雑誌

No Picture

『Badi』編集部かく闘えり。惜しまれつつ25年の歴史を閉じたゲイ雑誌

2019年1月、惜しまれながら休刊となったゲイ雑誌『Badi』。

雑誌『Badi』最終号

1993年に創刊した同誌は、当時の代表的なゲイ雑誌『薔薇族』を部数で抜き去り、その後のゲイシーンを牽引してきた。

「僕らのハッピー・ゲイライフ」というキャッチコピーを掲げ、ゲイのライフスタイルに大きな影響を与えた同誌だけに25年間の歴史には、多くの物語が生まれた。

初期からスーパーバイザーを務め同誌の立役者となった元編集長の小倉東さんや、長く連載していた漫画家の田亀源五郎さんのほか、同誌編集部が輩出したマツコ・デラックスさんやブルボンヌさんのような著名人も活躍している。

出版業界の斜陽化が進み、インターネットやSNSの普及によって雑誌というメディアの存在価値が本格的に問われはじめて以降、ゲイ雑誌『Badi』はどう闘ってきたのか。実際に現場を見つめてきた“最後の編集長”、村上ひろしさんに話を聞いた。

2019年「ゲイコミュニティの未来へ」

——25周年記念号となる2019年1月号は「ゲイコミュニティの未来へ」と題して多くの人のインタビューを載せていましたね。

普段よりページも増やして、手のかかるインタビュー記事を何本も入れたので進行は本当に大変でした。

——マツコ・デラックスさんや小倉東さんやといった『Badi』の編集に携わっていた人をはじめ、ライバル誌だった『薔薇族』元編集長の伊藤文學さん、『G-men』元編集長の長谷川博史さんも登場。今まで表に出てこなかったオーナーさんが登場したことも話題になりました。まさに渾身の一冊だったと思いますが、この時点ですでに休刊は決まっていたのでしょうか?

この時点ではまだ決定はしていません。

ただ、数年前から休刊について考えていましたし、編集部内では半年ほど前から相談もしていました。ですから思い入れを込めて作ったことは確かです。読んだ人から、「まるでもう雑誌が終わっちゃうみたいな特集だね」といわれましたね。

 

地方の本屋で見つけた『Badi』に憧れて上京

——そもそも、村上さんはどのような経緯で『Badi』編集部に入ったんですか?

僕は地方の出身なんですけど、上京したのは『Badi』に入りたかったからなんですよ。中学の頃に田舎の本屋でゲイ雑誌を見つけて、じつは……今だから告白しますけど、モラルとして良くないことをしました……。買うのが恥ずかしかったから。

でも半年くらいしたら監視カメラが付けられて、このままだと捕まると思ったし、本屋さんに申し訳ないことをしていたと気づいてやめました。

自分がゲイであることは受け入れていたけど、それが世の中に受け入れられないだろうということは薄々感じていました。

——1983年には『薔薇族』を万引きしたのを店員に見咎められた高校生が、書店のビルから身を投げて自死する事件も起きています。スーパーバイザーの小倉東さんは「子どもの頃に『薔薇族』を万引きしたことがあって、『Badi』は万引きしなきゃいけないような後ろ暗い雰囲気じゃない雑誌にしたかった」と語ってらっしゃいました。

まあ結局、僕は良くない方法で手に入れて読んでいたんですけどね。でも当時はまだ『薔薇族』や『さぶ』もあって、その中ではやっぱり『Badi』が面白かった。

それで、この編集部に入ったら楽しいだろうな、ゲイライフを満喫できるだろうなと思ったんです。ゲイバーとかゲイのクラブに1人で行く勇気はないけど、仕事だったら行けるな、みたいな(笑)。

『Badi』への思い入れは強かったです。じつは入社後に2回、編集部を辞めてまた復帰してるんです。そのうち1度はオーストラリアへの語学留学を決めていて、渡豪の3日前に「戻ってきて編集長をやってくれないか」って言われたんですよ。留学費用も払い込み済みだったからさすがに悩みました。

お世話になっている方に相談したら「語学留学はいつでも出来るけど、編集長になるチャンスはなかなかないよ」って言われて。大きな決断をして編集長になったこともあって、『Badi』のためだったらなんでもやろうっていうつもりで働いてきました。

デザイナーとしての感性でこだわったビジュアル

——2006年に入社されて2011年からは編集長を務めてらっしゃいますね。編集長になってからは、どんな方針で誌面作りをされていましたか?

もともと僕はデザイをやりたくて入社したので、アートディレクションにはこだわりがあっていろいろ変えました。

たとえば表紙をマットな印刷にしたり、紙質をインクの乗りがいいザラザラしたものに変えたり。そういうところにこだわりたい性分なんです。

内容的には、今のゲイがどんなことを考えているのかをビジュアルで見せたいと思いました。そのためにカメラマンもかなり入れ替えています。

商業誌らしい誌面にしたかったんです。自分がデザイナーなのでまずビジュアルから入るんですよ。僕自身が、どんなに内容が良くてもデザインが良くなければ読まないというタイプなので。

 

一人ひとりが責任者になったことで生まれた変化

担当者が好きなように悩みながらもやり続けた結果、2年くらいの歳月を経てTwitterでトレンド入りするなど各ニュースサイトなどで話題に。

――他に、どんな工夫をしたのでしょうか?

編集体制も変えました。雑誌というのはカメラマンがいて、デザイナーがいて編集がいてと、多くの人が関わって出来上がるものです。自分1人では作れない。

でも、僕には編集長としてみんなの意見をまとめる力がないと思ったんです。それで僕がみんなに言ったのは、「それぞれの担当スタッフが責任者としてやりたいようにやってください」ということでした。

以前は、ひとつの企画について2、3人で会議をして動いていたのですが、スタッフが少なくなってそれが出来なくなったこともあります。アダルトページを作る人、ライフページを作る人、特集を作る人、インタビューをする人と、各担当がその人の責任で動く体制にしました。

——一時期からの『Badi』は表紙のコピーがかなりユニークになったと話題になりました。これもそういった体制の中で出てきたことなんですね。

あれはアダルトページの担当者に「もう自由にやれば」って言った結果なんです。それまで表紙にいろいろな制約を設けていました。書店で買いやすくするために、表紙では脱がない、過激な文章は載せない、というように。でも、もう、そういうことより楽しさを優先させていい時代かなと思ったんです。

作り手としては、『Badi』はバラエティ雑誌でありたいと思っていました。LGBTムーブメントでゲイが可視化されるなかで、当たり前な存在になってきた。

そうするとゲイであっても何か情報が欲しい時に、特にゲイ雑誌じゃなくてもいいんじゃないかと思えてくる。ファッションの情報を知りたければゲイ雑誌のファッションページを読むのではなく、ファッション誌を買えばいい。

ゲイ雑誌の意味を考えたときに、「正直、なくていいよね」と思えてしまう。そういうなかで、『Badi』じゃなければ出来ないことは何かと考えて、「ゲイが読んで楽しいことをまとめたバラエティ誌」というスタンスを意識したんです。

大きな変革の第一歩となった大判化

——アダルト誌はネットに需要を奪われて軒並み苦戦していますが、『Badi』は初期の頃から「僕らのハッピー・ゲイライフ」などのキャッチを掲げて、ライフスタイル誌の側面を打ち出していました。休刊ではなく、更にライフスタイル誌に寄せていく選択肢もあったように思います。

それは考えましたし、ライフスタイル誌に寄せていく方向性は以前からありました。たとえば判型を変えたのもそうです。創刊当初は(一回り小さい)A5判で、いかにもアダルト誌という体裁でした。

昔のゲイ雑誌は一般の書店で平積みされることがなかったので、判型の大きさより、背表紙に厚みがあることのほうが大事でした。その方が棚に差さっている時に目立ちますから。

ですから、2009年にB4判へと大判化し一般誌としてのイメージを打ち出したことは大きな変革でした。(会社の)オーナーは古くからゲイ業界にいる人でもあり、当初この変更に大反対だったんです。

最終的には現場で編集している者の声を尊重するということで納得してくれました。この後、オーナーは現場から少し距離を取って編集部を見守るスタンスになり、編集者もかなり入れ替わったために誌面刷新が進むことになります。

とはいえ、読者アンケートを見ると、やはりアダルトページがあっての『Badi』であることも確かなんです。ただ、アダルトDVDの紹介ページはそれも含めてライフスタイルと読者に受け止められているように思います。

ゲイがオープンになっていく時代

——時代の変化という面では、『Badi』に携わってきたなかで、肌感覚としてどのようなことを感じられましたか?

取材をしていると、昔は「カミングアウトしてないので顔出しはNG」っていう人が多かったんですが、最近は、「顔出し自体はいいけどSNSで拡散されるから嫌だ」っていう人が多くなりました。

ゲイであることをオープンにしている人は増えましたね。カミングアウトについて質問すると「そんな質問してどうするんですか?」って逆に聞かれることもありました。「え、普通じゃないの?」って。そういう時には、自分たちも歳を取ったなあと感じました(笑)。

それは休刊にいたった理由のひとつでもあります。新しいスタッフを募集してもなかなか集まらないし、自分たちは若い世代の感覚とちょっとズレてきている。がんばって続けていくのも限界があるな、と。

数年前から、終わるタイミングを見極めてる部分はありました。

——スタッフが減ったとおっしゃっていましたが、募集しても応募がないんですか?

若い人が入ってきてもすぐに辞めてしまうんです。これは新しい働きかたが広まったということもあると思います。自分が入った頃には(編集部の人数は)20数人だったのが、最後は5人でした。

一番、大きい変化は、これは悲しいことですけど若いゲイの子と話している時に「『Badi』って何?」って言われることが多くなったことですね。

——『Badi』を知らないゲイ当事者がいるのは、確かに大きな変化かもしれません。昔は、情報が少なかったからゲイ雑誌に頼る部分が大きかった。

情報の入手先が増えてゲイ雑誌がいらなくなってきたということは、全体から見ればいい流れだとは思うんですよ。ただ、ずっと読んできてくれている読者もいるわけです。そういう人たちはすでに50代、60代なんですね。

その世代がネットを使わないわけではないんですけど、やっぱり紙にこだわりがあります。紙に印刷された情報のほうが安心するみたいな。

その世代に合わせた誌面で続けて行くこともできたかもしれませんが、やはり限界がある。限界が来るものにこだわるよりは、ここで一度、リセットして新しい可能性のために努力したほうがいいと判断したわけです。

『Badi』がなくなると困るという年代の人も含めて、みんなで一緒に新しいことに挑戦しようよ、と。25年間続いた雑誌だからこそカッコ良く終わらせたいという気持ちもありました。

変化を嘆くより新しい物を作りたい

——『Badi』編集長として、ゲイ・コミュニティの変化を見つめてきたわけですが、これからどうなっていくと思いますか?

LGBTが当たり前になることで、ゲイ・コミュニティも変わっていくでしょうね。ゲイタウンである新宿2丁目は、ストレートの人たちも訪れるようになったりと、現に変わってきています。

それは古くからのゲイ・カルチャーに親しんでいる人には淋しいことなのかもしれない。自分も新宿2丁目という街に育てられたようなところがあるので愛着もあります。

でも、LGBTが当たり前の存在になっていくなかで変化するのは仕方ないことだと思うんです。嘆いているよりは新しい発想で新しい物を作るほうがいい。

僕自身が『Badi』に救われたという思いもありますが、『Badi』を必要としない時代をこれから作っていくことが大事なんじゃないでしょうか。

(取材・文:宇田川しい、写真:坪池順、編集:笹川かおり)

Read More



No Picture

今となっては絶滅危惧種!? 集英社の少年誌『DUNK』【創刊号ブログ#3】

創刊号表紙

「少年誌」というカテゴリーは21世紀の今、絶滅危惧種に指定されるだろう。まだPCもスマートフォンもない昭和の時代の少年は、こうした雑誌で日々の憂さ晴らしをしていた。

 出版社の雄(というものが存在するかどうか定かでもない現在だが)、集英社から1984年にリリースされたのが「ボーイズの情報大図鑑」『DUNK』。大変残念ながら、プロ・バスケットボールなどで時折見られる豪快な「ダンクシュート」とは、縁も所縁もない。

 この雑誌名、もともとは日本語で「男区」と書く。これを「ダンク」と読ませ、英語表記に置き換え、「DUNK」で商標を取得したようだ。雑誌の世界とは、そんなダジャレのような命名が許された牧歌的な、いや雑誌がメディアの王様のような時代があった。

 

 実はこの『DUNK』、業界ではよくありがちな「二匹目のどじょう」だ。

 出版界では、真新しいコンセプトの雑誌が「当たる」と、他出版社からも類似雑誌が発行され、その「当たった」パイを奪い合う構図になるのが、ほぼ常識だった。

 ちょっと年配の方なら「写真週刊誌」というジャンルをご記憶だろう。新潮社から『フォーカス』がリリースされると、写真を主体としたタブロイド型の週刊誌がジャンルとして確立。講談社から『フライデー』、光文社から『フラッシュ』、学研から『テーミス』、文藝春秋社から『エンマ』、小学館から『タッチ』と続々と創刊された。

 このうち現在も生き残っているのは、トップランナーだったフォーカスではなく、フライデーとフラッシュである点は非常に興味深い。

 最近では「ちょいワル」で名を挙げた『LEON』に続く、オジサン向け男性誌群が思い当たる。

 『DUNK』は、学研から発行されていた『BOMB!』の二番煎じ。

 少年向け…といえばその頃、「学習誌」というのがしかるべき方向性であり、少年は余計な関心事などに脇目も振らず、学術に勤しむべきだった(もちろん、そんなわけもないのだが)。

 そのため、当時も『明星』などのアイドル誌は存在したが、やはりそれらは女の子読者向けであり、男の子が買って読むものではなかった。それを少年向けに作ってみせたのが、「学習と科学」で名高い「学研」だったのだから、少々興味深い。

 振り返ればこの隙間は確かに存在したはずだ。エロ雑誌でもない、大人の男性誌でもない、ヌード雑誌でもない。おかんに見つかったとしても、雷を落とされることのないギリギリのグラビア写真までが掲載されている…この層を狙った少年向けの雑誌は、確かに多くはなかった。

 学研はハンディに持ち運べるよう、また判型としてすでに保有していた『中2コース』などの学習誌と同様B5版にすることで、印刷工程もコストも冒険をせずにリリースできたことだろう。

 学研の学習誌もアイドルを取材し掲載してはいたが、学習誌で取材した素材をそのまま少年誌に転用することで、取材コストもかけずに済んだことは想像に難くない。

 1979年に創刊、1981年よりアイドル月刊誌となった『BOMB!』がヒットすると、むしろこちらで取材したアイドル素材が同社の学習誌へと流用されるようになったと記憶している。

 そして『BOMB!』の一人勝ちだった市場に殴り込みをかけたのが、集英社だった。判型も同じ、そして「アイドルと言えば」まっさきに思いついた当時の小泉今日子さんを表紙に、そしてグラビアに起用し、大々的に売り込みを行った。

 コミック誌などに掲載しているグラビア取材により、その素材に苦労することがなかった集英社は、ここぞとばかりにそうした写真を惜しげもなくつぎ込んだ…と見ている。

 付録にはシルバーのてかてかのステッカー。このテカテカのステッカーというのは、気合いの入りようを体現している。当時の印刷は、MBCYの4原色を組み合わせることでカラー印刷を実現しているが、シルバーやゴールドなどは「特色」と呼ばれ、それ単体の特別な色を使用しないと印刷できなかった(今もどうなのかは知らない)。

 しかも、それがテカテカと光るシルバーのステッカー付である。そのコストを顧みない気合いの入りようが伺える。

 表4、つまり裏表紙には、原田知世さんを採用したキリンビール株式会社の広告が入っている。「キララ」というブランドの清涼飲料。「キリンビバレッジ」ではなく、キリンビールが清涼飲料を販売していたという、そんな時代的な背景さえもが把握できる。

 過去を振り返る広告は、創刊号マニアにとっても、なかなかたまらない素材のひとつだ。つまり、創刊号をめくるだけで、時代性が如実に蘇って来るからだ。

 表紙を捲ると表2にはビクターの「AV IO(イオ)」という「パーソナルコンピュータ」の広告。なんと、あのビクターがPCを作っていたとは知らなかった。注意深く目を通すことなく、「ビクターだからオーディオの広告」と長年思い込んでいた。こうして見直してみると、興味深い事実が浮かび上がって来るものだ。

 残念ながら、前回紹介した『NIKITA』のように30ページ近くにわたって広告が続くわけではない。見開きの左はきょんきょんのグラビアがスタートしている。当時は21世紀の現代よりも、雑誌が隆盛を誇っていたとして過言ではない。それでも少年誌への広告の入りと、ファッション誌の広告収入とでは、これほどまでに差が広がってしまうものなのだ。

 きょんきょんのグラビアが続いたあと、目次に。目次は創刊号のその後を占う重要なページだ。ひと目で企画がわかるだけに、やはりここでも注目してみよう。

 目次を見てわかる通り、巻頭は小泉今日子さんのグラビア20ページだ。うむ、今眺めても、きょんきょんはやはり可愛い。P26からは「スターの愛用グッズ200」というカタログになっている。

 ちなみに目次の見開きに資生堂「TECH21」の広告が入っている。

「TECH21」と言えば、ヤマハのGPライダー・平忠彦さんを起用し、爆発的ヒットを記録した男性用化粧品。しかしこの1984年の広告に平さんの姿はない。私の記憶が定かなら、平さんがTECH21カラーのヤマハFZR750を借り「キング」ケニー・ロバーツと鈴鹿8時間耐久レースに挑んだのは1985年。その前年はまだ平さんを起用していなかったのかもしれない。興味深い。

 企画「スターの愛用グッズ200」ではアイドルの愛車から愛用の楽器やワードローブまでが紹介されている。

 近藤真彦ことマッチの「スーパーマーチ」や、いまや「先生」と呼ばれている三原順子のセリカXXなどなど、さらにサザンオールスターズの当時の楽器類、アイドルたちのワードローブなど今となっては、なかなか雑誌で眺めることのできないコンテンツではないか。

 その後は、柏原芳恵さんのモノクロ・グラビアなどに割かれているが、今見直すと、すっかりコントラストが強く「飛んでいる」印象が強い。印刷の技術もやはり現在までに「革新」が進められているのだろう。この程度の印刷なら、今はコピーで再現できるに違いない。

 つい笑ってしまったのは「きゃぷてんタマ」のコーナー。先行した『BOMB!』にも設けられていたが、青春期の痛い少年たちの投稿コーナーだ。あまりにもバカバカしい内容で呆れるばかりの恥ずかしい体験談がてんこ盛り。くだらない体験談を読んでは、「バカなのは自分ばかりではない」と当時の少年は自らを慰めた。

 それにしても、なぜ「タマ」だったのか、「たま」さぶろとしては気になるばかりである。

 こうした賑やかな紙面ではあったが、採算が合わなかったのだろうか、バブルがはじける前の1990年には休刊となってしまった。

 先行した『BOMB!』が発行部数3万程度ながら、いまだに頑張っている事実を考えると、集英社にはもう少し根性を見せてほしかったなぁと思うばかりである。


CLOSE
CLOSE