ASIAN KUNG-FU GENERATION

No Picture

アジカン後藤正文、ライブ会場で子ども用の防音ヘッドフォン貸し出しを宣言 耳を「守って」

後藤正文

ロックバンド・ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文さんが7月18日、自身のブログを更新し、小さい子どもがライブに来場する際、大音量から耳を守るために防音ヘッドフォンや耳栓などを着用するよう呼びかけた。また、今後ライブ会場で子ども用の防音ヘッドフォンの貸し出しも始めるという。

後藤さんは、「アジカンからのお願い」と題したブログを公式サイトに掲載。「最近はライブ会場で未就学や小学生の児童を見かけることが増えました」と、親子連れのライブ参加者について自身の考えをつづった。

「バンドとしては、子どもたちのコンサートへの参加は基本的にウェルカムだということをまずは記します」と前置きした上で、「スピーカーから出る音の音量を考えると、はっきりと子どもたちの耳には良くないことも事実だと思います」と指摘。

2018年6月からスタートしたツアーでは、安全ではない場所から無防備にライブを観る子どもなどを目にし、「いくつかの会場でライブに集中できない事態に遭遇」したという。子どもの入場を規制することについては「なるべく扉を閉じたくない」とつづり、子育て世代にもライブを楽しんでほしいとの思いを吐露した。

今後の対策として、次のツアーから、周りの騒音などを防ぐ効果のあるイヤーマフ(防音保護具)の貸し出しを始めると宣言。また、子育て世代に向けて、子どもと一緒にライブに参加する際は、イヤーマフや耳栓などを用意するよう呼びかけた。

今後、俺たちは次のツアーから、イヤーマフ(子ども用の防音ヘッドフォン)の貸し出しを始めようと思います。けれども、それは忘れた人や、そもそもそうした器具の存在を知らなかった人たち用だと考えてください。また、子どもたちの耳を守る必要性を知ってもらうためにも貸し出しを行います。同時に、児童のイヤーマフの着用を入場時のチェック事項に盛り込むつもりです。

「アジカンからのお願い」, 2018/7/18)

子どもの健康に配慮した決断に対し、Twitterでは、「アジカンの提案、素晴らしいです」など賞賛するコメントが寄せられている。

日本最大のロックフェス「FUJI ROCK FESTIVAL」でも、公式グッズとしてイヤーマフが新たに発売された。20dBの遮音性があり、ヘッドバンドでサイズを調整できるという。20周年を迎えるフジロックでは、近年、子連れの参加者も増えている。

子どもと一緒に安全にライブを楽しみたい人にとって、運営側にこうした配慮が行き届いていることは心強い。

Read More

CLOSE
CLOSE