痴漢

No Picture

ハラスメントの実態は? 荻上チキさんらが調査「議論のたたき台にしてほしい」

イメージ画像

評論家の荻上チキさんらが1月21日、厚生労働省で開いた記者会見を開き、電車など公共空間やSNSでのハラスメント行為の調査結果を発表した。

調査は2018年9月、東京・千葉・埼玉・神奈川の1都3県に住む15〜49歳の男女27万1480人を対象に、インターネットで行った(有効回答数は1万1903人)。会見には、荻上さんのほか、永田夏来・兵庫教育大大学院講師とタレントの小島慶子さんが出席。調査費用は約200万円で、ハラスメントのない未来を目指す「#WeToo Japan」によるクラウドファンディングなどで集めた。

痴漢被害とスカートの長さは関係なし

「体を触られる」「性器など体の一部を直接見せられる」など何らかの被害を受けた経験がある女性は7割に上り、男性の3割を大きく上回った。

電車内での痴漢被害経験と、スカートの長さや服装、通勤・通学時間との関係も調べた。スカートの長さと被害の有無はほとんど相関がなかった一方、通勤時間が長く、私服よりも制服を着ていた方が被害に遭いやすかった。

「本人がコントロールできない要因で痴漢被害に遭っていることが分かった。本人努力には限界があり、制服をなくしたり、社会に蔓延しているジェンダー差別をなくすことが、遠回りに見えても痴漢被害をなくす効果的な方法です」(荻上チキさん)

オンラインでの被害「セクハラは女性で、誹謗中傷は男性」

LINE、Facebook、Twitter、Instagramーー。どのSNSでもハラスメントはあるが、「不快な性的アプローチを繰り返された」経験はすべてのSNSで女性の方が多く、最も高かったのはTwitterで12.2%だった。

一方、「見知らぬ相手に誹謗中傷された」経験は、すべてのSNSで男性が女性を上回った。最も高いのはInstagramで15.9%だった。

「露出度が高い服装なら痴漢されても仕方ない」でいいのか?

ハラスメントや性的被害を訴えると、被害者が責められることがある。調査からは、そんな現状と課題も浮かんだ。

「ワールドカップ開催中の渋谷など、人混みで痴漢にあっても仕方ない」と考える人は、男性で30.9%、女性で24.7%。「露出が高い服を着ている人は、痴漢にあっても仕方ない」という項目では、「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と回答した女性は男性を上回る45.6%で、女性の間でも意見が分かれた。

一方、「冤罪があるかもしれないので、痴漢を告発する時にはよく考えるべきだ」と考える男性は74.8%で、女性(63.5%)より10ポイント以上多かった。

会見で、荻上さんは「現状を数字で可視化して共有することで、まずは同じテーブルで議論を始められる状況を作りたい」と訴えた。

「どういう社会を目指すかという議論のたたき台にしてほしい」

「何がセクハラか分からない」。そんな戸惑いの声もよく聞く。不快だと思う境界は、男女によって大きく異なることも明らかになった。

例えば、女性の9割は「見ず知らずの異性から連絡先を渡される」ことを「不快」だと感じるが、男性の4割近くは「不快」だとは感じていない。「自分の体を触られる」ことを不快だと感じない女性は1.6%だが、男性では9.9%に上った。

「男女の認識差はもちろん、同じ性別でも認識には個人差がある。数字は数字。少数派が多数派に合わせろ、というのではなく、どういう社会のあり方を目指すのか、という議論のたたき台にしてほしい」(永田夏来さん)

「ほら、女性だって被害者に落ち度があると思っている、と数字を盾にとる人もいるかもしれない。そうではなく、『ハラスメントはいけないんだ』という前提を共有したうえで、なぜこんな風に考えてしまうんだろう、というところを議論したい」(小島慶子さん)

調査では、既婚未婚や子どもの有無、親との同居、学歴や年収なども尋ねている。今後はさらに分析を重ねていく予定だ。

Read More

No Picture

渋谷ハロウィン、今年も暴徒化…軽トラ横転、痴漢、盗撮、大量のごみ

路上にごみを放置し、人込みで痴漢や窃盗が横行するなど、毎年問題が起きている渋谷のハロウィン。

10月28日午前1時過ぎには、路上に停めてあった軽トラックを数人が取り囲んで横転させ、車の上に乗って飛び跳ねる人が出た。報道各社によると、軽トラの運転手は被害届を提出。渋谷署が器物損壊容疑で捜査している。

ハロウィンで人が殺到する渋谷センター街で軽トラックを横転させ、車に上る人たち

まるで暴徒のような盛り上がり

軽トラ横転の現場に居合わせた、ゆうメンタルクリニック院長のゆうきゆうさんは、現場の様子を撮影。

ハロウィンの渋谷はカオスでした。北斗の拳の世界かと。 pic.twitter.com/TBukW4jTxh

— マンガで分かる心療内科/ゆうきゆう/単行本発売中! (@sinrinet) 2018年10月27日

場所はマクドナルド渋谷センター街店の目の前。

ゆうきさんによると、 現場近くに入ってきた軽トラの荷台に、周囲の人たちが乗り込み始めた。荷台では、お立ち台のように騒ぎ出し、軽トラの運転手は「仕方ないな」という表情になっていたという。

だが、その後人数が増えていき、軽トラ全体に人が乗っていった。軽トラを横から揺らす人たちも出はじめ、次第に揺れが大きくなり、横転。直後にまた軽トラの上に人が上った。

騒動後、警察官が駆けつけて群衆を止め、人だかりをかき分けてトラックを誘導。センター街からトラックを出したという。

ゆうきさんは、「トラックの運転手と、暴動をした人たちは無関係に見えた。まるで暴徒のような盛り上がりだった」と語っている。

ハロウィン、これでいいの?

ハロウィンは元来、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な行事から来ている。アメリカなどでは、子どもが魔女やお化けに仮装して近所を回り、お菓子をもらう風習にもなっている。大人が仮装することもあるが、子どもが楽しむためのものという認識が強い。

一方、日本では数年前からコスプレパーティーとしての市民権を得るようになった。ハロウィン本番である10月31日前後には、渋谷などの繁華街にコスプレをした人々が押し寄せ、毎年暴動や痴漢などが起こるようになった。

今年は渋谷区の長谷部健区長が「(本来ハロウィンである)31日に、節度を持って遊んでほしい」と初めての呼び掛けをしたが、節度が守られることはなく、渋谷センター街の周囲には割れた瓶や空き缶などの、大量のごみが散乱した。

渋谷のハロウィン騒動に対して、Twitter上では「ルールや規律乱す人は、ハロウィンする資格ないと思う 」「迷惑行為が多いなら中止も検討すべき」といった意見が相次いでいる。

軽トラ横転やら痴漢やらゴミ散乱やら
ルールや規律乱す人は、ハロウィンする資格ないと思う pic.twitter.com/gtp0Rj62Mq

— ハルハル@黒ウィズメイン垢(他のことも呟く) (@haruharu_wiz) 2018年10月28日

トラブルとかっていうレベルでなく、完全に犯罪ですやん…走行車横転も痴漢も盗撮もさ…怖い怖い、近寄りたくないなぁ。
さすがにこれは、来年以降存続自体厳しいのでは(存続させるなら厳戒態勢で)?

渋谷 ハロウィーンでトラブル相次ぐ 軽トラ横転 痴漢 盗撮 https://t.co/j4bo0Ds2vc

— イツキ (@itsuki_37) 2018年10月28日

また、女性が胸を触られたり、スカート内を隠し撮られるなどの被害が相次ぎ、痴漢や盗撮、暴行の疑いで計5人の逮捕者が出ている。




CLOSE
CLOSE