子育て

究極の家事育児あるある!「名画で学ぶ主婦業」シリーズに共感と悲鳴が止まらない 7選

名画で学ぶ主婦業

Twitterのハッシュタグとして話題を集め、書籍化もされた「#名画で学ぶ主婦業」(書籍第一弾の記事はこちら)。 世界的な名画の数々を、忙しい主婦にありがちな状況に例えるという究極の「主婦あるある」ですが、なんと宝島社か […]

Read More



No Picture

「眠れる森の美女」「赤ずきんちゃん」…男女の固定観念を植え付ける? バルセロナの学校が、児童書200冊を図書館から撤去

スペイン・バルセロナの学校の幼児向け図書館は、男女の役割分担意識を子どもたちに植え付ける恐れがあるとして、「眠れる森の美女」や「赤ずきんちゃん」などの児童書約200冊を撤去するという。 海外メディアが報じている。

撤去するのは、スペインのカタルーニャ自治州にある学校。6歳までの子どもたちを対象とした児童書約600冊を精査したところ、性差別の観点から約3割の図書が「有害」だと判断された。60%は「深刻な問題はない」とされ、問題がなかった図書は10%に過ぎなかった。

児童書の調査に加わったアンナ・トゥツォさんは、「性差別をめぐる社会の認識や意識は変化しているのに、童話には反映されていません」と指摘。「子どもはスポンジのように学んだことを吸収するので、ステレオタイプ化された男女の役割分担意識を当たり前だと受け止めてしまう」と危惧する。

一方で、「物事を批判的に考える能力が成長し、性差別について学ぶ機会となり得る」として、問題があると判断した本も小学生向けの書棚からは撤去しないという。

同様の動きは、カタルーニャ自治州の別の学校にも広がっているようだ。

「昔話はジェンダーの固定観念を子どもたちに植え付け、再生産している」として、保護者会で男女平等委員会を設立した学校では、性差別的だと思われる本を図書館から撤去するという。

保護者会会長のエステル・クルセッラさんは「子どもたちは5歳で、すでにジェンダーの役割を確立しています。

男の子らしさ、女の子らしさとはどういうことなのか、自分が男の子であること、女の子とあることが何を意味するのかを知っています」と指摘。幼児期からジェンダーの固定観念を植えつけないような教育が大事だと主張している。

 

ディズニーも、プリキュアも…

幼い子どもたちの身近にある童話やテレビ番組のジェンダー観は、急激にアップデートされつつある。

伝統的なプリセンス像を子どもたちに届けてきたディズニーも、「自分の力を信じる」「ベストを尽くす」「絶対にあきらめない」など新しいプリンセスの定義を打ち出している

日本でも子ども向けの人気アニメシリーズ「プリキュア」で、2018年に初めて男の子のプリキュアが誕生するなど、正面からジェンダーの問題に切り込んだ。



No Picture

ミレニアル親が選ぶ、見せっぱなしにしても子どもの知的好奇心が育つNetflixのSTEAM番組5選!

今世紀における子育ての救世主、動画。みなさんはどうしてますか?
私は現在、小1の息子を絶賛子育て中ですが…、

我が家には、テレビチューナーとYouTubeが存在しません!

あるのは、ホームシアターとNetflixの5万作品とAmazon Prime 2万6000作品のみ!

※あとは、たまにNHK for Schoolで無料動画を見ています。
端末は一番コスパがいいAmazon Fire stickを使ってます。テレビや映像端末につなげるだけ!

Netflixのほうが親が楽できる。

Youtubeもテレビも与えていない理由はシンプルです。それは、コントロールが困難だから。

Youtubeの無限に表示されるサジェスチョンの中には、エルサゲート等、子どもにとって有害なコンテンツも存在しますし、3分おきの検閲は現実的ではありません。

また、テレビがない理由は、時間を区切れないこと、ステレオタイプなジェンダー・ロールや、暴力性のある描写が、心配性の私には時々気になってしまうこと等が挙げられます。(私自身が、流行りの番組をチェックしたい時はTVerやオンデマンドを利用しています。)

Netflixのような有料動画サービスには実にたくさんのメリットがあります。

・15分、25分と尺が決まっているので時間を区切り視聴ができる。
・無駄な広告を見せずに済む。
・明確なガイドラインにより、人種、ジェンダーロールがステレオタイプにならないか、暴力性がないかなどあらゆる配慮があり、多様な番組がとても多い!(これデカい!)

また、Netflixでは、年齢設定が設けられています。未就学児、小学校低学年、小学校高学年この中からお子さんに合う設定が完了したら、時間をきめて自由に子どもに作品を選んでもらいましょう。

今回まとめた番組は、私がこれまで0歳〜6歳の育児中に視聴した中で、抜群にセンスが良く、子どももハマり好奇心が刺激されたものを集めてみました。すべて、特に、STEAM(科学、テクノロジー、工学、アート、数学)分野に力を入れてるものです。どれも子どもがうらやましくなるものばかりです。

・大人がみてもためになるファレル・ウィリアムズ監修の教育バラエティ
・仕組みを楽しく図解するアニメ
・好奇心を刺激するロングセラー科学アニメ
・シアタープロダクション版セサミストリート
・日常のものがアート画材にみえてる(Amazon Prime)

 

大人がみてもためになるファレル監修の教育バラエティ

Netflix『みんなでビックリ大発見! (原題:brainchild)』 (7才〜ティーン向け)

 

人体の不思議に、社会学、心理学、生物学など様々な観点からテンポよくせまるバラエティ番組です。#1「ソーシャルメディア編」では、SNS中毒のメカニズム、盛れる自撮りの方法、匿名性による意見の変化の実験までしていて大人もびっくりな内容です。6才のうちの子はソーシャルメディアをやっていないので、エピソード2の「バクテリアの正体」から見て楽しんでいました。このリストの中で一番大人が見てもためになる番組でした。 疑問になんでも答える女性科学者、MCのインド系アメリカ人女性はふたりともコミカルでとても素敵です!使われてる音楽やデザインもめちゃおしゃれなのはプロデューサーがPharrellだから。

 

仕組みを楽しく図解するアニメ

Netflix 『ストーリーボット』 (5才〜)

 

コンピューターがどのようにして動くか、電気はなぜ発生するのか、どうやって風邪は伝染るのか、あらゆる「しくみ」をわかりやすいイラストでとアニメーションで解説していきます。子どもは気に入って、理解するまで繰り返し観ていました。もともとYoutubeで放送されていたインディーアニメだったらしいのですが、Netflixがディズニーに対抗するために買収したそうです。なかなか良くできています。

 

好奇心を刺激するロングセラー科学アニメ

Netflix 『マジック・スクールバス・リターンズ』(5才〜)

 

米国では言わずとしれた90年代の元祖STEMアニメの新シリーズ。科学者のフリズル先生と生徒たちが、バスに乗ってジュラ紀にタイムスリップしたり、ミクロになって人体の中を冒険します。特にインターネットの回は、目からウロコでした。高速でおばあちゃんに会いにいくために体を分割しデータ化して転送されてたDNPサーバ、IPアドレス、中継器を通ります。

 

シアタープロダクション版セサミストリート

Netflix 『ジュリーのへや (Julie’s Greenroom)』(4才〜)

 

マペットと人間が繰り広げる、いわゆるセサミストリートような座組の番組です。舞台芸術の裏側、ボイトレ、即興の方法など、演劇のいろはが学べます。なんと、司会がサウンド・オブ・ミュージック主演女優のジュリー・アンドリュース。ゲストはイディナ・メンゼルなど、著名ブロードウェイスターばかりです。

 

日常のものがアート画材にみえてくる!

Amazon Prime『クリエイティブ・ギャラクシー』(3才〜)

今回ピックアップした唯一のAmazon作品です。

子どもが工作やアートをするきっかけになったのはこの作品でした。アートであらゆる問題を解決する宇宙人のアーティーが主人公。冒頭10分はアニメーションでその後実写になり具体的なチュートリアルで作品制作を教えてくれます。リアルタイムではないので観ながら作ることができておすすめです。

 

他にもおすすめはありますが、基本的にオリジナル作品はかなりの確率で、害がなく学びがある作品が多いです!

※ もちろんキッズ設定にすることは忘れずに。Netflixは、未就学児、小学校低学年、小学校高学年まで設定可能です。

おかげでうちの子は、知識を得ることの楽しさを学び、番組でみたことを度々絵にして解説してくれるようになりました。

地球の中の赤道と火山の様子を表現した作品コンピューターの1と0の世界を表現した作品食物連鎖の図電気がおこる仕組みの図

我々大人以上に無限の選択肢がある世の中、数年後には息子もきっと自分の責任でコンテンツを選択するようになります。

それまでは、できるだけ多様性に理解がある固定概念のない子に育てたいし、心のトラウマや、親の私自身のストレスを軽減したいという気持ちが強く、このような選択に至りました。

みなさんもぜひおすすめの教育コンテンツを教えてください!

 

(2019年5月14日 note「ミレニアル親が選ぶ、見せるだけで子どもの知的好奇心が育つNetflixのSTEAM番組5選!」より転載)


No Picture

長友佑都が子育てへの思いつづる 「女性は家事や子育てをするという固定概念が正直あった」

トルコのサッカー1部・ガラタサライに所属するDFの長友佑都選手が5月12日、母の日に寄せてツイッターに投稿した2つのツイートが反響を呼んでいる。

ロシアW杯決勝トーナメント1回戦のベルギー戦から一夜明け、ポーズを取る日本代表の長友佑都

母の日。
父親になってみて、母親の偉大さに更に気がつく。
世界中のお母さんに感謝。
あと俺のオカン、妻の母、そして妻の愛梨に心から感謝。
子育て環境をもっとよくしたいな。子育てし辛い事とか、もっとこうなってほしいとか、教えて欲しい。
自分に出来る事があれば行動に移したいな。#母の日

— Yuto Nagatomo | 長友佑都 (@YutoNagatomo5) May 12, 2019

1つ目のツイートで長友選手は、「父親になってみて、母親の偉大さに更に気がつく。 世界中のお母さんに感謝。 あと俺のオカン、妻の母、そして妻の愛梨に心から感謝」と感謝の気持ちを綴った上で、「子育て環境をもっとよくしたいな。子育てし辛い事とか、もっとこうなってほしいとか、教えて欲しい。 自分に出来る事があれば行動に移したいな」と、子育て環境の向上についての意欲を語った。

このツイートには、「父親も子どもの用事(看病、行事など)で有給や休みがとれるような職場環境になってほしいです」「小さな子は預けられる託児所がスタジアムにあったら嬉しいです。その子達も窓越しでサッカーが観られるとなお嬉しい」など、様々な意見が寄せられた。

僕は日本にいる頃、男はバリバリ働き、女性は家事や子育てをするという固定概念が正直あった。
海外に来て、彼らの家族への愛、言葉、時間の使い方をみて、自分の男としての概念が変わった。
家族のため働き、共に子育て、そして大きな愛を注ぐ。
これができる漢が日本男児。
頑張ろう!

— Yuto Nagatomo | 長友佑都 (@YutoNagatomo5) May 12, 2019

続く2本目のツイートでは、「僕は日本にいる頃、男はバリバリ働き、女性は家事や子育てをするという固定概念が正直あった。 海外に来て、彼らの家族への愛、言葉、時間の使い方をみて、自分の男としての概念が変わった。 家族のため働き、共に子育て、そして大きな愛を注ぐ。 これができる漢が日本男児。 頑張ろう!」と、海外生活を経験したことで変化した概念について綴った。

これについては、「本当にその通りだと思う」といった母親からの意見や、「自分も変わらないといけない。ありがとう長友選手!」などと父親と見られる人からのコメントもあった。

 2011年にイタリアのチームに移籍し18年からはトルコでプレーするなど、長年に渡り海外で活躍する長友選手。変化した価値観は、子育てや働き方など、変化しつつある日本の人々の心にも響いたようだ。





CLOSE
CLOSE