熱中症

No Picture

「冬の五輪でやれば?」「当然の意見」東京五輪の暑さを危惧する医師会、マラソンの開始時間前倒しを要望

「いっそのこと、冬の五輪でやれば?」「当然の意見だと思う」 以前から危惧されていた、東京五輪の開催期間の暑さ…。この度、日本医師会と東京都医師会が、午前7時に設定されている男女のマラソンの開始時間を、…

Read More



連日の猛暑に海外メディアも同情「壊滅的な天気が日本を苦しめている」

噴水で遊ぶ子どもたち

連日猛威を振るう日本の記録的記録的な暑さは、国内だけでなく、海外メディアも注目している。BBCやワシントンポストなどが、日本の猛暑について「焼け付くような気温」「無慈悲な暑さ」などと報じている。

BBCは7月21日、「日本の猛暑、焼け付くような気温で警報」という見出しで記事を掲載。「(熱中症による)死者が出るほどの猛暑に、日本は注意・警戒を余儀なくされている」などと伝えた。

18日に岐阜県多治見市で記録した40.7度の最高気温や、観測史上初めて京都で7日連続で38度を超えたことに加えて、愛知県豊田市で小学1年の男児が熱中症で死亡した件にも触れた。

ワシントンポストは、「日本を襲う記録的な長期間におよぶ猛暑」というタイトルで、「集中豪雨に続く過酷な暑さで、壊滅的な気候が日本を苦しめている」と報じた。

世界中の異常気象を観察しているフランスの天気予報士や世界気象機関のツイートを紹介しながら、日本各地で過去最高気温を記録しているほか、全927の観測地点のうち200地点で35度を超える猛暑となった日があったと伝えた。

🌡️#canicule#Japon🇯🇵#Japan#heatwave🔥
18-JUL-2018
nouveaux records…

absolus :
40.6°C Mino
39.7 Toyota
39.7 Mino-kamo
39.6 Ibigawa (égalé)
38.3 Kameyama

mensuels :
40.7°C Tajimi (le +chaud au Japon en juillet depuis 1933)
39.6 Gifu
39.2 Nagoya
39.1 #Kyoto
38.0 Nara
https://t.co/b9oZKkRXxw

— Etienne Kapikian (@EKMeteo) July 18, 2018

After the deluge, the #heat. This map from Japan Meteorological Agency shows the extremely high temperatures in the country after the devastating #Japanfloods. 200 out of 927 stations recorded more than 35°C on 15 July pic.twitter.com/oJKUDIZSAw

— WMO | OMM (@WMO) July 17, 2018

ロイターは、「日本を覆う厳しい暑さ」というタイトルの記事を掲載。過去の猛暑について触れ、「2014年の7月にも、213地点で(今年と)同様の焼けるような気温を観測した」などと伝えた。

アルジャジーラは、「日本(の夏)は気温が高く湿気も多いが、ここ最近の天気は、かつてないほど長期間におよぶ無慈悲な暑さが続いている」と報道。

さらに、この猛暑が、2020年夏に開催される東京オリンピック・パラリンピックでも心配されているとも伝えた。


東京で今年最高気温を記録。名古屋も39.5度で更新

愛知県豊田市(22日 13時44分)

1週間以上続いている厳しい暑さ。今日22日(日)も、西日本や東日本は高気圧に覆われて晴れていて、15時までに、東京、大阪、名古屋、福岡、仙台など、全国233地点で最高気温が35℃を上回り、猛暑日となりました。

東京では35.6℃、名古屋では39.5℃、仙台では36.7℃と、多くの地点で今年の最高気温記録を更新しています。

▼15時までの最高気温ランキング

 八幡(岐阜)  39.8 ℃

 名古屋(愛知) 39.5 ℃

 豊田(愛知)  39.3 ℃

 揖斐川(岐阜) 39.3 ℃

 美濃(岐阜)  39.1 ℃

 多治見(岐阜) 39.1 ℃

 岐阜(岐阜)  38.8 ℃

 舞鶴(京都)  38.8 ℃

 大府(愛知)  38.7 ℃

 伊勢崎(群馬) 38.6 ℃

 美濃加茂(岐阜)38.6 ℃

最高気温が35℃以上の猛暑日を観測した地点数は全国233地点となり、今年の最高となっています。全観測点927地点のうち約4分の1の地点で猛暑日となっていることになります。

暑さのピークは正午より遅れてやってきます。熱中症に厳重に警戒してください。

▼主要都市の予想最高気温

 名古屋 39 ℃

 前橋  38 ℃

 岐阜  38 ℃

 京都  38 ℃

屋外でのレジャーでは熱中症対策が必須です。屋内でも冷房を利用してこまめに水分を摂るようにしてください。急ぎでない外出は暑さが緩む朝晩がおすすめです。

また、豪雨被害が大きかったエリアで復旧活動や避難をされている方は、周囲の方と声を掛け合い、出来る限りの対策を行ってください。

>> 熱中症危険度を確認

>> ピンポイント天気・気温予報

2018/07/22 15:06

【関連記事】



木下優樹菜が学校の熱中症対策に問題提起「水筒持ち込み禁止とか…」「職員室はクーラーついてる」

タレントの木下優樹菜さんがインスタグラムを更新し、学校の熱中症対策に対しての疑問を綴りました。子を持つ親としての率直な意見に対して、共感する声など様々な声が寄せられています。 いまだに、水筒持ち込み禁…




小中のエアコン設置 いまだ半数 暑くても設置率1割未満の自治体も 莫大な予算が課題

公立小中学校のエアコン設置率[2017] ※文科省の調査結果をもとに筆者が作図

 猛暑がつづいている。室内にいても、エアコンなしには過ごすことができない。

 ところが、今日もまた全国の約半数の公立小中学校では、エアコンがない教室で、子どもと先生が授業時間をいっしょに過ごしている。しかも、エアコンが完備されている自治体と、ほとんど設置されていない自治体があり、子どもの教育環境に大きな不公平が生じている。

■いまだ全国の半数の教室にとどまる

図1:公立小中学校におけるエアコン設置率の推移 ※文部科学省「公立学校施設の空調(冷房)設備設置状況調査」に示された2017年度の結果より図を転載。

 エアコン(冷房)の設置状況については、文部科学省が公立校を対象に、おおよそ3年に1回ずつ全国調査をおこなっている(文部科学省「公立学校施設の空調(冷房)設備設置状況調査の結果について」)。

 普段子どもが授業を受ける普通教室のエアコン設置率は、公立小中学校の場合、1998年は3.7%にすぎなかったのが、最新の2017年の調査では49.6%にまで上昇している[図1]。温暖化が進むこの20年の間に、普通教室のエアコン設置率は、大幅に高まった。

 ただそれでもまだ設置率は、全国の教室の半数にとどまっている。汗だくの教室が、全国のあちこちにあるということだ。

■都道府県の格差

図2:公立小中学校のエアコン設置率[2017年度] ※文部科学省「公立学校施設の空調(冷房)設備設置状況調査」における2014年度と2017年度の結果をもとに筆者が算出・作図。

 さらに深刻なのは、設置率の都道府県格差が激しいことである。

 小中学校における普通教室の設置率をグラフに示してみると、都道府県によって設置状況が大きく異なっていることがわかる[図2]。

 設置率がもっとも高いのは東京都で、99.9%(27,118室のうち27,116室)と、ほぼすべての教室にエアコンが備え付けられている。次に高いのが香川県で、97.7%(3,467室のうち3,387室)と、こちらもほぼ完備と言える。他方で、同じ四国でも愛媛県は5.9%(4,745室のうち278室)と、ほとんどの教室がエアコンなしである。

■高校は格差が小さい

図3:公立高校のエアコン設置率[2017年度] ※文部科学省「公立学校施設の空調(冷房)設備設置状況調査」における2017年度の結果をもとに筆者が作図。

 公立高校における普通教室のエアコン設置率は、全国で74.1%に達している。東京都や京都府、大阪府、鳥取県、高知県、沖縄県は100%である。

 グラフの凸凹に着目すると、小中学校と高校とのちがいは明瞭である。

 小中学校の場合は、都道府県によって棒グラフの高低がばらばらである。だが高校の場合は、一部の地域をのぞけば、全国的に各都道府県の棒グラフの高さがわりと安定している。

 高校の都道府県格差に比べて、義務教育段階の小中学校の都道府県格差は、かなり大きいと言える。

■最高気温が高いにもかかわらず

図4:公立小中学校のエアコン設置率(最高気温順) ※文部科学省「公立学校施設の空調(冷房)設備設置状況調査」と総務省統計局『統計でみる都道府県のすがた』をもとに筆者が算出・作図。

 さらに小中学校については、暑い地域であってもエアコンの設置率が低いことがある。

 先ほど示した小中学校の都道府県別設置率のグラフを、最高気温[注]の高さ順に並べ直すとその状況がよくわかる[図4]。

 過去5年間の県庁所在地の月間最高気温(平均)がもっとも高いのは京都府で、そのエアコン設置率は84.0%(全国5位)である。最高気温が2番目の大阪府も、エアコン設置率は77.3%と比較的高い(全国9位)。

 だが、最高気温が上から6番目の愛知県は、エアコン設置率は35.7%にとどまっており(全国25位)、つづく7番目に暑い奈良県においては、エアコン設置率はわずか7.4%である(全国40位)。

 そして図1に戻って2014年度から2017年度への増加分に着目してみると、奈良県や愛媛県などは、エアコン設置率がかなり低くかつ最高気温が上位にありながらも、2014年度から2017年度にかけて設置率がほとんど増加していない。過酷な状況がつづいている。

 なお、小中学校のエアコン設置率ならびに最高気温の数値と順位の詳細は、本記事下部にまとめて掲載したので、適宜参照してほしい。

■全国的な猛暑のなかで

 最高気温が高い自治体であっても、エアコンがほとんど整備されていないことがある。しかも、全国的に設置率が高まるなかで、依然として整備が進まない状況も見えてきた。

 ただし、くれぐれも最高気温が47都道府県のなかで低いとしても、それが「夏は涼しい」を意味するわけではない。最高気温は相対的に小さい地域に住む人であっても、「この地域だって暑い」と言うことだろう。実際に地域を問わず、オフィスや商業施設に入ればエアコンがしっかり効いている。

 そもそも日本全体が、絶対的に暑いということに留意すべきである。したがって、基本的に学校にはエアコンの設置を前提とすべきと、私は考える。

■エアコン設置が進まない理由:多額の財政負担

今日もまた暑い教室で授業がおこなわれる ※画像はイメージ

 毎年暑い夏がやってくるにもかかわらず、いくつかの自治体でエアコン設置が進まない背景には、財政的な事情がある。

 言うまでもなくエアコンは1台設置するだけでも高額な負担が生じる。ましてや、学校の場合、たとえば3年1組の教室だけを特別扱いするというわけにはいかない。学校内の全教室に設置することが求められる。

 これは学校内だけにとどまらない。たとえば、同じ市内において、A小学校にはエアコンがあり、B小学校にはエアコンがないと、これは両校の保護者の間に不公平感を生み出す。

 そもそも教育行政上、公立学校の設置者は市町村である。したがって、公平性の観点から同一市内においてエアコンがある学校とない学校をつくるわけにはいかない。

■教育環境の公平性

 市町村としては、自治体内のすべての学校のすべての教室に、一斉にエアコンを導入することが求められる。そのために億単位の予算を計上することも多々ある。しかも設置と同時に、毎年多額の電気代負担も生じることになる。

 設置のための莫大な予算が短期間に必要とされ、しかも多額の電気代が長期的に必要とされる。この財政的負担が各市町村に与える影響は大きく、それがエアコン設置の障壁となっている。

 現在、国は「学校施設環境改善交付金」としてエアコンの設置には3分の1の額を補助している。そうは言っても、自治体の負担はかなり大きい。

 義務教育段階においては、自治体内だけでなく日本社会全体において基本的には同質の教育環境が公平に保障されるべきである。このことを考えれば、エアコン設置の都道府県格差は、国の問題でもある。国からのより積極的な支援が必要である。

 公教育という名のもと、ある地域では子どもも先生もオフィスと同様のエアコンの効いた空間に身を置き、別の地域では今日もまた汗だくになって授業時間を過ごしている。こんな状況を放置していてよいのだろうか。

 エアコンはもはや贅沢品ではなく、必需品である。子どもたちが適度な室温で授業が受けられる環境を、一刻も早く整える必要があり、これは地域住民さらには国民全体で考えていくべき課題である。

[参考資料:各都道府県におけるエアコン設置率ならびに最高気温の数値と順位]

各都道府県におけるエアコン設置率ならびに最高気温の数値と順位 ※文部科学省「公立学校施設の空調(冷房)設備設置状況調査」と総務省統計局『統計でみる都道府県のすがた』をもとに筆者が算出・作図。
  • 注:総務省統計局が毎年刊行している『統計でみる都道府県のすがた』に、「最高気温」という指標が掲載されている。その2014年版から2018年版までの5年分の数値を参照し、その平均を、本記事における「最高気温」とした。『統計でみる都道府県のすがた』における都道府県別の「最高気温」とは、都道県庁所在地における「日最高気温の月平均の最高値」を意味し、具体的には「毎日の連続的観測記録のうち、1日の最高気温から、月平均の日最高気温を求め、それらの月平均気温のうち、年間を通じて最高の月平均気温」を示している。観測値は都道県庁所在地のものであるが、東京都は千代田区、埼玉県は熊谷市、滋賀県は彦根市における気象台の観測値である。

(2018年7月17日Yahoo個人より転載)


CLOSE
CLOSE