自転車


No Picture

1500万円の自転車を発売へ。世界10台限定のCerevo製ロードバイク「ORBITREC」とは?

センサー内蔵の高級IoTロードバイク「ORBITREC」(オービトレック)

Cerevo(セレボ)は、同社のスポーツ用品ブランド「XON」(エックスオン)ラインの製品として、金属3Dプリンター出力したセンサー内蔵の高級IoTロードバイク「ORBITREC」(オービトレック)の生産数を世界10台限定と決定、トータルサービスを含めた価格を1500万円(14万ドル)と設定した。正式な受注開始は2019年内を予定している。

ORBITRECのオーナーになると、全身をくまなく採寸するために日本に招待される。採寸した数値を基にフレームを設計し、金属3Dプリンターで製造。唯一無にのロードバイクが最短約1カ月で完成する。ORBITRECの製造完了に合わせてオーナーを再度日本に招待して納車するそうだ。

「ORBITREC」は、デザイナーである柳澤郷司氏のデザインユニット「Triple Bottom Line」とDMM.make AKIBA、ABBALabが共同で開発したロードバイクフレームのコンセプトモデル「DFM01」を発展させた製品。オーナーの体に最適なジオメトリを実現するオーダーメイド・フレームを「ハンドメイドの精度」と「量産品の品質基準」で製作するため、チタン焼結型3Dプリント技術とカーボンファイバーチューブを組み合わせた構造となっているのが特徴だ。Cerevoによると、本格的なレースで使える軽量オーダーメイド・フレームとのこと。

フレームダウンチューブに各種センサーを内蔵しており、走行中の精密なログを取得・分析できる機能も搭載する。スマホ連携スマート・サイクルデバイス「RIDE-1」(ライド・ワン)から取得したビッグデータを解析し、ライディングがより安全で楽しくなる情報をフィードバックする専用解析サーバを併せて開発したとのこと。ORBITRECとRIDE-1は、Bluetooth接続されたスマートフォンの専用アプリ経由で通信する。

具体的には、9軸センサー(加速度・角速度・地磁気)、温度、気圧、照度、GPSを搭載。走行中の場所や速度といった基本的な情報に加え、傾きや衝撃などフレームの状態も取得する。GPSによる走行ログと組み合わせることで、過去の走行履歴を車体のさまざまな情報とともに振り返り、分析できるという。

(2018年1月7日TechCrunch Japan「Cerevoが限定10台で1500万円のセンサー内蔵ロードバイクを発表」より転載)

【関連記事】








CLOSE
CLOSE