家事

No Picture

結婚のきっかけは「あなたの子どもが産みたい」。借金地獄を救ってくれた妻のために、ボクができること

結婚して以来14年間、炊事・掃除・洗濯などほぼほぼの家事をしている。子どもが生まれた4年前からは育児もボクが担当している。人からよく「なぜすべてをひとりでやるの?」「どうして男のお前が?」と聞かれるが、「家事・育児が好きだから」と答えている。

しかし、これは本当のようで本当の答えではない。もちろん好きは好きだが、その奥にはもっと大きな理由があるからだ。

消費者金融から400万円の借金

結婚した14年前、ひょんなことから妻と知り合い、付き合うことに。当時お互いに32歳の適齢期だったが、ボクに結婚の意思はなかった。前に付き合っていた彼女同様、妻も単なる通りすがりの女だと思っていた。それはなぜか? ボクは当時、400万円もの借金を抱えていたからだ。

22歳でひとり暮らしをはじめ、中目黒の15畳ワンルーム・家賃16万円という部屋を借りた。当時は景気がよく22歳にして月収60万円ほどの時期もあったので何とかなったが、それにしてもぜい沢な部屋だ。テレビで観た、「身の丈にあった生活をしていては成功できない。ちょっとぜい沢な環境に身を置くことで必死に働くことができ、金が追いついてくるんだ」という言葉を真に受けて、自分もそうした。しかし、そんな生活が長く続くはずがない。

やがて破たんをきたし「生活費」という名目で、消費者金融から金をつまむようになった。セイン・カミュが宇宙人に扮し「♪ラ・ラ・ラ・むじんくん」と歌っていた、たぶんあの時代。

最初は1社からの借り入れだったがそれが3社、最終的には6社・400万円にまで膨れ上がっていた。A社からつまんだ金をC社の返済にあて、E社からつまんだ金で飲みに行く、というすさんだ生活。完全な自転車操業。つまんだ金で仲間と飲み、カラオケ屋に行き「♪バーイシコー」とクイーンの『Bicycle Race』を歌い、自分を笑っていた。

アコムの看板が赤いことから、当時アコムのことを「UFJ」と呼ぶほどの『MY5』、マジで闇金5秒前だった。

別れを覚悟して、「借金がある」と告白したら

そんな折、妻と出会ったのだ。当然、そんな現状を言えるわけがない。言ったところで、すぐ逃げられるだけだ。というか、そんなこと言わなくたってすぐにオレが浮気でもして、バレて、別れるだろう、と。そんな中、いつものようにA〜F社が入っている新宿の街金ビルをハシゴして金を工面していると、ケータイに着信が。それは高校からの親友からのもので「結婚する」と。「それでハワイで挙式するから、お前も来ないか?」というものだった。

もう32歳、ハワイで挙式する親友、街金ビルを徘徊し今日・明日の2~3万を必死に工面する自分。見ないことに心血を注いでいた現実というフタが一気に開き、その場で吐いた。どうやって新宿から家の最寄り駅まで帰ってきたのか覚えてないが、踏切を真剣に見つめる自分がいた。「死のう。死にたい」そう、人生ではじめて本気で願ったのだった。

その夜、当時付き合っていた妻に、吐き出した。誰かに言わなければ、自分はもう狂ってしまう。誰かに吐き出して、少しでもラクになりたかったのだ。しかしこれで、この女ともお別れか。だが、彼女はこう言ったのだ。

「いくらあるの? アタシが返してあげるよ」

 そして、こうつけくわえた。

「あなたの子どもが、産みたいの」

日々、愛を返していく

ボクらは、その半年後に結婚した。以来、家事と育児はボクが担当している。彼女から「やれ」と言われたことは一度もない。すべて自主的にだ。家事や育児、好きは好きでやっている。

でもどこかで家事や育児を通して、あの日もらった愛をちょっとずつ妻に返しているのかもしれない。死ぬことも本気で考えた、その晩にもらった彼女からの愛。だからいわば32歳でいったん死んだわけで、今に至る以降の人生は、彼女にもらった余生なのだ。

実は妻は昨年、会社を辞めた。1000万円の年収を捨てて起業することにしたという。ボクにとっての人生は、彼女にもらった余生なのだから、彼女のやりたい道に寄り添うつもりだ。「どんな生活をしたいか」という望みはみんなあるが、それよりボクにとって大切なのは「誰といたいか」。

大切な人に「ありがとう」を伝えよう

ここまでの話がノロケに聞こえるかもしれないけど、あなたを支えてくれている人を大切に思っていますか? という話。夕飯の時間になれば出てくるご飯、きれいに畳まれたTシャツ、これらすべては「当たり前」なんかじゃない。

四十六にもなって、妻がすっと手を握ってくれる。これってもう、けっこうな奇跡に近いんじゃないかと思う。ここんとこ、ワンオペ育児とか家庭に関するいろんな問題がかなり大声で議論されているが、当事者であるすべての男女にこう言いたい。「好きな人にはやさしくしようぜ。あと、『ありがとう』って言おうぜ」って。

 

■村橋ゴローの育児連載

第1回 妻はきっと知らない。ボクが家事・育児の“ワンオペ夫“を14年続けられる理由。

第2回 不妊治療の末に授かった赤ちゃん。出ないおっぱい。ボクたちが経験した「産後うつ」

第3回 「この子捨てていい?」――地獄のような「産後うつ」乗り越え、ふたりで涙した夜

第4回 【週5で銭湯】子どもに社会を知ってもらう「湯育」(とういく)のススメ

 

渋谷で「孤育て」していた私が、1200人の親子とつながるまで。

親も、子どもも、ひとりの人間。

100人いたら100通りの子育てがあり、正解はありません。 

初めての子育てで不安。子どもの教育はどうしよう。

つい眉間にしわを寄せながら、慌ただしく世話してしまう。

そんな声もよく聞こえてきます。 

親が安心して子育てできて、子どもの時間を大切にする地域や社会にーー。

ハッシュタグ #子どものじかん で、みなさんの声を聞かせてください。

Read More





あえて夫へ厳しくする妻、その理由は…。「私が今日死んでしまったとしても」

ダンナ

夫に厳しいという妻。その理由を説明したツイートが話題に 「愛のムチ」なんて言葉もありますが、家族や恋人、大切な人だからこそ厳しく声をかけるという考え方は存在するはず。 今回ご紹介するのは旦那さんにとても厳しくしているとい […]



No Picture

「日本という国に根強く残る性別役割分担の名残」 ニューヨークタイムズが描く、日本のワーキングマザーの生きづらさ

ニューヨークタイムズの記事より

「日本のワーキングマザー 妻の課題な負担・夫の過少な支援」。こんなタイトルのニューヨークタイムズの記事(2月2日付)が、話題となっている。

2人の子どもを育てながら働く女性の1日に密着し、朝から晩まで家事や子育て、仕事に追われて息をつく暇もない過酷な様子を描いたルポタージュ。

男性が家事や育児に関わる時間の国際比較、「名もなき家事」問題、そして女性の管理職比率の低さや男性の長時間労働にまで切り込んだうえで、日本のワーキングマザーが置かれた状況が、たくさん写真と文章で浮き彫りにされている。

例えば、保育園に提出する連絡ノート。

記事中に登場するニシマサさんという女性は、子どもの体温、家庭での食事の内容、睡眠時間や1日のタイムスケジュールを記入する。小学生の長男の宿題を確認するのも彼女の役割だ。女性は家庭を優先しているため、8年間も昇給・昇格がない。記事は、「今、日本の女性たちは両刃の剣に直面しています」と指摘する。

「女性の負担を軽減しながら、働くことを促した」?

安倍晋三首相は1月23日の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の演説で、「女性活躍政策(ウィメノミクス)」について「女性が負う負担を軽減しながら、多くの、より多くの女性に、働くことを促した」と評価し、以下のように述べた。

その結果、いまや、雇用された女性は200万人増えた。繰り返します。新たに付加されるかたちで、200万人の女性労働力が増えたのです。女性の労働参加率は67%、日本では歴代最高で、米国などより高い比率になっています。

ダボス会議で演説する安倍晋三首相

記事は、この安倍首相の演説内容についても反論する。

しかし、日本の多くの女性は職場で限られた役割に甘んじている。女性の、ひいては日本全体の願望の最大の障害のひとつが、彼女たちの肩にのしかかる、家庭での家事や育児の負担だ。

これは、日本という国に根強く残る性別役割分担の名残からくるものだ。日本の女性たちの労働参加率が記録的な高さを更新している一方、彼女たちの膨大な家事や育児の負担は減る気配がない(記事より引用)

「家の中を見れば分かる」NYTも日本語でツイート

記事を執筆したのは、リッチ素子・ニューヨークタイムズ東京支局長。Twitterに「マーケティングのプロで、3人の子どもの母親であるニシマサさんと1日を過ごしました。彼女がいつ働いているのか、不思議です」と取材の感想を投稿している。

Here’s the Japanese article https://t.co/B5c47qPjkE

日本のワーキングマザーが働きにくい本当の原因を理解するには、家の中をみればわかります。典型的に、週に49時間以上働いている女性は、家事に25時間近くを費やしています。彼女達の夫たちは、平均5時間以下。しかも、育児は含まれないのです。

— The New York Times (@nytimes) 2019年2月3日

異例の和訳記事も公開し、家事育児の家庭内分担についての意見も募集している。ニューヨークタイムズの公式Twitterでも日本語で「日本のワーキングマザーが働きにくい原因は、家の中を見れば分かる」と投稿。「共感する」「良記事」「夫婦間の話し合いの問題」などの反応が寄せられている。


No Picture

妻はきっと知らない。ボクが家事・育児の“ワンオペ夫“を14年続けられる理由。

みなさん、はじめまして。ライター・コラムニストの村橋ゴローです。

突然ですがボクは結婚以来14年間、ほぼほぼの家事と育児を担当している兼業主夫(シュフ)をしています。掃除・洗濯・炊事・家の備品や食料の買い出し・そして育児、これらをほぼひとりでやっております。ワンオペという言葉がなかったその昔から、これらをほぼひとりでこなしてきました。

そんなことを人に話すと、「なんで?」「きつくない?」と聞かれます。なんでもクソも好きだからやってるんですよ。妻からは結婚以来「家事をやれ」とひと言も言われたことはありません。すべて自主的に、自分から家事をこなしてきました。

だってね、原稿を書こうと机に向かっても、そんなスラスラと進むものでもありません。それならばと掃除や洗濯と体を動かしていると、意外にも集中力が増してきます。業者のようにT字の水切りワイパーで窓掃除をしつつも、頭の中では文章の構成ができあがったりするのです。そして家事が終わったら、一気に原稿! だからライターと家事って、すげえ相性がいいんですよ。

手作り弁当の中身は……?

妻は会社員をしております。そのため、お弁当もボクが作っています。これも14年間、ほぼほぼ欠かすことなく続けています。これも人に話すと「すごい!」「えらい!」と誉められますが、もう意地だけでやっている。いや、もちろん弁当作るのが好きでやっているんですが、「好き」と「意地」は双子の兄弟というか。好きで始めたこととはいえ、それを持続させるには意地という力が必要になってきます。

なにも人に見せられるようなキレイな彩りではありません。前の日の晩飯の残りを詰めたり、『クックドゥ』で野菜や肉を炒めたような茶色い系です。さらには、大量に作りすぎてしまったおでんや、スーパーで衝動買いしたものの、僕自らが早々に飽きてしまった「黒にんにく」を毎日10粒ほど弁当箱に詰めることも。こうなると妻からすれば「対ねりもの」「対黒にんにく」の日々です。

(写真はイメージ)

ですが、それすらも「今日も食べきったー!」と笑顔で報告してくれる妻の愛があってこそ。人は「毎日弁当作ってえらいね」と誉めますが、僕からすれば「どんな雑な弁当でも笑顔で食べてくれてありがとう」なのです。男の家事や炊事ですから、雑なところも多々あるでしょう。ですが妻から文句を言われたことは、結婚以来一度もありません。いつも「ありがとう」と返してくれる。だから嬉しくて、またがんばる。

まるで母親と小学生の息子のようですね。「ママのためにセミの抜け殻30個取ってきたよ!」卒倒しそうになりながら「すごいわねえ、ありがとう!」という、例のアレです。

ボクが思う「究極の家事」

毎日家事をしているとたまに考えるのです。家事の「100点満点」って、どこにあるんだろう?って。日々、努力や工夫を重ねて家の中をまわしているつもりです。でも、もしかしたら、その究極って「評価されない」ことにあるのかなと思うんです。

家人に気づかれないままトイレットペーパーを補充する、昨日洗濯機に突っ込んだ服が翌日にはクローゼットに畳まれ収納されている。

「歯磨き粉が切れちゃって困ってたんだ。買ってきてくれてありがとう!」などと感謝されているうちは、100点じゃねえよなと思うのです。「評価されない」のが「究極の家事」なんですから、シュフは辛いなあ。

そうなると自分との戦いです。「誰も評価してくれないなんて、最高の仕事をしているじゃないか。ボクはただ自分の中のシュフ業をまっとうしていくだけだ」という心境にたどりつくわけで、もうほとんど職人ですね。

家事が楽しくなるライフハック

さて、ここまで読んでくださった読者のために、家事のライフハック的なやつをひとつ。この季節、洗濯物ってなかなか乾かないじゃないですか。特にTシャツやトレーナーのワキの部分が全然乾かない。そこでオススメしたい干し方といえば、コレ!

グータッチ法!まるでジャイアンツの原監督が、ホームランを打った自軍選手を迎え入れるかのようなグータッチ干し!誰が呼んだか、洗濯界のホームラン王!そして、「いや、私は野球よりゴリゴリの格闘技派よ!」というそこの奥様にオススメしたい干し方といえば、コレ!

グレイシートレイン!エリオを筆頭にホイラー・ヘンゾ・ホイスのトレイン入場!この干し方をすれば(柔術家の)グレイシー一族同様、家族にも鉄の絆が生まれること間違いなし!家事とは愛とクリエイションなのであります。

42歳からはじめた不妊治療

とまあ、このように妻とふたり、楽しく暮らしてきました。ダブルインカムですから贅沢はせずとも我慢することはない。でもこうも思ったのです。世界中のワインを飲み干す日々と、フードコートのたこ焼きを家族3人でほお張る週末、どちらが幸せなんだろう?と。よそ様のことはわかりませんが、ボクと妻が出した答えは後者でした。

結婚して7年目、互いに39歳を過ぎたころ僕らは不妊治療にとりかかりました。そして3年もの治療の末、待望の第一子を授かったのです。互いに42歳、遅すぎるパパママとなった我が家に”育児”という大きな仕事が加わった。在宅就労者ゆえ、それはボクの両肩に大きくのしかかり、”ワンオペパパ”の意味はさらに拡大していったのであった。

親も、子どもも、ひとりの人間。

100人いたら100通りの子育てがあり、正解はありません。

初めての子育てで不安。子どもの教育はどうしよう。

つい眉間にしわを寄せながら、慌ただしく世話してしまう。

そんな声もよく聞こえてきます。

親が安心して子育てできて、子どもの時間を大切にする地域や社会にーー。

ハッシュタグ #子どものじかん で、みなさんの声を聞かせてください。



CLOSE
CLOSE