anime

No Picture

緒方恵美さんの本音に迫る いまの「声優の条件」って?過渡期にある声優ブームの希望と課題

声優界の生ける“レジェンド”緒方恵美さん

たった数百のイスを、一万人以上が取り合う声優業界。

2000年代に入り、世界的アニメブームでオタクと言われたジャンルが市民権を獲得しはじめ、声優が身近に感じられるようになったことで専門学校が一気に増加した。

声優志望者は30万~50万人とも目される飽和状態の中、業界は過渡期を迎えている。

1月17日午後10時からの「ハフトーク」では、声優界の生きる”レジェンド”緒方恵美さんが生出演

1992年に幽☆遊☆白書の「蔵馬」役としてデビューを果たし、エヴァンゲリオンの碇シンジ、カードキャプターさくらの月城雪兎、そしてセーラームーンの天王はるか(セーラーウラヌス)など、名だたるアニメの重要なキャラクターを務めてきた緒方さん。

デビューから常に第一線で活躍を続ける彼女は、今のアニメブームと、声優という仕事の厳しさをどう見ているのか。

声優の仕事ってどう変わった?

90年代まで、声優に会うということはファンにとって至難の業だった。

今のように、声優の写真集がたくさん出ているわけでもない。イベントやライブに声優が出演する機会も限られている印象だったし、大々的なフェスも、ほぼなかった。

役ではなく、声優本人としてテレビでお目にかかることも、少ない。

ラジオを聞き、ファンクラブ会報を心待ちにして、多すぎて読んでもらえるかも分からないファンレターを出していた。

90年代の緒方恵美さんのファンクラブ会報

インターネットが整備され始め、極地的と思われていたアニメファンの世界は、一気に押し広げられていった。アニメのテーマソングやキャラソングはポップミュージックとして受け入れられ、ヒットチャートをにぎわすまでになった。

そしてSNSの登場で、一挙に声優という職業をファンが近くに感じられるようになった。

声優自身の思いが、リアルタイムで流れてくる。地上波やライブDVD、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)以外にも、インターネット番組でたくさんのアニメや番組を享受できる。

ただ、この怒涛の時代変遷に巻き込まれるように、声優という職業は変わっていったようにも見える。

仕事の上で、ファンとの交流や「ファンサービス」の比率も大きくなっていった。

声優も映像にセリフを吹き込み、画面越しに声を届ける存在から、自身が露出していく存在になり、イベントやグラビア、バラエティ番組などに出演するようになった。

そんな変化を牽引してきた声優の1人が緒方さんだ。冒頭で紹介したような名だたるアニメの重要キャラクターを務めてきた緒方さんは、率先して「声の仕事」以外に取り組んできたパイオニアでもある。

平成が始まったころと、現在では声優の育成環境や、働く環境はどう違うのか。

いま声優は、ファンとの交流や告知などのためにTwitterのフォロワー数も重要視されている面がある。役のオーディションなどにおいて、Twitterアカウントを開設しているかや、フォロワー数が一つの指標に加えられたり、男女ともにアイドルとしての要素を求められたりすることもある。

声優として生きていくうえで、緒方さんはこうした変化をどう受け止めているのだろうか。

「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ…」逃れられないSNSの面倒くささ、どう思う?

緒方さんも東日本大震災を機にSNSを始め、積極的に発信している。ただTwitterでは、短い言葉で意図が伝わらず、”炎上”してしまうこともある。

匿名のツールでもあり、攻撃的な声を向けられることも少なくない。社会的な話題に触れたら「政治的なことを話してがっかりした」「勉強したのか」などと言われ、どのようなスタンスを取っていても批判されることがある。

ファンに生の声を伝えられるようになった一方で、時事問題についての率直な意見を言うことの難しさについて、どう考えているのだろうか。

【ニュース番組「NewsX」 1月17日の放送内容(予定)】

・dTVチャンネルにて生放送

・質問やご意見は、「#ハフトーク」でツイートしてください。

ゲスト:緒方恵美さん(声を使う仕事を中心によろずエンタメ屋)

出演者:竹下隆一郎(ハフポスト日本版編集長)、

番組はこちらから。

視聴方法がわからない方はこちらをご参照ください。

■番組視聴の手順(dTVチャンネルの会員ではない方)

番組URLをクリック

②31日間無料おためしをクリック(2回出ます)

③dTVチャンネルを申し込むをクリック

この先については、ドコモの携帯をお持ちの方、お持ちでない方によって手順が違うので、手順に従って行ってください。

※会員登録後、31日間無料で視聴ができます。

Read More

No Picture

『けものフレンズ3』の開発発表にファン歓喜「無限に楽しみ」 スマホアプリとアーケードゲームで

「けものフレンズ3」公式サイト

セガゲームスとセガ・インタラクティブは1月12日、大人気コンテンツ「けものフレンズ」の最新作として、スマートフォン向けゲーム「けものフレンズ3」とアーケード向けゲーム「けものフレンズ3 プラネットツアーズ」を開発していることを発表した

Twitter上ではファンから「無限に楽しみだから早く」と急かす声があがっている。

「けものフレンズ」は、人間化した動物たちの暮らしを描くコンテンツで、アプリや漫画、アニメなど、幅広く展開している。

今回の発表に合わせて、ゲームの事前登録の受付も開始。事前登録者の数に応じて「豪華特典」がプレゼントされるという。

また、1月14日からテレビアニメ「けものフレンズ2」の放送が開始することから、「けものフレンズ3」のTwitter公式アカウントでは、「\けもフレ2放送直前に!/\けもフレ3電撃発表!!/」と投稿。

\けもフレ2放送直前に!/ \けもフレ3電撃発表!!/ セガが送る『けものフレンズ3』
アプリ版&アーケード版同時制作中! 事前登録も開始!! このアカウントをフォローして完了♪ 是非フォロー&リツイートして下さい★ ▼公式サイト https://t.co/3IAprqbKIc#けもフレ3#けものフレンズpic.twitter.com/IdcZI5FBhp

— けものフレンズ3@公式アカウント (@kemono_friends3) 2019年1月12日

発表に対してファンたちからは、「けものフレンズ3無限に楽しみだから早く」や「楽しみなのでーす!事前登録完了」など、期待の声が寄せられている。


No Picture

史上初 男の子プリキュア誕生 シリーズ放送開始から15年

若宮アンリ

テレビ朝日系列などで毎週日曜に放送中のアニメ「HUGっと!プリキュア」42話(12月2日放送)で、シリーズ史上初となる「男の子のプリキュア」が誕生した。名前はキュアアンフィニ。

同作は2018年2月の放送開始以来、真正面からジェンダーに切り込む内容が注目を集めていた。

「プリキュア」は小学生以下の女の子を中心に人気のアニメ。少女がプリキュアという名前の戦士に変身して敵と戦う設定は一貫しているが、登場人物やストーリーはシリーズによって異なる。

2018年は放送開始から15周年に当たり、「HUGっと!プリキュア」はその節目のシリーズだった。

変身したのは、主人公の少女らと同じ学校に通う男子中学生で、世界的なフィギュアスケーターでもある若宮アンリ。フランス人の父親と日本人の母親を持つ。

これまでの登場回で若宮アンリは「似合ってれば問題ないでしょ」とドレスをてらいなく着こなしたり、”男らしい”振る舞いを強いてくる同級生男子に「自分で自分の心に制約をかける。それこそ時間、人生の無駄」と応じたりと、その言動がTwitter上などで話題になっていた。



No Picture

「ラインハルト様、なにやってんすか…」と大反響。パピコと銀河英雄伝説のコラボが斜め上すぎる(動画)

江崎グリコ(本社・大阪府)は11月9日、人気アイスクリーム「パピコ」と、SF小説が原作で1988年から2000年に放映されたアニメ「銀河英雄伝説」がコラボしたWEB動画「銀河エエ湯伝説」を公開した

動画は、お風呂上がりの忙しさに疲れた女性を、銀河英雄伝説の主要キャラクターの1人であるラインハルトがパピコによって癒すというストーリー。

ラインハルトの登場シーン

作品内では、宇宙を舞台に戦う原作をモチーフにしてパピコが戦艦のように連なり、宇宙を駆け、ビームを出すという異様な仕上がりとなっている。

ビームを出すパピコ

パピコと銀河英雄伝説という、まったく想定外のコラボはネット上で話題となった。

なぜこのような組み合わせとなったのか、江崎グリコの担当者に取材した。

担当者によると、今回の動画は30代から50代の男女を狙ったもの。

この世代に人気のあるアニメの中でも、銀河英雄伝説は宝塚歌劇で演じられたり、2018年にアニメがリニューアルされたりと話題に事欠かない。

2019年には映画も公開されるので、「話題性があると考えた」と語った。

「お風呂上がり」という設定については、秋から冬にかけて寒くなるとアイスクリームのイメージが薄くなる。

この季節に冷たいアイスを食べてもらうために「体が熱くなるお風呂上がりを狙った」という。

今回の意表を突くコラボについて、Twitter上では「リスペクト半端ないけどカオス」や「ラインハルト様、なにやってんすか…」など、原作ファンを中心に反響を呼んでいる。

ハフポストの最新記事はこちら


岡田将生が『昭和元禄落語心中』で主演。 ドラマ化は「生半可な気持ちではできない」

累計190万部を売り上げ、若者たちを中心に「落語ブーム」を巻き起こした雲田はるこさん原作の漫画「昭和元禄落語心中」ををドラマ化することをNHKが発表した。主人公の有楽亭八雲を演じるのは、俳優の岡田将生さん。NHK総合で10月12日から放送開始予定だという。

ただいま発表になりました。落語心中をNHKドラマにしていただくことになりました。嬉しいな!放送開始は今秋10月12日(金)夜10時。

落語のことを、みんなのことをまたご贔屓ご鞭撻のほど😊✨ pic.twitter.com/BdcgGd06m0

— 雲田はるこ (@KUMOHARU) 2018年7月4日

昭和を舞台にして、友情、ライバル、恋愛、家族、そして芸の道を描く本作は、本格的な落語が魅力の一つだ。シリアスで、時に泣ける人間模様は、それ自体が、まるで落語の人情話のようだ。

高度な芸が求められるこの役に挑戦する岡田さんは、「今、絶賛落語の稽古中」だという。今回の発表に際し、以下のようなコメントを発表した。

「このドラマのお話を頂いたときは正直迷いました。生半可な気持ちではできませんし、本当にこの作品の為に落語を知り、落語を愛さないとできないと思ったからです」

「しかし、僕が演じさせて頂く八雲という人物に、どんどん興味が沸き演じてみたい、やりたいと思う気持ちが強くなり、この役と心中したいと思いました。今、絶賛落語の稽古中です。知れば知るほど好きになっています。ぜひ楽しみに待っていてください」

他のキャストは?

岡田さんの他に、実力派俳優の出演が決定している。

与太郎:竜星涼さん

助六:山崎育三郎さん

小夏:成海璃子さん

みよ吉:大政絢さん

脚本は連続テレビ小説「マッサン」の羽原大介さん、演出にはAmazonPrimeで人気を博した「東京女子図鑑」のメガホンをとったタナダユキさんが名を連ねた。

監修は、「チケットが取れない落語家の1人」と名高い柳家喬太郎さんが務める。

「昭和元禄落語心中」とは?

女性向けマンガ誌「ITAN(イタン)」(講談社)で連載された雲田はるこさんの漫画。昭和の落語界を舞台に描く本作は『第17回 文化庁メディア芸術祭』マンガ部門優秀賞、『第38回 講談社漫画賞』一般部門受賞するなど、落語ファンのみならず多くの人々からの支持を得ている作品だ。

2016年、2017年にテレビアニメ化されると、山寺宏一さん、石田彰さんさんら声優陣が演じる本格的な落語が大きな話題を呼んだ。当時、落語寄席などに足を運ぶと、色々な噺家が「『落語心中』で落語を有名にしていただきまして…」などとユーモアを交えて語っていた。

桂歌丸さんの訃報で落語ファンに悲しみが走ったが、こちらは明るいニュースとなりそうだ。


CLOSE
CLOSE