西日本豪雨

「カーモン ベイビー オカヤマ!!」西日本豪雨で行き来が減った地域に「みんな来て」動画が爆誕

カモンベイビーオカヤマ!! と歌って踊る動画

夏休み真っ只中の観光シーズンにも関わらず、7月上旬の西日本豪雨で被災した中四国の地域で、人の行き来が減っている。直接的な被害を受けた地域だけでなく、被害の少なかった観光地にも風評被害で客足が遠のいているのだ。

そんな状況を打開し、引き続き人手が必要な地域のボランティアや、観光客など人の行き来を増やそうと作られた、ある動画が話題を呼んでいる。

独特のダンスと歌詞で、ダサかっこいいと人気なDA PUMPの楽曲「U.S.A.」に乗せて、「カーモン ベイビー オカヤマ!!」と地元の人たちが歌って踊っているのだ。

冒頭は、まだボランティアを必要としている倉敷市真備町の様子が映し出される。

その後、伊原木隆太・岡山県知事の「少しでも多くの人に、観光やボランティアに来てもらうことで、岡山は元気になります」という呼び掛けで動画が始まる。

呼び掛ける伊原木知事

後楽園や倉敷美観地区などの県内名所が次々と映され、そこで県民が「カーモン ベイビー オカヤマ!!」に続いて世界に届け、児島デニム!」「どこでも桃太郎いる!」と歌っている。

児島デニムで有名なニッセンファクトリー

エンディングは「共に歩み、共に見届けてほしい。 今、ここに、岡山があるから。 カモンベイビー オカヤマ。カモンベイビー 西日本」という言葉で締められている。

動画は、瀬戸内で活動するネットメディア「瀬戸内サニー(代表取締役:大崎龍史さん)が作った。

西日本豪雨の風化を恐れ、「早いタイミングで動画を公開しないと」という思いから、撮影から編集までを約2週間で手掛けた。被災地にも入ることになるので、過度なプレッシャーをかけないよう、撮影はすべてスマートフォンを使ったという。

人の行き来の後押しに

大崎さんは、この動画をきっかけに「一人でも多くの方がこの動画を見て、岡山県に、そして西日本に来てほしい」という思いから、「カモンベイビー西日本!!」企画を始めた。

第一弾の「岡山編」動画制作の協力を呼び掛けたところ、サッカースクールの生徒や、岡山の夏祭りで踊られる「うらじゃ」の踊り子のほか、地元で働く人々、高校生、大学生まで様々な人が参加した。

撮影する大崎さんと協力した岡山大学の学生たち

ただ、大崎さんは、災害をきっかけにした取り組みについては「災害が起こるたびに、災害は乗り越えるべき課題だと、災害自体が美化され、さらには災害に対する取り組みも実情以上に美化されて伝えられてしまうことがある」と懸念する。

この動画は、「決して災害を美化するための動画でも、この取り組み自体を美化してほしいわけではなく、人がボランティアや観光で行き来するのを後押しするための、復興を応援するための動画」と話す。

「だからこそ、それぞれがこの出来事をきっかけに行動し、そして被災者の方が前向きに歩んでいくときの支えにこの取り組みがなれば、これ以上嬉しいことはありません」

本家DA PUMPのISSAさんも反応

公開されてすぐの8月13日には、この動画で使われている楽曲「U.S.A.」を歌う本家のDA PUMPのリーダーISSAさんが自身のTwitterで動画の紹介ツイートをリツイート。

DA PUMPのファンサイトにも掲載されたりと人気が広がり、視聴回数は8月15日現在で3万5000回を超えた。

Twitter上では、「また行きたい」「こっちが元気もらえる」といった明るいコメントが相次いだ。

#DAPUMP#USA
タグ見てたら…拝見

カモンベイベーオカヤマhttps://t.co/kA5TQtdQGM

私は岡山離れてるし、身内みんな被災していないけど、岡山は県ひっくるめて大切な場所だから、気がついたらぼろぼろ泣いてた😭
みんな岡山おいでー!
私も明後日帰ります👾
ほんと『U.S.A.』すきです

— 平成最後のはまち🐟 (@hama201) 2018年8月11日

いいねダンスする岡山の方たちの笑顔に、なぜか泣きそうに。。
ちょうど1年前に初めて行ったけど、岡山大好きになりました💕
また行きたい!ぜひ!#DAPUMP#USA#岡山県#復興https://t.co/YukJ8vs9x3

— しょこら🇺🇸🗽👾 (@FUnNlDAoB1hYZGy) 2018年8月11日

【 カモンベイビー西日本‼︎ 🇯🇵】

西日本豪雨 被災地応援動画プロジェクト、素敵すぎる。。ぜひたくさんの人に見てほしい!こっちが元気貰えるよ🌻

熊本地震の時も、世界中からたくさんの応援をいただいたので、次は熊本からみんなで応援してます! https://t.co/GB6KfR22tX

— 熊本ちゃん🐻(よかモン! 熊本ラボ) (@Im_kumamon) 2018年8月10日

第二弾は企画中

今回は、第一弾として岡山を取り上げたが、今後は広島や愛媛などにも人が来たくなるような動画の配信を考えているという。

総合メディアディレクターの大崎龍史さん

大崎さんは「地元の人たちにも飛び火していき、いろんな地域で『うちもやってみようか』と思ってくれたらうれしい。今後は、被災者の皆さんに有益な情報を盛り込む動画や、観光客や被災者の人たちが『行き来(カモンベイビー)』しやすいような取り組みを進めていきたい」と話している。

Read More


地震や豪雨で被災された方々を支援!義援金が商品価格に含まれた「キットカット ミニ もみぢ饅頭味」が発売

大阪府北部地震や西日本豪雨で被災された方々を支援するため、義援金が商品価格に含まれた「キットカット ミニ もみぢ饅頭味」が発売されることとなりました。 1箱につき10円を寄付できるという「キットカット…


台風12号 暴風域を伴って西日本を西進

台風12号は、29日(日)6時現在、兵庫県明石市付近にあって1時間に35kmの速さで西に進んでいます。最大風速は30m/s、最大瞬間風速は40m/sで、中心から半径70km以内は風速25m以上の暴風域となっています。

▼台風12号 29日(日) 6時現在

 存在地域   明石市付近

 大きさ階級  //

 強さ階級   //

 移動     西 35 km/h

 中心気圧   980 hPa

 最大風速   30 m/s

 最大瞬間風速 40 m/s

>> ウェザーニュース台風Ch.

西日本は大荒れの天気に

このあと台風12号は中国地方を通過し、夜には九州の北部に達する見込みです。また、次第に速度を落としながら進むため、西日本では台風の影響が長時間続く恐れがあります。

暴風や高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。

豪雨被災地は最大限の警戒を

「平成30年7月豪雨」で大きな被害が出たエリアを台風が通過し、強い雨を降らせる恐れがあります。豪雨被害発生前に比べ、災害が起こりやすくなっている所があるため、厳重な警戒が必要です。

2018/07/29 07:00

【関連記事】


    豪雨災害など

    石破茂

     石破 茂 です。

     西日本の記録的豪雨により、広島県・岡山県を中心に甚大な被害が発生しています。同じ西日本ということで、私の鳥取県についても多くの方にご心配を頂いており、お気遣いに感謝申し上げます。

     鳥取県も岡山と結ぶ因美線・伯備線が依然として不通となっており、特に伯備線は復旧の目途すら全く立っておらず、田畑の冠水など農業被害も多く発生していますが、その他の被災地の皆様にも心よりお見舞いを申し上げますとともに、亡くなられた方々に心よりお悔やみを申し上げます

     異常気象による災害のみならず、首都直下型地震や南海トラフ地震などの巨大な天変地異が確実視される中にあって、かねてから申し上げている通り、防災を専門とする防災省・防災庁のような行政組織の創設は喫緊の課題だと私は思っております。

     旧国土庁の防災局を引き継ぐ形で内閣府に防災担当部局が設置されていますが、専任の大臣を置くこと、そしてなによりもその分野に通暁し、他に異動することのない高度な能力を有するスタッフを揃えた組織であることが要諦です。そして国への権限の集中という観点ではなく、全国すべての基礎自治体の防災態勢を徹底的に点検し、その向上を図ることと、被災の教訓の伝承と共有、行政版のDMAT的な体制の整備などの役割を担うべきと考えています。これはアメリカのFEMAを視察した時に学んだことであり、国柄の相違を超えて学ぶべきことは多いと痛感したことでした。行政改革に逆行する、権限争いに終始してしまう、アメリカとは国と地方との関係が異なる、などという批判もありますが、省庁再編で対応できることでしょうし、日本の組織ならではの創り方があるはずです。創らないための理屈ばかり並べていても全く埒はあきません。

     最近の各地での講演では、地方創生に加えて、憲法改正や安全保障もテーマとするようにとのご要請を多く頂くようになりました。憲法改正や安全保障については、この春の党内論議の際に見られたように「石破案対執行部案」的な取り上げ方が今もなされがちですが、この認識は基本的に全く間違っています。私が申し上げていることは「石破案」ではなく、野党時代に侃々諤々の議論の末に党議決定し、今でも生きている「自民党平成24年憲法改正草案」と「国家安全保障基本法案概要」をベースにしています。

     自民党改正草案は、第9条のみならず、ほとんどすべての現行憲法に関する論点を網羅し、改正案を示したものなのですが、この全体を理解している議員はあまり多くはないと思いますし、マスコミもほとんど読んでいないままに政局的な報道しかされないのが現実です。

     自民党改正草案の内容をすると、「そんな話は初めて聞いた」「そうだったのか」との反応が大半で、今までの営々たる努力を水泡に帰してしまうようなことになりはしないかと危惧しています。折角、解説本も出し、改訂版も作って、国民の理解が深まる端緒が見られていたのに、残念でなりません。

     この三月の党大会までは、まがりなりにも何度も憲法改正推進本部の会合が開かれて意見聴取を行っていたのですが、その後は全くと言っていいほどに本部会合は開かれず、約束されたはずの総裁の意見表明も行われないままです。国の根幹である憲法に対するこのような姿勢に、私は強い問題意識を持っています。

     オウムの一連の事件は、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚らの刑執行によって終焉したのではないと思います。確信犯的なテロリストには、罪刑法定主義の持つ犯罪抑止機能が作用しない場合があり、その対策には法的にも、能力的にも更に改善すべき点が山積しています。国会はこの問題にも力を尽くさねばなりません。                     

     週末は、愛知県、香川県、徳島県において自民党の支部大会での講演、JC地区大会での講演やパネルディスカッションなどに参加するとともに、選挙区の被災状況を視察する予定です。

     三連休の方も、連休にもお仕事をなさる方も、どうかご健勝にてお過ごしくださいませ。

    (2018年7月13日「石破茂オフィシャルブログ」より転載)


    断水後、最初にトイレを流したらダメ? 水道の復旧で気を付けること《西日本豪雨》

    写真はイメージです

    西日本を中心とする豪雨の影響で、各地で断水が続いている。厚生労働省によると、1週間が経った7月13日午前5時現在で、四国地方や中国地方など10府県の20万7508戸で水が出ない状態だ。

    一方、約5万5千戸で水道が復旧したが、断水の解除の際にトイレを最初に流したことで、「トイレが壊れた」といった声がTwitterで上がった。

    できるだけたくさんの人に拡散お願いします🙏

    水が出るようになって一番にトイレを流したことで、トイレのタンクや、ウォシュレットが破裂した家が増えてきているみたいです😭
    水が出ても一番にトイレを流すのではなく、洗面台や台所から水をだして空気を抜いてからトイレを流してください🙏 pic.twitter.com/x6EeKx83e0

    — きょーこ (@kyoko12w) 2018年7月12日

    空気で故障の可能性。でも通常は大丈夫

    東京都水道局によると、陶器の破裂や、爆発的にあふれるといったことは考えにくいが、非常事態では、できるだけ特別な器具のついていない台所の蛇口や、洗面所の蛇口から開くことが望ましいという。

    断水の際は工事によって自治体が管理している排水管内に空気が入ることがある。通常の工事では、これらの空気を抜く充水作業が行われているので、空気だまりができることはない。

    ただ、今回の災害のような緊急事態では、復旧作業中にたまたま管内に空気が入ってしまうことも考えられる。

    トイレのタンクの中には水位調整をするボールタップが入っている

    管内に空気が入った場合、空気だまりで水位が安定しないことで、トイレのタンクで水位を調節し、水の出を制御する「ボールタップ」という部分にある浮き球が、上がったり下がったりを繰り返す。この上下運動によってボールタップが壊れてしまうと、トイレタンクが水をうまく流せなくなる。

    また、ウォシュレットも同様の小さなタンクを内在しているため、空気が入ってしまった場合は壊れる可能性がある。

    蛇口から水を出し始めると、「ブハッ、ブハッ」と空気と水が合わさった状態のものや、白く濁った水が出ることがあるが、少し待つと通常の水流に戻る。

    水道局の担当者は「計画的な断水の時にはめったに見られないことだが、大災害が起きている非常事態のときは、濁り水が出ていくまで待つなどの対応をしてもらえたらと思う」という。


    【西日本豪雨】さすが呉地区。5隻の船が被災地へお風呂を輸送、中には船上のお風呂も!

    突如襲った西日本豪雨。この予期せぬ出来事で、自宅を離れざるをえなかった人もたくさんいらっしゃることと思います。そしてこの暑さ…。日常でも常にお風呂に入りたくなるくらい汗をかく暑い時期。汗を洗い流せるこ…



    豪雨被害の倉敷市、個人の救援物資が「自衛隊の妨げに」⇒いま、できる支援は?

    大雨により浸水した街並み=8日午前、岡山県倉敷市上空(時事通信社ヘリコプターより) 
撮影日:2018年07月08日

    西日本各地に甚大な被害を与えた記録的な豪雨。被災地ではいまも救助活動が続いているが、支援の動きも加速している。

    岡山県倉敷市には「ZOZOTOWN」を運営する「スタートトゥデイ」が、衣類など約7000点を市に提供すると発表した。

    ただ救援物資に関しては、被災地の受け取り体制や仕分け人員、必要な人に必要な分を分配する仕組みなど高度な調整が必要だ。

    倉敷市側は企業や自治体に支援を呼びかける一方で、次のようなツイートをしている。

    倉敷市からのお願いです。現在、倉敷市では個人の方からの救援物資を受け付けていませんが、真備町川辺橋前に沢山の支援物資が置かれており、自衛隊の通行の妨げになり困っています。お気持ちは大変ありがたいのですが、支援物資を川辺橋前に置かないようお願いします。

    — 倉敷市 (@Kurashiki_City) 2018年7月8日

    私たち個人は今何をしたらいいのか、担当者に聞いた。

    倉敷市総務部法務課の担当者は、ハフポストの取材にこう語る。

    《(支援は)大変ありがたいことです。ただ申し訳ありませんが、人手の問題で仕分けができない状況です。そのため、個人の方からの救援物資の受け入れはストップさせていただいております》

    《何がどれぐらい必要なのか。現時点では、まだ完全には把握できていません》

    担当者は「支援のお気持ちはありがたい」と強調しつつも、五月雨式に支援物資が届いても受け入れ態勢が整っておらず、現地では対応できない懸念があると伝えた。

    「平成最悪」とも言われる豪雨被害を受けて、被災地では救助作業やがれきの撤去、避難所の運営などに追われている。市では、被害の全容が未だ把握できていない状態だという。

    熊本地震の教訓を思い出そう

    被災地への支援は、必要な物資を必要なタイミングで届けることが重要だ。

    2016年の熊本地震では全国から支援物資が届けられたが、仕分ける人員が不足していた。そのため、物資が避難所に十分に行き渡らなかった。

    熊本市の大西一史市長は7月8日、「物資の洪水を防ぐためにも言いにくい事ですが個人の方々の支援は今は物資より義援金など金銭的な支援が一番良い方法だと思います」と呼びかけている。

    熊本地震の際全国から物資が大量に届き本当に有難い反面、発災直後のマンパワー不足で物資のハンドリングで大混乱。恐らく今現地はそういう状況にあると考えられます。物資の洪水を防ぐためにも言いにくい事ですが個人の方々の支援は今は物資より義援金など金銭的な支援が一番良い方法だと思います。 pic.twitter.com/2vW6eeYTsl

    — 熊本市長 大西一史 (@K_Onishi) 2018年7月8日

    大手ポータルサイトYahoo!は「平成30年7月豪雨緊急災害支援募金」を開設。被災都道府県・被災市町村への義援金とすることを予定している。また、被災地の復旧活動、被災者の生活再建を目的とした支援活動にも使用する場合があるという。募金はTポイントでも可能だ。

    また、被災直後と被災1週間後、被災1カ月後…時期によって、求められる支援のニーズも違ってくる。何が求められているのか、情報を知ることが大切だ。

    倉敷市では支援物資や義援金の募集、ボランティアの受け入れのタイミングついて、今後も公式サイトTwitterなどを通じて随時発表するとしている。

    「西日本豪雨」関連記事


    豪雨被災地の感染症対策で注意したい5つのこと。そして、ボランティアに心がけていただきたいこと

    流された車両を調べる広島県警の警察官(手前)ら=7月8日午前、広島市東区馬木

    大規模災害に引き続く集団の避難生活では、しばしば感染症アウトブレイクの可能性が報じられ、そのたびに被災者は緊張と不安を募らせます。今回の大規模豪雨による被災地においても、感染症についての不安が広がっていく可能性があります。

    とはいえ被災地だからと、むやみに特殊な思考回路を持ち込むべきでもありません。決して被災地は原始状態に帰るわけではありません。人々の結束はむしろ固くなりますし、(少なくとも日本の被災地では)衛生面の自治的な配慮が維持されるのが通常です。

    適切な支援体制をとっていけば、特殊な感染症の流行をみることはありません。あくまで日常の延長線上で、どのような感染症のリスクがあるかを考えればよいのです。

    以下、豪雨被災地の感染対策で注意したい5つのことを紹介します。そして、最後に被災地で活動しようとしているボランティアの方々に心がけていただきたい大切なことをお伝えします。

    1つめ。安全な水を飲用してください。

    浸水していないエリアであっても、井戸水は汚染されている可能性があります。水質検査で確認されるまでは飲用しないようにしましょう。また、一度浸水した家屋の貯水タンクの水が安全であるかも不明です。貯留タンクを含む水道配管の破損状況を確認し、水道水が汚染されていないことを確認するようにしてください。

    水源の汚染が否定できないときには、飲用前に煮沸処理を行って緊急の感染対策とすることができます。とはいえ、なるべく飲用水とはせず、ペットボトルのお茶や飲料水を活用するのが安全でしょう。

    安全な水を十分に確保できないときは、速やかに支援が得られるよう、行政や支援団体などに強く要請します。被災下における節水は大切な心がけです。たとえば、食器の洗浄を避けるため、使い捨ての紙皿などを活用することも検討してください。

    2つめ。適切な数のトイレを確保し、そこでのルールを守ってください。

    避難所のトイレが不足して待ち時間が長くなると、高齢者(とくに女性)は水分摂取を控えるようになってしまいます。トイレまでに段差があったり、屋外に設置されていたりすると、身体機能が低下している高齢者のなかには、オムツの着用を受け入れてしまうこともあります。これらは、いずれも尿路感染症のリスクを高めています。

    誰もが利用しやすいようトイレを整備することは、被災地の感染対策において最も大切なことです。また、日ごろ、オムツや尿とりパッドを使用しているような方については、申し出なくとも手に入るような場所においておくといった工夫も必要ですね。

    なお、日本人はトイレを清潔にすることにこだわる傾向がありますが、被災地の限られた人員と資源でトイレの清潔を保つことは困難です。むしろ、トイレのあとに手洗いをしっかりするとか、トイレと居住空間の履物を別にするといったことで、「トイレは不潔なものだ」という認識をもつことの方が感染対策上は有効だと思います。

    3つめ。発熱、咳、嘔吐や下痢といった症状があるときは、早めに医師に相談してください。

    災害のときには、皆が苦労しているということで、自分のことを後回しにしてしまう傾向があります。とくに日本のお年寄りはそうです。けれども、感染症については、早期に診断して、早期に治療することが有効です。我慢せずに申し出てください。

    必要なときには、マスクを着用するなど感染対策に協力いただくこともあります。とくに避難所で生活されている方は、周囲を守るためにも、自分自身の健康に気を配っていただければと思います。

    4つめ。高齢者の視点で避難生活の環境を整備しましょう。

    高齢化した日本において、被災者の命を奪いかねない重大な感染症とは、高齢者が食事量を減らして体力を落としたり、脱水になったり、トイレを我慢したりといったことによる、誤嚥性肺炎や尿路感染症、褥瘡感染といった問題です。

    ですから、被災生活の環境をしっかり整備することが大切です。たとえば、高齢者が避難所の床面に直に座って(あるいは座位保持が困難な方が寝転がって)食事をすることがないよう、避難所のなかにテーブルと椅子を用意して、共用の食事スペースを設けること。これは正しい姿勢で食事をすることによる誤嚥予防になるばかりでなく、被災者が一緒に食事をすることで心のケアにも活かされることでしょう。

    また、避難所生活では、支援によって物資が配布されるため、発災前に行っていた日常の家事や近隣への買い物などの機会が失われてしまいます。とくに、ボランティアが(親切心から)支援物資を枕元まで届けていると、高齢者がほとんど横たわった状態で一日を過ごすようになりかねないので注意が必要です。

    そこで、できるだけ避難所の外で生活必需品を配布するようにして、歩ける方には歩いて取りに行っていただくなど、なるべく通常の生活に近い形で基本的動作能力を維持させる、といった工夫をお願いします。

    5つめ。傷口から感染する破傷風に注意しましょう。

    日本でも、大規模災害の後に破傷風を発症する方が一定数おられます。これは土壌中に生息する破傷風菌が、傷口から体内に侵入することで感染するものです。被災後に手足が傷ついたまま、復旧作業に取り組まれる方がいらっしゃいます。洪水のあとには、土壌の環境がかき回されているので破傷風菌に曝露しやすい状態になっています。とくに手足に傷があるときには、傷を覆うなどの処置を受けるようにしてください。

    破傷風には曝露後でも発症を予防する方法があります。傷口を土壌に汚染させてしまったようなときは、救護所の医師に相談されることをお勧めします。また、被災地で活動しようとしている方で、最後の破傷風トキソイド(または三種混合ワクチン)接種から10年以上経過している方は、破傷風トキソイド(または三種混合ワクチン)の追加接種を受けるようにしてください。

    ◇ ◇ ◇

    最後に、被災地でボランティアに入ろうとしている方々へのお願いです。被災地に病原体を持ち込まないようにしてください。避難所のなかでインフルエンザは自然発生しません。必ず誰かが持ち込んでいます。幸い、いま国内では、ほとんどインフルエンザやノロウイルスの流行を認めていませんが、こうしたリスクを極力遮断しておくことが重要です。

    とくにボランティアの方が不必要に避難所内に立ち入らないようにすること。物資の受け渡しなどは、できるだけ入口で済ませ、避難所の専属スタッフが搬入するようにしましょう。避難所の各エリアを個人の家と同じような感覚であつかい、その隔離性を維持することは、プライバシーに配慮することのみならず、感染対策上も大きな意味があります。

    言うまでもなく、発熱や咳、下痢などの症状があるときは活動を控えてください。困難に耐える被災者を前にして、多少の体調不良であっても支援活動を継続しようとするのは、倫理観の誤った表出です。自らが感染症の媒介者にならないことを最優先として心がけてください。

    以上のことは、私の限られた被災地支援の経験による一般論に過ぎません。被災地の状況は刻々と変化してするものです。常に被災地における最新の状況を確認しながら、被災した方々の健康を守っていただければと思います。


    CLOSE
    CLOSE