve Jonesさん(@yvejones)がシェアした投稿 – 2018年 4月月24日午前7時00分PDT

Here you go @janegarvey1 – me and Kate 7 hours post-natal…. I’m the one on the right, in case you’re wondering…. @BBCWomansHourpic.twitter.com/6yf3H5a2T1

— Nina Warhurst (@NinaWarhurst) 2018年4月24日

Expectation vs Reality 😩😩😂😂

ruthannieparnellさん(@ruthannieparnell)がシェアした投稿 – 2018年 4月月23日午後1時35分PDT

Here you go @janegarvey1 and @BBCWomansHour here’s my hilarious comparison! I looked bloated and dreadful after 3 days of induced labour ending with an emergency C-section! pic.twitter.com/XXs0bQH5PO

— Sophie Killingley (@PrettySophieK) 2018年4月24日

When Kate steals your style and looks equally as flawless post birth 😏😅@BBCWomansHourpic.twitter.com/qwUimApZik

— rebekahbaker (@rebekahbabbage) 2018年4月25日

So since people are posting pictures comparing to themselves to #katemiddleton after giving birth, we had to join in! Here is @PriscillaQOD! pic.twitter.com/YLnOAiKUQh

— Mix969 (@mix969) 2018年4月24日

Everyone is praising Kate Middleton for being photographed hours after giving birth. It made me go back through old pictures of when I had my first, and it turns out Kate isn’t the only one with #postbirthphotos.

Who’s the princess now??? #royalbabypic.twitter.com/vdtvpAaYXu

— Anna Kruk Corbin (@annabanana0626) 2018年4月24日

This is me and my wife, about 2 hours after our son was born. Poor thing, she was exhausted. pic.twitter.com/Tp7PjNNmaR

— Helen Reeve (@Helen_Reeve_) 2018年4月24日

Kate Middleton 7 hours after giving birth Vs Me seven hours after giving birth 😂

I mean, I know she had help to look that good but I would’ve needed a mortician that specialises in putting make up on corpses and industrial quantities of sanitary wear #KateMiddletonpic.twitter.com/UHjK85gYLm

— Rachel Williams (@MrsRJWill) 2018年4月24日

ハフポストUS版の記事を翻訳・編集しました。


CLOSE
CLOSE