大学生

No Picture

カネカのパタハラ疑惑、大学生から“アウト“の声 「水面下で鬼の転職活動ですね!」

就職活動生のイメージ

育休から復帰したら、転勤を言い渡されたーー。

化学メーカーのカネカの元社員の男性に対するパタハラ疑惑は、カネカ側が6月6日に「育休をとった社員だけを特別扱いすることはできない」として、転勤命令などは「適切だった」と結論づけるコメントを発表して収束しつつある。

同社の公式サイトトップページには、1週間が過ぎた今も、次のように結ばれた公式見解が大きく掲載されている

元社員の転勤及び退職に関して、当社の対応は適切であったと考えます。当社は、今後とも、従前と変わらず、会社の要請と社員の事情を考慮して社員のワークライフバランスを実現して参ります

だが、折しも世の中は就活シーズン。6月9日に大阪で開かれた就活イベント「マイナビインターンシップEXPO」では、カネカは急遽出展を取り下げる事態に。

カネカのパタハラ疑惑の報道、大学生たちはどう感じたのだろうか?

 

「盗めるものだけ盗んで、水面下で鬼の転職活動ですね!」 

「こんなことは日常茶飯事だと思っているので、カネカの一件は氷山の一角、それもほんのわずかな一角なんじゃないかなあと思います」

あっさりとこんな回答をくれたのは、外資系企業を志望するA君(22)。

「育休明けの転勤とか明らかな窓際への追いやりみたいなのは、日本だとまだまだあるんだろうなと前から感じてました。でもそれは、世界的な文脈の中で『もうやめた方がいいこと』のはず。なのに、その判断ができないという事実は会社そのものの信頼を下げますよね。こんなことも分かっていない、もしくは環境が整っていないなら、そんな会社には行きたくないです」

なんとも冷めた回答……。もしも入社した会社がこうだったらどうするの?

「盗めるものだけ盗んで、水面下で鬼の転職活動ですね! アウトでしょ! 今って、終身雇用の時代じゃないですし、職場環境の適切な整備ができない会社はどんどん人手を失う一方じゃないですか?」

ごもっともです。

 

「いやいや納得するかも…」

マスコミ志望の大学4年生のB君は、育休明けの転勤命令は「ひどい対応でパタハラだと思うが、受け入れるしかない」と話す。

もし、自分が入社した会社で同じことがあっても受け入れる?

ちょっと意地悪な質問をすると、「マスコミは激務でプライベートが削られる。その分、他業種よりも給料が高い、という印象があるので、いやいや納得するかもしれません」とのこと。

「もちろん妻や子供ができたら価値観は変わると思います。なので、これは23歳の大学生としての意見です」

 

「違法じゃなければいいのか!?」

女子学生(大学院1年)の意見も聞いてみた。

「会社の対応が冷たすぎると思いました。私の個人的な意見は、こんな会社が残っていくのはとてもイヤです。会社は『違法』ではないと言っていますが、違法じゃなければいいのか!? と思います」

育休から復帰しても働きやすい環境を作ることは会社の存続に繋がる、と考えているという彼女。

「新居も決まり、保育園も決まり、新しい生活が始まる! という時に、異動…。社員に対して優しくないし、嫌がらせじゃないとしても嫌がらせにしか見えません」

 

「女性も働きにくいんだろうなぁ」

ほかのコメントでも、カネカの対応に理解を示す大学生はいなかった。

「タニタのようなネットやSNSを上手に使う企業がある中、カネカの対応のお粗末さに呆れてしまいました…」(男子大学生・19歳)

「理想を言えば、転勤先やタイミングも、本人と人事部が密なコミュニケーションをとって決めるべきだと思う」(男子大学生・4年)

「こんな会社じゃ、子育て中の女性も働きにくいんだろうなぁ…。同僚の男子がこんな仕打ちを受けていたら、私も転職活動します」(女子大学生・22歳)

 

カネカは「育児や介護などの家庭の事情を抱えているということでは社員の多くがあてはまりますので、育休をとった社員だけを特別扱いすることはできません」としている。

違法性がなかったとしても、社員や就活生たちの目は厳しそうだ。

Read More








No Picture

激震の「新卒採用」 「変革期」のADKは個性重視、CAは500人にインターン必須化

人手不足で「超売り手市場」と言われる大学生の就職戦線。有能な人材を確保しようと、広告大手も従来型の採用手法を変える動きが出ている。

アサツー ディ・ケイ(ADK)は2020年卒採用から、”一芸”を重視した「スタメン採用」を始める。

学生は設定された9つのタイプの中から、自分の強みに最も近いひとつを選び、エントリー。エントリー後は、自分と同じ分野を選んだ学生と選考に進む。

同じ人材像を目指す学生同士が競争することで、全方位型の学生ではなく、9つの領域それぞれに特化している『トガった』人材を採用する方針だ。

スタメン採用ビジュアル

同社によると、9つの人材像は約100名の現場で活躍する社員にアンケートをした結果を基にした。「THE INNOVATOR:世の中に大きな影響を与えたい。野心家」や「TECH-GEEK:目新しいテクノロジーやデータを扱うのが好き」など、少し極端に見えるほど個性的なものが並ぶ。

ADKは2017年、アメリカの投資ファンド・ベインキャピタルによるTOBが成立している。その後、上場を廃止し、組織体制も一新する中で、なぜ「スタメン採用」なのだろうか。

TOB後について、殿村良彦人事・総務本部長は「社内は期待に満ちています。新しいことにチャレンジできる環境が整いました。これから変わるタイミングです」と語る。

採用担当者は「ビジネスモデルが曲がり角を迎える広告業界の中でも『新しいことをしようとしている企業』と認知されている実感があります」と胸を張る。ここ数年でエントリーする学生の数は急増したという。

「スタメン採用」の意図については「『変革期』の弊社に一番合う個性的な人材を採りたいんです。」と明かした。

しかし、個性の強い学生を採用すれば、現場で衝突が起こらないのだろうか。

今回の企画を手がけたクリエイティブディレクター/プランナーの才川翔一朗さんは「スタメン採用で入社する人は『優秀だけど型にはまらない人』が増えると思う。でも、そういう人を扱えなければ会社は変われない。現場で衝突が起きた時は先輩が自分を省みる必要があると思う。その人が、変わろうとしていないということだから」と説明した。

左から、アートディレクターの野村緑さん、人事・総務本部本部長の殿村良彦さん、クリエイティブディレクター/プランナーの才川翔一朗さん

一方、サイバーエージェントは2020年卒採用から、総合職の選考を受ける全員に「インターンシップ」として働くことを経験してもらう。

選考で実施されるのは、最大で3日間のインターンシップ。大学生に擬似的な就業体験をさせるこれまで通りの方法と、社員の元で実際の職場に入って仕事に携わる「弟子入り」の2種類。どちらも朝から夕方まで丸一日かけて人物や能力などをみる。

同社の広報担当者はインターンシップについて「学生は『面接対策』をしてきます。短時間の面接ではお互いに、本当の人柄などはわからない。入社後のミスマッチによって離職してしまうのを防ぐため」と導入の意図を説明した。

3度の面接を経て、4次選考での導入だが、想定では500人がインターンシップをすることになる。

同担当者は「正直、コストは大きい」と率直に語る。「しかし、我々は『カルチャーに合うか』を採用において重視しています。当社に合う人材かを見極めるためと考えれば、決して無駄ではない」と話した。

リクルートキャリア就職みらい研究所所長の増本全さんによると、最近の新卒採用の傾向として、大手企業でさえ採用予定数を満たしているのは約半数という厳しい現実がある。

さらに、レビューサイトやSNSが発達したことから、「採用側が耳障りの良いことを言っても、学生にはすぐにバレてしまう。むしろ実情をさらけ出して、入社後のギャップをなくすことが重要」と指摘した。



CLOSE
CLOSE