doga

No Picture

イタリアで運転手がスクールバスをジャックし全焼。警察が生徒たちを全員救出【動画】

ジャックされたバスは全焼した

イタリアのクレモナで3月20日、中学生の乗るスクールバスがハイジャックされ、全焼する事件があった。

BBCなどによると、事件に巻き込まれたのはミラノ南東にあるクレモナ近郊の中学生51人。引率の職員も3人いた。

生徒たちは、スポーツの課外活動のため、スクールバスに乗ってジムに向かう途中だったという。

犯人は、運転手だった。ガソリンをまきバスに放火

バスが出発して間もなく、運転手は豹変した。

スクールバスの運転手をしていたセネガル出身の47歳の男は、学校からジムに向かう途中で「いまから全員人質だ」と突然話し始めたという。

テレグラフ紙によると、運転手はナイフを振り回すなどして生徒らを脅迫し、急に運転手はバスをミラノに向かって走らせた。

運転手は携帯電話などを取り上げて電気コードで生徒の体を縛り身動きを取れなくし、「誰も生きては戻れない」と言ってガソリンをまきちらした。

国家治安警察隊が出動、全員を助け出す

しかしバスの中では、携帯を取り上げられる前にすでに親と連絡を取り合っていた生徒が1人いた。

生徒の親は、警察に通報。国家治安警察隊が出動し、バスを封鎖した。

バスは警察隊の車にぶつかった。まかれたガソリンに引火し、バスはすでに火を上げ始めていたが、警察隊は後方の窓を壊し、51人の生徒全員の救出に成功。

その後、バスは全焼した。

現場で撮影されたスマートフォンの映像は、生徒たちが車から逃げ、パニックで叫んでいる様子を映していた。

12歳の少年は、バスの中の様子についてテレビのインタビューに次のように答えた

「運転手は、自分の子ども3人が北アフリカからボートでイタリアに渡ろうとして、亡くなったのだと話していた。多くの子どもたちが海におぼれて死んでいるから、お前たちは火にあぶられて死ねと言われた。自分も死ぬかと思って怖かった」

生徒十数人と、職員ら2人は煙を吸うなどして病院に搬送されたが、幸運なことに命に別状はなかった。運転手も手に軽いやけどを負った。

男は2002年からスクールバスを運転していた

 AFP通信などによると、男は2002年からスクールバスの運転手として勤めていた。

イタリア人女性と結婚したが、すでに離婚しており10代の子どもが2人いるという。

地中海で亡くなるボート移民の問題に言及、テロの可能性も

この事件について地元の検察官は、「テロ犯罪による起訴の可能性もある」と述べた。

近年、アフリカからヨーロッパに向け、地中海をボートで渡る移民や難民が数千人単位で亡くなる事案が多く起きている

イタリアへ渡ろうとした移民

 この事案について、警察によると運転手は「地中海での死を食い止め、大虐殺を起こしてやる」などと叫んでいた。

またバス内で、イタリアのディマイオ副首相とサルヴィーニ内務大臣の名前を挙げて「彼らのせいだ」と非難していたという。

ディマイオ副首相とサルヴィーニ内務大臣は、地中海を経てイタリアへ渡ってくる移民や難民がたどり着く港を封鎖する方針のポピュリズム政党「五つ星運動」と「同盟」を率いている。

2018年の政権発足後、政権は移民への強硬策を講じてきた。

 イタリア内務省の関係筋は、「この運転手のイタリア市民権ははく奪されるだろう」とAFP通信に語った

Read More

No Picture

出産の痛みをマシンで体験。男子高校生が悲鳴(動画)

出産の痛みを体験できるマシンが中国で話題だ。

国際女性デーを前にした3月7日、自分を生んでくれた母親の気持ちを知ってもらおうと湖南省の病院と学校が提携してイベントを開催。地元の中学生と高校生、約60人が産みの苦しみにトライした

このマシンは、腹に電極を貼り付け、電気を流すことで陣痛を再現することができる。レベル1から10までの段階があり、10は実際の痛みと同じだという。

体験した生徒たちは天井を見上げて叫び声を上げたり、ジャージの裾を噛み締めたりして初めての「分娩」を乗り切っていた。

体験会を実施した産婦人科医は地元紙「潚湘晨報」に対し「本当の分娩とは大きな違いがあります。初産の場合は一般的に11時間から12時間時間がかかりますから」と話している。

16歳の男子生徒は、母親の厳しい小言に反抗することもしばしば。だがレベル4の痛みを体験すると「自分を生むとき、ここまで痛い思いをしていたとは…これからは真面目に勉強するよ」と心を入れ替えた様子だった。

 


No Picture

ファンが当惑したロシア版「セーラームーン」は、こうして生まれた。パンとコスプレでOPを再現

アニメ「セーラームーン」のオープニングをパンやコスプレで再現した「低予算セーラームーン」の動画が、ツイッターで反響をよんでいる。

動画はこちら。

「完成度高いんか低いんか分からん」

パンでセーラー戦士の髪の毛を再現。

3月8日現在、拡散した動画は583万回再生と2万リツイートされ、「圧倒的予算不足!」や「努力の方向音痴」などの反応が寄せられている。

制作者はモスクワで映画やアニメなどの「低予算版」動画を作っているStudio 188の6人。名前は撮影に使っているアパートの部屋番号からとった。ハフポストの取材に対し、セーラームーンを題材に選んだのはファンのリクエストがきっかけだったと話した。

「セーラームーンは、私たちだけでなく、ロシア全体の子供時代を代表するアニメです。子供時代に放送されていた、数少ない日本のアニメでした。そのころに見ていたので、私たちは自分たちをファンだと言えると思います。フォロワーにリクエストをされて、コスプレをすることになりました」

「技術的な部分で苦労もあります」

全ての動画の制作費は高くても100ドル(約1万円)程度。半年前にモスクワで開かれた大会で映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 」の「低予算版」リメイクで優勝したのをきっかけに、動画を作り続けることを決意したという。

「自分たちを撮り続けるのが一番難しいです。全員が本業の仕事があるので必要な時間を十分にとれない時があります。バゲットを頭に固定したり、部屋中にレモンを吊るすなど、技術的な部分で苦労もあります。しかし、それら全てが、映像を作るのが楽しい一番の理由でもあります」

ルナ。

日本の反響は予想外で驚いているが、「とても嬉しい」と話す。これからもアニメの「低予算版」を作る予定で、日本の「アニメ通」たちにどれを作るべきか教えてほしいという。

「たくさんのアニメを知っているけれど、どの作品を動画にするか選ぶのにいつも悩まされています。本物の『通』たちに、ベストなのを教えてほしいです」

Studio 188はインスタグラムYouTubeで作品を公開している。

原作のオープニングはこちら。


No Picture

【動画】国際女性デー「#わたしを勝手に決めないで」

2019年3月8日は、平成最後の国際女性デー。

誰もが性別にとらわれずに自由に生きられるように。

ハフポストは、そんなバトンを次の時代に渡したいという願いを込めて、動画を作りました。

後日、動画制作の舞台裏について、記事を公開します。

女だから。男だから。

性別を理由に、何かを諦めた経験はありますか?

女だから。男だから。 闘わなければならなかったこと、自分で自分を縛ってしまった経験は?

ハフポストは、平成が終わる今だからこそ、女性も男性も、みんなが性別にとらわれずに自由に生きられる未来を語りたいと思います。 

性別を理由に、何かを決め付けたり、自分で自分を縛ったりしないで。

みんなが自分の可能性を信じて、自由に選べるように。

ハッシュタグ #わたしを勝手に決めないで をつけて、みなさんの声を聞かせてください。


No Picture

一橋大のアウティング裁判、2月27日に判決。遺族はなぜ大学を訴えたのか。

一橋大の法科大学院生の男性(当時25)が学内の建物から転落死したのは、ゲイであることを同級生からアウティング(暴露)されたことが原因などとして、遺族が大学に損害賠償を求めている裁判の判決が2月27日、東京地裁である。

遺族が訴訟に踏み切った背景には、情報を明らかにしようとしない大学側への不信感があった。原告代理人の南和行弁護士が2018年7月、裁判の報告会で明らかにした。


No Picture

凍結した高速道路で車が次々に…玉突き事故の動画が恐怖すぎる

米ミズーリ州カンザスシティの高速道路で、2月15日、大型トラックなど少なくとも11台が絡む玉突き事故が起きた。事故の様子を捉えた動画がTwitterで拡散され、話題になっている。

Unbelievable footage from the pileup on I-70 today. My jaw dropped to the floor first time I saw this video. pic.twitter.com/kKeauYDlfG

— Dante’ Jones (@Dantej21) February 15, 2019

動画は事故に巻き込まれたトラック運転手、Jamon Weaverさんが撮影。地元テレビ局KCTV5の記者がこの動画をツイートしたところ、17日現在で、600万回以上再生されている。WeaverさんはKSNTのインタビューに、「バン、バン、バンと衝突音が鳴り、私は『ああ、もうだめだ』と叫んでいた」などと事故の様子を語った。 

地元メディアの「カンザス・シティー・スター」によると、事故はカンザスシティ南東オークグローブの州間高速道路70号線(I-70)で、2月22日午前11時半ごろに発生。11台が玉突き事故を起こし、1人が死亡、3人がけがをした。

この日、カンザスシティは雪に見舞われ、道路は凍結。ミズーリ高速道路交通警察隊は、外出を控えるよう呼びかけていた


No Picture

米津玄師のLemon、再生数3億突破「日本で公開された映像では前代未聞」(動画)

米津玄師

シンガーソングライターの米津玄師さんが快挙達成だ。

2018年の紅白歌合戦でテレビでは初めて生披露された「Lemon」のミュージックビデオが、Youtubeで日本の動画としては初めての3億回再生を突破した。米津さんが所属するソニー・ミュージックレーベルズがPR TIMESで発表した。

■紅白の生歌唱で話題に

米津玄師さんの「Lemon」は2018年に放送されたテレビドラマ「アンナチュラル」の主題歌。亡くなった祖父への思いを込めた歌詞がファンの共感を呼んだ。

2018年2月27日にミュージックビデオがYoutubeで公開されると、わずか13時間で100万再生を突破し、6日間で1000万再生を記録するなど破竹の勢いで再生数を伸ばしていった。

さらに2018年末の紅白歌合戦で、出身地の徳島県にある大塚国際美術館から生中継で「Lemon」を歌い上げると人気が加速。2019年の2月9日夜に、公開から1年を待たずして3億回再生を突破した。

ソニー・ミュージックレーベルズは「日本で公開された映像では前代未聞となる」と発表している。

米津さんのミュージックビデオは、「Lemon」を含めると5作品が1億再生を記録し、33作品全ての合計再生回数はこれまでに17億4000万回を超えているという。


No Picture

屈強な警官が、地元の子どもたちにコテンパンに負ける。対決する動画が話題に

雪合戦をするアメリカ・ワシントン州デュヴァルの警察官ら

アメリカのCBSが、2月7日にTwitterに投稿した動画が話題になっている。ワシントン州デュヴァルで防御盾をまとった警察が出動する事態が起きたのだが、一体、何があったのか。

動画は、サイレンを鳴らしたパトカーが到着するシーンから始まる。颯爽と降りてきたのは、デュヴァルの街の4人の警官たち。一番前の警官が防御盾を持ちながら一列になり、「No mercy!!(容赦しないぞ!!)」と叫びながら前進する。

COPS VS KIDS: Kids in Washington State were having a snow ball fight when local police officers decided to join in on the fun — resulting in an epic battle ❄️ pic.twitter.com/y0UlE4OsT2

— CBS News (@CBSNews) 2019年2月7日

そこに突然、雪の”弾”が飛んでくる。警官が応戦する強敵は、地元の子どもたち。警察の威信をかけた、子どもたちとの壮絶な雪合戦の動画だったのだ。

10人ほどの子どもたちが警官を迎え撃ち、一斉に雪玉を投げつける。

子どもたちの団結には、さすがの警官たちも敵わないのだろうか。防戦一方となった警官たちは徐々に後ずさり、その場に倒れこんだ。どうやら、子どもたちに軍配が上がったようだ。

普段は街の安全を全力で守る存在の地元警察。警察はたとえ「雪合戦」でも本気で挑むという、なんともユニークな一面を見せた。


No Picture

大坂なおみ選手の「ホワイトウォッシュ」CM 日本に住むアフリカ系アメリカ人はどう感じた?

大坂なおみ選手

テニス・全豪オープンで優勝し、世界ランキング1位となった大坂なおみ選手。1月中旬、大坂選手が所属する日清食品の「カップヌードル」のアニメーションCMが物議を醸した

CM中に登場する大坂選手の肌の色に対し、「ホワイトウォッシュ(非白人を白人のように描くこと)ではないか」と違和感を指摘する声があがったのだ。

この問題はハフポスト日本版が報じた後に海外メディアでも取り上げられ、日清食品はCM動画の公開を停止。謝罪した

一連の騒動について、アメリカ出身のアフリカ系アメリカ人で、2004年から日本に暮らす作家・コラムニストのバイエ・マクニールさんは、「大変失望した」と語る。

バイエ・マクニールさん

■同じルーツを持つ子どもたちに影響する

マクニールさんの友人の黒人女性は日本人と結婚し、2人の子どもがいる。この子どもたちが、今回の騒動を残念がっていたという。

「今回、仮に大坂さんの肌を意図的に白くしたとしたら、彼女の持っているルーツが消し去るべきものなのではないかというメッセージを与えてしまい、子どもたちの内面や今後に影響する」とマクニールさんは危惧する。

■日清の対応はどうだった?

批判を受けて日清が動画を公開中止にしたことに関しては、「理解ができる」としながらも、「日清が想定しているお客さん・視聴者は日本人、あるいは日本社会に住んでいる人だった」と語る。

「世界中の人に対して、きちんとしたCMを流すという意識があったのだろうか」と指摘した。

日清の謝罪文についても、「文書を発表してきちんと今回の件を反省しているということを重く受け止めている」といい、「本当に今後、日清が行動するかを注目している」と話した。

日清がダイバーシティ・人種の問題に取り組む団体の人ときちんと会話をして、次のアクションに繋げることが大事だと述べた。

■国内メディアと海外メディアの反応の違い

今回は、海外メディアの報道が国内よりも先行した。

海外メディアは、CMによって「大坂選手のアイデンティティが汚された」ということを問題視していた。しかし、国内メディアの取り上げ方は主に「海外メディアが批判した」というものであったため、マクニールさんは「遅くなったのも必然」と指摘した。

■今後はどうするべき?

マクニールさんは、今後「日清は変わるべきだ」という。しかし、それは「海外メディアが大騒ぎするから」や「誰かが文句を言うから」というネガティブな理由ではいけないと指摘している。

日本の人口は減り、世界的には人口が増える。「人種や宗教といった様々なバックグラウンドを持った人がどんどん増えていく。仮に、日本が移民を受け入れるようになれば、さらにそのような人も増えるだろう」とマクニールさん。

変わりつつある社会では、日本の企業も積極的に対応を考える必要があるのではないかとマクニールさんは語った。



CLOSE
CLOSE