夏休み

「もものわれめのひみつ」小2男子のちょっぴり大人な自由研究が秀逸すぎ

momo

いよいよ旬を迎え、スーパーで見かけることも多くなった「桃」。 そんな桃にまつわるリョーさんのツイートが、先ごろ話題になりました。 夏休みの自由研究として行われた息子の変態的観察「もものわれめのひみつ」。さわりだけだが是非 […]

Read More




長野市の小学校の自由研究が「自由」じゃない? Twitterで母「自由研究なんだから何でもいいじゃん..」

8月も下旬となり、すでに一部の地域では2学期が始まる時期になった。夏休みの自由研究も大詰めを迎えている。

そんななか、長野市内のある小学校の自由研究の発表体裁への違和感を綴った、母親のツイートがTwitterで話題を呼んでいる。

学校が児童に配布した資料=下写真によると、自由研究の専用の用紙をガムテープですだれのようにつなげる形で、発表内容をまとめていく。5枚の用紙をつなげて1列、6枚以上になる場合は、1列4枚にして1列目と2列目をひもでつなぐよう指示。「市内の小学校を巡回するときに利用するもの」として、てっぺんを薄い板で補強し、穴をあけるよう求めている。

Twitterで女性が示した、学校からの自由研究の発表体裁の説明資料

この指示内容に、母親はTwitterで次のようにつぶやいた。

「画用紙みたいな規定の用紙に決められた形式でまとめないとダメ。(中略)自由研究なんだから何でもいいじゃん‥」

「工作とか手芸とかだって立派な自由研究なのに何が何でも紙にまとめさせるってどうなんだろう。できることの幅を大きく制限してるとしか思えない。貼り合わせて吊り下げ部分をつけて提出する形式に作り上げるのも実際親が手伝わないと無理だし」

ハフポスト日本版が女性に取材したところ、この小学校では、方眼の目が薄く印刷された、自由研究専用厚紙が1学期末に配られ、自由研究の内容はすべてこの紙にまとめるよう指導されているという。もし間違えたり、たくさんの枚数を使う場合は文房具屋で買う。

3年生まではこの形式を用いず工作だけの出品でも許されているが、4年生以上は工作を提出するにしても、作った経緯や過程はこの形式を用いて説明するという。「周りを見てもノートにまとめた方がいいような旅行記でもこの用紙に書き直している」という。

女性はハフポスト日本版の取材に対し、次のように述べた。

「共稼ぎの核家族が増えて子供の宿題に全力投球できる時間も余裕もない家庭も多いし、テーマを決めてやらせるだけでも夏休みの自由研究は重いのに、自由度が低く子供のやりたいことをストレートにやらせられないのはどうかと思います」

「長期休みに興味のあることをやってみる、というのではなく、見栄え良く掲示するための宿題になっているようで、誰の何のための宿題なのか疑問に感じます」

「プレゼンテーションやまとめの練習になるという意見もあるようですが、それは別にやれば良いことで、自由研究の名目でやることではないと思います」

■長野市教委「審査しやすいのでは」

ハフポスト日本版が長野市教委の学校教育課の担当者に取材したところ、運用は学校によって違うが、大半はこの用紙を自由研究に使うことになっているという。市教委の担当者は「いつ始まったのかは不明」とした上で、こう話す。

「私が小学生だった30-40年前は模造紙でした。ここからは想像ですが、模造紙だと掲示の横幅がとられるし、ある程度統一した方が指導しやすいのでは」

すだれ状の体裁を求めているのは、提出後の審査での比較がしやすいからのようだ。

「優秀作品は理科教員の研究会などで審査して優秀な作品は他校でも展示される。体裁が統一されている方が比較、審査がしやすいのでは」

テーマも学年で決めている学校もあるようだ。

「自由研究のテーマを何にするかは学校によりますが、3年生より上の学年は、理科関連のテーマにした研究をするよう指導している学校が多い気がします。ただ、この体裁を守っていれば、社会をテーマにした研究や工作でもOKのところ、工作の場合、この体裁は不要としている学校もあると思います」

■「全然自由じゃない」「制約下での表現、学べる」

母親の指摘に対し、Twitterでは、様々な意見が出た。

「これは全然自由じゃないし大人の都合」

「教室の掲示に便利なようにという学校側の都合が見えますね」

ーーという声がある一方、

「目的が『評価』だからでしょう。異質なもの同士は評価しにくいが、一定の枠に嵌めれば評価しやすくなるから」

「制約のある決められたフォーマットでどう表現するかとか学べるものもありますね」

ーーという見方もあった。

議論をきっかけに、自由研究の「自由」とはそもそも何か考えさせられる。やる/やらないの「自由」?テーマ設定の「自由」?発表方法の「自由」?



No Picture

渋滞は「ここ」で起きる お盆ラッシュで知っておきたい高速渋滞の秘密

高速道路の渋滞はどこで起きるのか。実は科学的な解明が進んでいる分野だ。8月13日〜15日にかけて高速のUターンラッシュはピークを迎えると予測されている。今年のラッシュを前に知っておきたい渋滞の秘密ーー。

渋滞を3つに分類

NEXCO西日本がこんな研究成果をまとめている。まず、渋滞に3つにわけられる。

最も多く発生するのが、交通が集中することにより発生する「交通集中渋滞」。渋滞全体の3分の2弱がこのパターンになる。残りの2つが「工事渋滞」と「事故渋滞」だ。

交通集中渋滞は「ここ」で起きる

同社によると、最も多い交通集中渋滞のうち、実に6割近く(58%)が「ある場所」から起きていることがわかる。

下り坂から上り坂にさしかかる「サグ」部だ。

運転している人なら誰もが経験があるだろう。下り坂を下り、速度をを落としていたら気づかないうちに上り坂に差し掛かり、さらに速度が低下。後続の車と車間距離がつまっていく。その結果、次々と後続の車がブレーキを踏み、渋滞が起きるという。

これに続く渋滞発生エリアはトンネルの入り口だ。約20%がここで発生している。

これも多くの人が経験しそうだが「トンネル入り口部の暗がりや圧迫感により、一時的に速度が低下してしまう車」があり、同じように後続の車が次々とブレーキを踏み、渋滞が起きている。

インターチェンジの合流部も渋滞が起きやすい場所だ。約14%で、これは単純に「インターチェンジから流入する車の合流に伴い、一時的な交通容量の不足により渋滞が起こる」というもの。

この3つで実に90%以上を占めている。

渋滞は回避できるのか?

同社は渋滞回避のためにこんなことを勧めている。

渋滞を回避するには、渋滞が発生しやすい時間帯を避けてドライブすることがお勧めです。 ご出発前なら、渋滞予測情報(「料金経路検索サイト」、「渋滞予測カレンダー」)が参考になります





CLOSE
CLOSE