aisukurimu

No Picture

松本薫さん「ダシーズ」を開店、念願のアイス店の夢は「多くの方に笑顔になってもらう事」

元女子柔道選手の松本薫さんが2月12日、念願のアイスクリーム店「Darcy’s(ダシーズ)」をオープンさせた。取材に訪れた数十人の記者団を前に、「多くの方に笑顔になってもらう事」と抱負を語った。

アイスクリーム作りを本格的にスタートする、ロンドンオリンピック金メダリストで元柔道女子の松本薫さん。

松本薫さんは、ロンドンオリンピック女子柔道57kg級で金メダルを獲得。「野獣」の愛称で親しまれ、東京五輪への出場を目指していたが、2018年11月に引退を決意。2月7日の引退会見で、松本さんは「第二の人生は、アイスをつくります」と宣言し、世間を驚かせていた。

自身がプロデュースする店舗は、東京都新宿区の東京富士大学の構内にオープン。松本さんが所属するベネシードの関連会社が運営し、松本さんは店舗のコンセプト作りや商品開発に関わり、店員としても働く。オープン初日の12日は、カップ容器にシールを貼る作業に勤しんだという。

「ダシーズ」は、罪悪感(ギルト)なく食べられる「ギルトフリーなアイスクリーム」をコンセプトに、アレルギーを持つ人や、ヴィーガンの人も安心して食べられるアイスを毎日手作りで届ける。

店名の由来は、日本の「出汁」から来ており、日本のだし文化を海外に広めたいという願いが込められている。

乳製品、白砂糖、グルテン(小麦などに含まれるタンパク質)、トランス脂肪酸は使用せず、代わりにてんさい糖、ココナッツミルク、オーガニックチョコレート、グルテンフリーのクッキーなどを使用する。

2月12日オープンした「ダシーズ」のアイスクリーム・ココナッツミルクチョコクッキー

ハフポスト日本版スタッフが実際に食べてみたリポート動画は、こちら。

オープンに先立ち今後の夢を問われた松本さんは、

「多くの方に笑顔になってもらう事。今までは柔道を通して笑顔になってもらう事はあったんですけど、今度は自分のスマイルで、そして自分たちが研究したもので、笑顔になってほしい」

「2020年、(東京)オリンピックの時は世界中の人が来てくれると思うので、いいものをつくっているという事を知ってもらえれば」と語った。

——-

現役時代は鋭い眼光で試合に臨む姿が印象的だったが、アイスについて想いを語る時の松本さんの表情は終始笑顔だった。大好きなアイスを通じて、世界の人を笑顔にするという「第二の人生」が、幕を開けた。

Read More

No Picture

「ダシーズ」とは? 松本薫さんが勤めるアイスクリーム店が2月12日正午オープン

「第二の人生なんですが、アイスクリームつくります」

ロンドンオリンピックの金メダリストで女子柔道選手の松本薫さんは、2月7日の引退会見でアイスクリーム店を開くことを高らかに宣言した。どんなお店なのか。調べてみた。

ダシーズのアイスクリーム。公式Facebookより

店名は「Darcy’s(ダシーズ)」。2月12日正午、東京・高田馬場の東京富士大学の5号館1Fにオープンする。松本薫さんが所属するベネシードの関連会社が運営するという。

ダシーズの関係者によると、松本さんは店のコンセプト作りや商品開発に関わり、実際に店員としても働く予定だ。

同日オープンした公式サイトによると、ダシーズでは罪悪感(ギルト)がなく食べられる「ギルトフリーなアイスクリーム」をテーマに、アレルギーを持つ人や、ヴィーガンの人も安心して食べられるアイスを毎日手作りで提供。公式Facebookによると、出汁をテーマに日本の味を追求するという。

具体的には、乳製品と白砂糖とグルテン(小麦などに含まれるタンパク質)、トランス脂肪酸は使わない。代替えとして、ベースとなる甘味は、てんさい糖。ココナツミルクとオーガニック材料のチョコレート、グルテンフリーのクッキーなどを使用する。

松本さんは7日の会見で「もっとみんなを笑顔にできるアイスクリームがあったら」という視点で開発したと話していた。

引退記者会見で、笑顔を見せるロンドン五輪柔道女子金メダリストの松本薫さん=2月7日、東京都渋谷区


No Picture

「ラインハルト様、なにやってんすか…」と大反響。パピコと銀河英雄伝説のコラボが斜め上すぎる(動画)

江崎グリコ(本社・大阪府)は11月9日、人気アイスクリーム「パピコ」と、SF小説が原作で1988年から2000年に放映されたアニメ「銀河英雄伝説」がコラボしたWEB動画「銀河エエ湯伝説」を公開した

動画は、お風呂上がりの忙しさに疲れた女性を、銀河英雄伝説の主要キャラクターの1人であるラインハルトがパピコによって癒すというストーリー。

ラインハルトの登場シーン

作品内では、宇宙を舞台に戦う原作をモチーフにしてパピコが戦艦のように連なり、宇宙を駆け、ビームを出すという異様な仕上がりとなっている。

ビームを出すパピコ

パピコと銀河英雄伝説という、まったく想定外のコラボはネット上で話題となった。

なぜこのような組み合わせとなったのか、江崎グリコの担当者に取材した。

担当者によると、今回の動画は30代から50代の男女を狙ったもの。

この世代に人気のあるアニメの中でも、銀河英雄伝説は宝塚歌劇で演じられたり、2018年にアニメがリニューアルされたりと話題に事欠かない。

2019年には映画も公開されるので、「話題性があると考えた」と語った。

「お風呂上がり」という設定については、秋から冬にかけて寒くなるとアイスクリームのイメージが薄くなる。

この季節に冷たいアイスを食べてもらうために「体が熱くなるお風呂上がりを狙った」という。

今回の意表を突くコラボについて、Twitter上では「リスペクト半端ないけどカオス」や「ラインハルト様、なにやってんすか…」など、原作ファンを中心に反響を呼んでいる。

ハフポストの最新記事はこちら


CLOSE
CLOSE