女性

No Picture

ロシアの地方議員の妻、高速道路で音楽動画をゲリラ撮影 大渋滞で救急車も立ち往生

オクサナ・ヤコブレワさん

ロシア人の女性歌手がモスクワの高速道路上でゲリラ的にミュージッククリップを撮影し、大渋滞を引き起こした。その様子を撮影した動画がソーシャルメディアで拡散、女性が地方議員の妻ということもあって、怒りの声や批判が相次いでいる。

渦中の人物は、オクサナ・ヤコブレワさん(29)。ヤハナの芸名で歌手活動をしており、モスクワ州ショルコボ町のアレクセイ・ヤコブレフ議員の妻でもある。

ヤコブレワさんは10月7日、モスクワ中心部を取り囲むように走る高速道路「モスクワ環状道路」に車を停車させ、その前でミュージッククリップの撮影を決行した。

ヤコブレワさんはほかの2人の女性を従え、レオタードのようなコスチュームで激しく踊った。その様子をカメラマンが動画で撮影した。

この影響で、環状道路は大渋滞が発生。モスクワのラジオ番組「モスクワのこだま」によると、緊急車両も巻き込まれたといい、ヤコブレワさんは許可なく撮影をしたとして、2万ルーブル(約3万4000円)の罰金を支払うことになったという。

ソーシャルメディアなどには「緊急車両が遅れたらどうするつもりだ」「PR方法がブラックだ」「くだらない女だということをみんなが知ることになった」などと、批判的なコメントがあふれた。

だが、ヤコブレワさんは「私は撮影していない。誰かが撮影していたところに通りがかっただけだ」などと否認したという。

ヤコブレワさんは当初、Instagramに撮影された動画を投稿したが、批判が殺到したためか削除している。

それでも地元メディアの取材に対し、「大部分の人はポジティブに私のことを見ていたと思う。撮影中、車の通行を邪魔して一部の人には不快な思いをさせたけど」と反省の色はない様子。

さらには、「今の世の中、金もコネもない人が芸能界に飛び込むのは非現実的で、とても厳しいということ。私には何もなかった」と述べ、芸能界で生き残るためには過激な活動も必要だとの考えを示した。

Read More

No Picture

ロシアの地方議員の妻、高速道路で音楽動画をゲリラ撮影 大渋滞で救急車も立ち往生

オクサナ・ヤコブレフさん

ロシア人の女性歌手がモスクワの高速道路上でゲリラ的にミュージッククリップを撮影し、大渋滞を引き起こした。その様子を撮影した動画がソーシャルメディアで拡散、女性が地方議員の妻ということもあって、怒りの声や批判が相次いでいる。

渦中の人物は、オクサナ・ヤコブレワさん(29)。ヤハナの芸名で歌手活動をしており、モスクワ州ショルコボ町のアレクセイ・ヤコブレフ議員の妻でもある。

ヤコブレワさんは10月7日、モスクワ中心部を取り囲むように走る高速道路「モスクワ環状道路」に車を停車させ、その前でミュージッククリップの撮影を決行した。

ヤコブレワさんはほかの2人の女性を従え、レオタードのようなコスチュームで激しく踊った。その様子をカメラマンが動画で撮影した。

この影響で、環状道路は大渋滞が発生。モスクワのラジオ番組「モスクワのこだま」によると、緊急車両も巻き込まれたといい、ヤコブレワさんは許可なく撮影をしたとして、2万ルーブル(約3万4000円)の罰金を支払うことになったという。

ソーシャルメディアなどには「緊急車両が遅れたらどうするつもりだ」「PR方法がブラックだ」「くだらない女だということをみんなが知ることになった」などと、批判的なコメントがあふれた。

だが、ヤコブレワさんは「私は撮影していない。誰かが撮影していたところに通りがかっただけだ」などと否認したという。

ヤコブレワさんは当初、Instagramに撮影された動画を投稿したが、批判が殺到したためか削除している。

それでも地元メディアの取材に対し、「大部分の人はポジティブに私のことを見ていたと思う。撮影中、車の通行を邪魔して一部の人には不快な思いをさせたけど」と反省の色はない様子。

さらには、「今の世の中、金もコネもない人が芸能界に飛び込むのは非現実的で、とても厳しいということ。私には何もなかった」と述べ、芸能界で生き残るためには過激な活動も必要だとの考えを示した。


No Picture

ロシアの地方議員の妻、高速道路で音楽動画をゲリラ撮影 大渋滞で救急車も立ち往生

オクサナ・ヤコブレフさん

ロシア人の女性歌手がモスクワの高速道路上でゲリラ的にミュージッククリップを撮影し、大渋滞を引き起こした。その様子を撮影した動画がソーシャルメディアで拡散、女性が地方議員の妻ということもあって、怒りの声や批判が相次いでいる。

渦中の人物は、オクサナ・ヤコブレワさん(29)。ヤハナの芸名で歌手活動をしており、モスクワ州ショルコボ町のアレクセイ・ヤコブレフ議員の妻でもある。

ヤコブレワさんは10月7日、モスクワ中心部を取り囲むように走る高速道路「モスクワ環状道路」に車を停車させ、その前でミュージッククリップの撮影を決行した。

ヤコブレワさんはほかの2人の女性を従え、レオタードのようなコスチュームで激しく踊った。その様子をカメラマンが動画で撮影した。

この影響で、環状道路は大渋滞が発生。モスクワのラジオ番組「モスクワのこだま」によると、緊急車両も巻き込まれたといい、ヤコブレワさんは許可なく撮影をしたとして、2万ルーブル(約3万4000円)の罰金を支払うことになったという。

ソーシャルメディアなどには「緊急車両が遅れたらどうするつもりだ」「PR方法がブラックだ」「くだらない女だということをみんなが知ることになった」などと、批判的なコメントがあふれた。

だが、ヤコブレワさんは「私は撮影していない。誰かが撮影していたところに通りがかっただけだ」などと否認したという。

ヤコブレワさんは当初、Instagramに撮影された動画を投稿したが、批判が殺到したためか削除している。

それでも地元メディアの取材に対し、「大部分の人はポジティブに私のことを見ていたと思う。撮影中、車の通行を邪魔して一部の人には不快な思いをさせたけど」と反省の色はない様子。

さらには、「今の世の中、金もコネもない人が芸能界に飛び込むのは非現実的で、とても厳しいということ。私には何もなかった」と述べ、芸能界で生き残るためには過激な活動も必要だとの考えを示した。


No Picture

ロシアの地方議員の妻、高速道路で音楽動画をゲリラ撮影 大渋滞で救急車も立ち往生

オクサナ・ヤコブレフさん

ロシア人の女性歌手がモスクワの高速道路上でゲリラ的にミュージッククリップを撮影し、大渋滞を引き起こした。その様子を撮影した動画がソーシャルメディアで拡散、女性が地方議員の妻ということもあって、怒りの声や批判が相次いでいる。

渦中の人物は、オクサナ・ヤコブレワさん(29)。ヤハナの芸名で歌手活動をしており、モスクワ州ショルコボ町のアレクセイ・ヤコブレフ議員の妻でもある。

ヤコブレワさんは10月7日、モスクワ中心部を取り囲むように走る高速道路「モスクワ環状道路」に車を停車させ、その前でミュージッククリップの撮影を決行した。

ヤコブレワさんはほかの2人の女性を従え、レオタードのようなコスチュームで激しく踊った。その様子をカメラマンが動画で撮影した。

この影響で、環状道路は大渋滞が発生。モスクワのラジオ番組「モスクワのこだま」によると、緊急車両も巻き込まれたといい、ヤコブレワさんは許可なく撮影をしたとして、2万ルーブル(約3万4000円)の罰金を支払うことになったという。

ソーシャルメディアなどには「緊急車両が遅れたらどうするつもりだ」「PR方法がブラックだ」「くだらない女だということをみんなが知ることになった」などと、批判的なコメントがあふれた。

だが、ヤコブレワさんは「私は撮影していない。誰かが撮影していたところに通りがかっただけだ」などと否認したという。

ヤコブレワさんは当初、Instagramに撮影された動画を投稿したが、批判が殺到したためか削除している。

それでも地元メディアの取材に対し、「大部分の人はポジティブに私のことを見ていたと思う。撮影中、車の通行を邪魔して一部の人には不快な思いをさせたけど」と反省の色はない様子。

さらには、「今の世の中、金もコネもない人が芸能界に飛び込むのは非現実的で、とても厳しいということ。私には何もなかった」と述べ、芸能界で生き残るためには過激な活動も必要だとの考えを示した。


No Picture

ロシアの地方議員の妻、高速道路で音楽動画をゲリラ撮影 大渋滞で救急車も立ち往生

オクサナ・ヤコブレフさん

ロシア人の女性歌手がモスクワの高速道路上でゲリラ的にミュージッククリップを撮影し、大渋滞を引き起こした。その様子を撮影した動画がソーシャルメディアで拡散、女性が地方議員の妻ということもあって、怒りの声や批判が相次いでいる。

渦中の人物は、オクサナ・ヤコブレワさん(29)。ヤハナの芸名で歌手活動をしており、モスクワ州ショルコボ町のアレクセイ・ヤコブレフ議員の妻でもある。

ヤコブレワさんは10月7日、モスクワ中心部を取り囲むように走る高速道路「モスクワ環状道路」に車を停車させ、その前でミュージッククリップの撮影を決行した。

ヤコブレワさんはほかの2人の女性を従え、レオタードのようなコスチュームで激しく踊った。その様子をカメラマンが動画で撮影した。

この影響で、環状道路は大渋滞が発生。モスクワのラジオ番組「モスクワのこだま」によると、緊急車両も巻き込まれたといい、ヤコブレワさんは許可なく撮影をしたとして、2万ルーブル(約3万4000円)の罰金を支払うことになったという。

ソーシャルメディアなどには「緊急車両が遅れたらどうするつもりだ」「PR方法がブラックだ」「くだらない女だということをみんなが知ることになった」などと、批判的なコメントがあふれた。

だが、ヤコブレワさんは「私は撮影していない。誰かが撮影していたところに通りがかっただけだ」などと否認したという。

ヤコブレワさんは当初、Instagramに撮影された動画を投稿したが、批判が殺到したためか削除している。

それでも地元メディアの取材に対し、「大部分の人はポジティブに私のことを見ていたと思う。撮影中、車の通行を邪魔して一部の人には不快な思いをさせたけど」と反省の色はない様子。

さらには、「今の世の中、金もコネもない人が芸能界に飛び込むのは非現実的で、とても厳しいということ。私には何もなかった」と述べ、芸能界で生き残るためには過激な活動も必要だとの考えを示した。


No Picture

ロシアの地方議員の妻、高速道路で音楽動画をゲリラ撮影 大渋滞で救急車も立ち往生

オクサナ・ヤコブレフさん

ロシア人の女性歌手がモスクワの高速道路上でゲリラ的にミュージッククリップを撮影し、大渋滞を引き起こした。その様子を撮影した動画がソーシャルメディアで拡散、女性が地方議員の妻ということもあって、怒りの声や批判が相次いでいる。

渦中の人物は、オクサナ・ヤコブレワさん(29)。ヤハナの芸名で歌手活動をしており、モスクワ州ショルコボ町のアレクセイ・ヤコブレフ議員の妻でもある。

ヤコブレワさんは10月7日、モスクワ中心部を取り囲むように走る高速道路「モスクワ環状道路」に車を停車させ、その前でミュージッククリップの撮影を決行した。

ヤコブレワさんはほかの2人の女性を従え、レオタードのようなコスチュームで激しく踊った。その様子をカメラマンが動画で撮影した。

この影響で、環状道路は大渋滞が発生。モスクワのラジオ番組「モスクワのこだま」によると、緊急車両も巻き込まれたといい、ヤコブレワさんは許可なく撮影をしたとして、2万ルーブル(約3万4000円)の罰金を支払うことになったという。

ソーシャルメディアなどには「緊急車両が遅れたらどうするつもりだ」「PR方法がブラックだ」「くだらない女だということをみんなが知ることになった」などと、批判的なコメントがあふれた。

だが、ヤコブレワさんは「私は撮影していない。誰かが撮影していたところに通りがかっただけだ」などと否認したという。

ヤコブレワさんは当初、Instagramに撮影された動画を投稿したが、批判が殺到したためか削除している。

それでも地元メディアの取材に対し、「大部分の人はポジティブに私のことを見ていたと思う。撮影中、車の通行を邪魔して一部の人には不快な思いをさせたけど」と反省の色はない様子。

さらには、「今の世の中、金もコネもない人が芸能界に飛び込むのは非現実的で、とても厳しいということ。私には何もなかった」と述べ、芸能界で生き残るためには過激な活動も必要だとの考えを示した。


給料が割に合わない、人間関係が大変……。仕事でストレスを感じる女性が8割

日本最大級の派遣のお仕事まとめサイト『エン派遣』上で、サイト利用している20代~40代の女性を対象に「ストレス」についてアンケート調査を行ない、1,342名から回答を得ました。以下、概要をご報告します。

調査結果 概要

★ 仕事に関してストレスを感じている女性は81%。

★ ストレスの原因は「給与と仕事のバランス」「人間関係」が上位。

調査結果 詳細

1仕事に関してストレスを感じている女性は81%。(図1

「仕事に関するストレスをどの程度感じますか?」と質問をしたところ、81%の方が「感じる(かなり強く感じる:28%、強く感じる:53%)」と回答しました。

1仕事に関するストレスをどの程度感じますか?

2ストレスの原因は「給与と仕事のバランス」「人間関係」が上位。(図2

「仕事に関するストレスを特に感じるのはどのような点ですか?」と質問したところ、もっとも多くの方が解答したのは「お給料が仕事内容・仕事量に見合わない」(42%)でした。

『事務作業に加えて商品出荷も任されることになったが給料が変わらない』(28歳)、『仕事をこなせばこなすほど、賃金は上がらず期待だけが高くなった』(30歳)、『英会話力必須の仕事で責任も求められるのに平均よりも給料が安い』(34歳)など、仕事に見合った給与がもらえていないことにストレスを感じている方が多いようです。

次いで挙げられたのは「上司との関係」(34%)、「同僚・後輩との関係」(32%)。『上司のセクハラやパワハラ』(32歳)、『年齢や好みのタイプで任せる仕事を決めること。若い子には楽な仕事を任せるような上司に対してストレスを感じる』(43歳)、『後輩のヤル気のなさ。ノルマがないから、達成感がない』(28歳)『仕事中で忙しいのにおしゃべりばかりしてくる先輩にストレス』(35歳)といった声が寄せられました。

2仕事に関するストレスを特に感じるのはどのような点ですか?(3つまで回答可)

【調査概要】

■調査方法:インターネットによるアンケート

■調査対象:『エン派遣』を利用しているユーザー

■有効回答数:1,342名

■調査期間:2018年6月28日~7月30日

【関連記事】

【関連リンク】

カイシャの評判ジャーナル | 話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

人事、採用、労務の情報ならエン人事のミカタ

CAREER HACK | WEB・IT業界で働く人々の人生を少し豊かにするメディア

転職エージェントなら 【エン エージェント】 エンジャパン




No Picture

ギネスブックに認定された『最高齢のプロフェッショナル・クラブDJ』は日本のおばあちゃん!?

みなさんはクラブに行ったことはありますか? 大きな音でダンサブルな音楽がかかるフロアで踊りを楽しむ人々。そしてそんなパリピたちを熱狂させる空間の仕掛け人がいます。 それが”クラブDJ”と呼ばれる人々。…


CLOSE
CLOSE