飛行機


No Picture

前輪が出ない…。ミャンマーで緊急トラブルに見舞われた飛行機を、パイロットが無事に着陸させる(動画)

ミャンマーで、前輪が出ないトラブルに見舞われた航空機を機長が無事に着陸させ、大勢の命を救ったヒーローとして話題になっている。

飛行機を操縦していたのは、ミャンマーの国営航空会社「ミャンマー・ナショナル航空」のパイロット、ミャ・モー・アウン機長だ。

ミャ・モー・アウン機長が操縦する飛行機は5月12日、ミャンマーのヤンゴンの空港からマンダレー国際空港に向かっていた。ミャ・モー・アウン機長は着陸前に、前輪が出せないことに気がついたという

ロイター通信によると、機長は空港の上空を2回旋回して、コンピューターシステムと手動の両方で、前輪を出そうと試みた。

しかし二度とも失敗に終わったため、緊急時の対応手順に沿って機体を軽くするために燃料を燃やした。

その後、後輪から滑走路に着地し、飛行機の頭を地面につけて横滑りさせながら、機体を無事に止めた。

#MNA (Embraer 190) #Yangon#Mandalay this morning, landing at the #Mandalay airport – Nose Lansing Gear failure on landing. Flight Capt. has done the amazing job. #Myanmarpic.twitter.com/7dDzSIs13V

— Cape Diamond (@cape_diamond) May 12, 2019

AFP通信によると、飛行機には7名の乗務員を含む89名が乗っていた。乗客の一人が「着陸時に機内には煙が立ち込めたが、けが人はいなかった」と語っている。

ミャンマー・ナショナル航空も、けが人はいなかったと報告している

ミャンマーの運輸・通信省の事務次官ウィン・カーン氏は、「パイロットは素晴らしい仕事をしました」とミャ・モー・アウン氏の判断と操縦技術を賞賛した。

after the landing … pic.twitter.com/gii2BKNvNA

— Cape Diamond (@cape_diamond) May 12, 2019

Capt. Myat Moe Aung shaking hands with #Mandalay Chief Minister after the landing. #Myanmarpic.twitter.com/1cHsYx4W63

— Cape Diamond (@cape_diamond) May 12, 2019

「着陸後、マンダレー市長と握手するのミャ・モー・アウン機長」

ミャンマーでは5月8日に、ヤンゴンの空港でビーマン・バングラデシュ航空の旅客機が着陸時に滑走路を外れ、11人が負傷する事故が起きたばかりだった。

今回トラブルが発生したエンブラエル190型機は、今後原因を調査するという。

ハフポストUS版の記事を翻訳・編集しました。





突然の病気やケガの場合、飛行機のキャンセル料はかからないって知ってた?

航空券のキャンセル

大型連休と言えばやっぱり旅行!家族みんなで飛行機に乗ってどこかに出かけるってすっごくワクワクしますよね。 だけど体調がコロコロ変わってしまうのが子供という生き物。旅行目前の子供の病気やケガで予定してた旅行に行けなくなって […]


No Picture

ユナイテッド航空 予約時の性別に男女以外の選択肢を追加

米ユナイテッド航空が、アメリカの航空会社で初めて、予約時の性別欄に男女以外の選択肢を追加した。

新たな性別選択では、M(男性)、F(女性)に加え、U(未公開)、X(指定なし)が選択できるようになった。ただし、選択する性別は、自分のパスポートかIDと一致している必要がある。(アメリカでは、州によって第3の性を選択する事ができる)

ユナイテッド航空ウェブサイトの予約ページのスクリーンショット

Fly how you identify. Our new non-binary gender options are now available.

— United Airlines (@united) March 22, 2019

「ユナイテッド航空は、LGBTに対する包括性において業界のリーダーでありたい。アメリカの航空会社で初となる包括的な選択肢をみなさんに提供できることがとても嬉しい」とチーフ・カスタマー・オフィサーであるトビー・エンクビスト氏はプレスリリースで語った。

「お客様が自分の性別をどう認識していようと、私たちが彼らを大切に思っている事を表現できる事を嬉しく思います。それと同時に、すべてのお客様とスタッフが快適に過ごせるよう、更なる研修をしていきたい」

国土交通省航空局航空事業課の担当者によると、日本でこのような取り組みを実行している日本の航空会社は現時点で把握していないという。


No Picture

旅の最後に素敵なメッセージが…!また北海道に来たくなる新千歳空港のお見送りとは

みなさん、突然ですが北海道って最高ですよね!私も昨年旅行でおとずれましたが、魚介にお肉に野菜にスイーツ、本当に何を食べても美味しくて、まるで楽園に来たかのようでした。 そんな素敵な北海道、一度行ったら…



No Picture

リスがラジコンをハイジャック 焦るおじいちゃんを翻弄、鮮やかな手口の裏側は

すちゃっ

可愛らしいリスのとんでもない動画が、Twitterで話題になっている。

動画は、hobbywarsさんが2013年12月に投稿したもの。リタイア後の趣味に、ラジコン飛行機の制作や操縦を楽しむおじいちゃんに、悲劇が降りかかった。

動画は、お気に入りのラジコンを自慢げに披露するおじいちゃんの上機嫌な様子から始まる。

「運転席にはカメラが付いているんだ」とか「マニュアルコントロールもお手の物」といった具合に、約1分ほど熱く語っている。

自慢げにお気に入りの機体について語るおじいちゃん

そんなおじいちゃんが遠隔操作をしようと機体から離れた瞬間、事件は起きた。

空席になった小さな操縦席を狙う不敵なリスが近づいてきた。

近づくリス「へっへっへっ、無防備な操縦席だな」

次の瞬間、なんとリスは操縦席をハイジャックしてしまったのだ。

すちゃっ

飛行機の操縦を始める前に、忘れ物を車に取りに戻りるおじいちゃん。ふと機体の様子を見ると、すでにリスがハイジャックを済ませ、すぐにでも飛び立とうとしている。

ちょ、ちょ待って~!!

おじいちゃんは車のドアを閉めるのも忘れて「ちょっと待って~!」とばかりに走り出したが、快走むなしく機体はお空の彼方へ。

さよならマイプレーン

おじいちゃんが自慢したように、操縦席のインカメラはばっちり飛行機を操るリスの姿を映していた。

リスは意外にも危なげなく飛行機を乗り回し、動揺するおじいちゃんを翻弄。きょろきょろしたり顔をひっこめたりしながら、アクロバティックに動く飛行機を楽しんでいる様子だ。

風が気持ちいいぜ

好き勝手におじいちゃんの飛行機をもてあそんだリスだったが、墜落することなく無事に着陸。走ってきたおじいちゃんに気が付いたのか「やべっ」と逃げていった。

あ、おじいちゃん来るぞ。逃げるわ

リスも無事に降りることができ、おじいちゃんの大事な飛行機も無傷で戻った。ホッと胸をなでおろした視聴者も多かっただろう。

え、これ本物?

あまりの出来の良さに、動画のコメント欄には「これ本物?」「リスは役者なんじゃないの」といった声も。

そう、実はこのおじいちゃん自作の飛行機を自慢しつつ、リスのハイジャック動画を合成で作成し、みんなを楽しませていたのだ。おじいちゃんは2014年3月、取材したデイリーメールに対し「みんなが笑える何かを必要とする日があるから、ビデオを投稿しているんだ」と答えた

このチャンネルでは、青い飛行機を乗っ取られる動画以外にも、ドローンを乗っ取られたり、赤い複葉機を乗っ取られたり。

リスが乗っ取ったドローンに追いかけられるおじいちゃん

複葉機に乗り込むリス

時には人と同じくらいの大きさの紙飛行機を飛ばすチャレンジもしていた。

そんなおじいちゃんは、デイリーメールに「もうリタイアしているから、飛行機を作る時間も動画を撮る時間もたくさんあるんだ。傑作はまだこれからだよ!」と話している。引退後の趣味として、こうした動画やクラフトを見てもらうのが楽しみになっているようだ。

【Squirrel Steals Airplane】


CLOSE
CLOSE