Facebook


日本ボクシング連盟を批判した村田諒太選手、ナチス強制収容所にまつわる文章をFacebookに投稿。連盟問題と関係?

村田諒太選手

日本ボクシング連盟による選手の助成金流用問題をめぐり、連盟幹部を批判したボクシングWBA(世界ボクシング協会)のミドル級世界チャンピオンで、ロンドンオリンピック(2012年)金メダリストの村田諒太選手(32)が8月2日、意味深な文章をFacebookに投稿した。

ナチス・ドイツの強制収容所の実体験をもとに書かれた名著「夜と霧」(ビクトール・フランクル著)に登場する労働監視者「カポー」に触れた内容だ。

カポーは、同じ収容者でありながらナチス側の命令でほかの収容者らを監視し、暴力を振るっていた悪名高い人たち。だが、村田選手は投稿で、彼らを一方的に批判することはできないとする見解を示した。

村田選手の真意は不明だが、1つ前の投稿で連盟批判を展開をしていることから、連盟の問題に対する新たなメッセージを発信している可能性もある。

村田選手はFacebookに次のように投稿した。

「夜と霧」に出てくる、カポー(同じ収容者でありながら、見張り役など、特別な権利、立場を与えられた収容者)が時にナチス親衛隊より酷い仕打ちをしてきたという話、そのカポーを裁くことが出来るかどうか

フランクルの言う、石を投げるなら、同じ状況に置かれて自分が同じようなことを本当にしなかっただろうかどうかと自問してみること

人を糾弾する前に必要なことだと考えています

世の中にはこのカポーが溢れていることを忘れてはいけないなと、改めて思う今日この頃です

「夜と霧」は、ナチスの強制収容所に入れられ、生還したユダヤ人でオーストリアで暮らしていた心理学者のフランクルが収容所での体験をもとに書いた。壮絶な体験談がつづられ、今なお世界中で読み継がれている。

ビクトール・フランクル

村田選手はこの前の投稿で連盟の助成金流出問題について言及していた。

村田選手は、リオデジャネイロオリンピック(2016年)に出場した成松大介選手への助成金の一部が、連盟の指示で別の選手2人に渡ったことを伝えるニュース記事を紹介し、「そろそろ潔く辞めましょう、悪しき古き人間達、もうそういう時代じゃありません」などと、暗に山根明会長ら連盟幹部を批判した。

今回の投稿では、村田選手が連盟に直接言及することはなかったが、投稿に対しては、連盟の問題と関連づけるコメントが並んだ。

連盟をめぐっては、役員や元選手ら333人が7月27日、試合用グローブなどをめぐる不透明な独占販売やパワハラ、2016年岩手国体での不正審判疑惑、山根氏による連盟の「私物化」ぶりなどを問題視した告発状を日本スポーツ振興センター(JSC)や日本オリンピック委員会(JOC)などに提出した。

山根氏は8月3日、日本テレビ系列の情報番組「スッキリ」に生出演。村田選手について「学生時代はいい選手だった」としつつも、「村田君は1人でメダルを取れる力はありません」と話した。

また、「悪しき古き人間達」という表現について、山根氏は「生意気だよ。あの選手はまだ現役のボクサー。今、言うべき話ではない」と反発した。



Facebook、時価総額1230億ドルを一夜で失う――市場は四半期決算に失望

一晩での時価総額のダウンとしては史上最大だったかもしれない。今日(米国時間7/26)、Facebookの終値は174.89ドルだった。これは昨日の終値、217.50ドルから19.6%のダウンだ(NASDAQ:FB)。

昨日、Facebookの株式時価総額は6296億ドルだった。今日は5062億ドルだ。つまりFacebookは一晩で時価総額を1234億ドルを失ったことになる。

この暴落はデータの不適正使用や大統領選疑惑などのスキャンダルから来たものではない。 Facebookの四半期決算が不満足なものだったからだ。今季、初めてFacebookの成長が停滞した。

Facebookを毎日訪問する人々の数は前四半期と比較してわずかして増えていない。さらに問題はFacebookのユーザーベースがヨーロッパで減少したことだ。Facebookは全体として成長しているが、EUのGDPR(一般データ保護規則)の施行とマーケットの飽和は明らかに同社に対する逆風となっている。

そうした理由から、Facebookは四半期決算発表の形式を初めて変えた。同社は新しい指標として「全社的アプリユーザー数」を発表した。これはFacebook本体だけでなく、Instagram、Messenger、WhatsAppのアプリのどれかを使ったことがあるユーザー数は50億人となっている。

FacebookがInstagramやSnapchatなど短時間で消滅するストーリーに会社の未来があると考えていることは明らかだが、成否が判明するには時間がかかる。現在のところは大きな疑問符だ。InstagramなどのアプリがFacebook本体と同様の収益性を得られかどうかは今後に待つ必要がある。

消えた時価総額を比較する

123,400,000,000ドル、といわれても額が大きすぎて理解しにくい。Facebookのような巨大企業に関連する金額を把握するのは難事だ。TechCrunchのJon

Russell記者が指摘しているとおり、bitcoinの 時価総額は現在1410億ドルだ。つまり一夜にしてbitcoinsが地上から消滅してしまったような額だ。

Facebook株がbitcoin以上に乱高下するなどとは誰も思っていなかっただろう。

Bitcoinよりもっと安定した巨大テクノロジー企業の株価と比べてもこれは巨額の損失だと分かる。たとえばNetflixの時価総額は1580億ドルに過ぎない。Twitterの価値はわずか330億ドルだ。Facebookは一晩でTwitterの4社分の損失を被ったことになる。Snapとなると170億ドルの時価総額しかない。

Facebookはビジネスモデルを変更中

現在のところメディアの興味はFacebookの損失額に集まっている。もちろん同社は驚くべき額を失った。しかし本当に重要ななのはFacebookのビジネスモデルであり、同社がそれをどう変えようとしているかを理解することだろう。

Facebookはこれまで大成功を収めてきた。ハーバード大学の寮の一室からスタートした無名の会社がわずかな期間で世界的企業の一つに成長したという信じられないようなサクセスストーリーだ。しかしFacebookのビジネスモデルは大きな危険性をはらんでいた。企業に高額な広告を販売するためには何千人もの社員がユーザーデータをますます精密に測定しなければならなかった。販売チームが企業にFacebook広告を高価に売りつけることができるのはターゲティングが完璧だったからだ。

こうしたビジネスモデルであれば、広告の価値を最大化するためにはユーザーがFacebookで過ごす時間を最大化しなければならず、そのためにもっとも効果的なのは中毒性が高いプロダクトを次々に生み出していくことだ。ユーザーがFacebookで過ごす時間が長いほど広告を見る回数も多くなるわけだ。

Facebookがいわゆるエンゲージメントの最大化に熱中するのはそうした理由だ。われわれが「いいね」や「うけるね」や「悲しいね」などの反応をすればするほどFacebookの収入はアップする。

今年はFacebookにとって一つの転機となる可能性がある。振り返ってみれば、今回の事件はFaqcebookの成長の歴史の屈曲点を示すことになるかもしれない。ともあれ、Facebookがそのビジネスモデルに潜む構造的課題にどういう回答を用意しているのかはまだ不明だ。

画像:SAUL LOEB / AFP / GETTY IMAGES

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@FacebookGoogle+

(2018年7月27日TechCrunch日本版より転載)

関連記事

Teslaの3000ドルの壁かけソーラー電池で家庭の電力をすべてまかなえる

世界でもっともキモ悪いロボットを作ったBoston Dynamicsが久々に新製品

長く使ってみたらiPhone 6 Plusの方が便利だった

頼むからプログラミングを学ばないでくれ

クラウドファンディングで開発を持続できたeペーパータブレットreMarkableがついに8月29日に発売


中に人が入っているでしょ!?男の子の真似をしてジャンプしまくるクマさんが激カワ!

アメリカのテネシー州にある『ナッシュビル動物園』にお父さんと遊びに来た、5歳のイアンくん。 その動物園にいるこちらのメガネグマを鑑賞していた時に、突然そのクマさんが水の中に飛び込んだそうです。 その様…







CLOSE
CLOSE