動画

No Picture

ロシアの地方議員の妻、高速道路で音楽動画をゲリラ撮影 大渋滞で救急車も立ち往生

オクサナ・ヤコブレワさん

ロシア人の女性歌手がモスクワの高速道路上でゲリラ的にミュージッククリップを撮影し、大渋滞を引き起こした。その様子を撮影した動画がソーシャルメディアで拡散、女性が地方議員の妻ということもあって、怒りの声や批判が相次いでいる。

渦中の人物は、オクサナ・ヤコブレワさん(29)。ヤハナの芸名で歌手活動をしており、モスクワ州ショルコボ町のアレクセイ・ヤコブレフ議員の妻でもある。

ヤコブレワさんは10月7日、モスクワ中心部を取り囲むように走る高速道路「モスクワ環状道路」に車を停車させ、その前でミュージッククリップの撮影を決行した。

ヤコブレワさんはほかの2人の女性を従え、レオタードのようなコスチュームで激しく踊った。その様子をカメラマンが動画で撮影した。

この影響で、環状道路は大渋滞が発生。モスクワのラジオ番組「モスクワのこだま」によると、緊急車両も巻き込まれたといい、ヤコブレワさんは許可なく撮影をしたとして、2万ルーブル(約3万4000円)の罰金を支払うことになったという。

ソーシャルメディアなどには「緊急車両が遅れたらどうするつもりだ」「PR方法がブラックだ」「くだらない女だということをみんなが知ることになった」などと、批判的なコメントがあふれた。

だが、ヤコブレワさんは「私は撮影していない。誰かが撮影していたところに通りがかっただけだ」などと否認したという。

ヤコブレワさんは当初、Instagramに撮影された動画を投稿したが、批判が殺到したためか削除している。

それでも地元メディアの取材に対し、「大部分の人はポジティブに私のことを見ていたと思う。撮影中、車の通行を邪魔して一部の人には不快な思いをさせたけど」と反省の色はない様子。

さらには、「今の世の中、金もコネもない人が芸能界に飛び込むのは非現実的で、とても厳しいということ。私には何もなかった」と述べ、芸能界で生き残るためには過激な活動も必要だとの考えを示した。


No Picture

ロシアの地方議員の妻、高速道路で音楽動画をゲリラ撮影 大渋滞で救急車も立ち往生

オクサナ・ヤコブレフさん

ロシア人の女性歌手がモスクワの高速道路上でゲリラ的にミュージッククリップを撮影し、大渋滞を引き起こした。その様子を撮影した動画がソーシャルメディアで拡散、女性が地方議員の妻ということもあって、怒りの声や批判が相次いでいる。

渦中の人物は、オクサナ・ヤコブレワさん(29)。ヤハナの芸名で歌手活動をしており、モスクワ州ショルコボ町のアレクセイ・ヤコブレフ議員の妻でもある。

ヤコブレワさんは10月7日、モスクワ中心部を取り囲むように走る高速道路「モスクワ環状道路」に車を停車させ、その前でミュージッククリップの撮影を決行した。

ヤコブレワさんはほかの2人の女性を従え、レオタードのようなコスチュームで激しく踊った。その様子をカメラマンが動画で撮影した。

この影響で、環状道路は大渋滞が発生。モスクワのラジオ番組「モスクワのこだま」によると、緊急車両も巻き込まれたといい、ヤコブレワさんは許可なく撮影をしたとして、2万ルーブル(約3万4000円)の罰金を支払うことになったという。

ソーシャルメディアなどには「緊急車両が遅れたらどうするつもりだ」「PR方法がブラックだ」「くだらない女だということをみんなが知ることになった」などと、批判的なコメントがあふれた。

だが、ヤコブレワさんは「私は撮影していない。誰かが撮影していたところに通りがかっただけだ」などと否認したという。

ヤコブレワさんは当初、Instagramに撮影された動画を投稿したが、批判が殺到したためか削除している。

それでも地元メディアの取材に対し、「大部分の人はポジティブに私のことを見ていたと思う。撮影中、車の通行を邪魔して一部の人には不快な思いをさせたけど」と反省の色はない様子。

さらには、「今の世の中、金もコネもない人が芸能界に飛び込むのは非現実的で、とても厳しいということ。私には何もなかった」と述べ、芸能界で生き残るためには過激な活動も必要だとの考えを示した。


No Picture

ロシアの地方議員の妻、高速道路で音楽動画をゲリラ撮影 大渋滞で救急車も立ち往生

オクサナ・ヤコブレフさん

ロシア人の女性歌手がモスクワの高速道路上でゲリラ的にミュージッククリップを撮影し、大渋滞を引き起こした。その様子を撮影した動画がソーシャルメディアで拡散、女性が地方議員の妻ということもあって、怒りの声や批判が相次いでいる。

渦中の人物は、オクサナ・ヤコブレワさん(29)。ヤハナの芸名で歌手活動をしており、モスクワ州ショルコボ町のアレクセイ・ヤコブレフ議員の妻でもある。

ヤコブレワさんは10月7日、モスクワ中心部を取り囲むように走る高速道路「モスクワ環状道路」に車を停車させ、その前でミュージッククリップの撮影を決行した。

ヤコブレワさんはほかの2人の女性を従え、レオタードのようなコスチュームで激しく踊った。その様子をカメラマンが動画で撮影した。

この影響で、環状道路は大渋滞が発生。モスクワのラジオ番組「モスクワのこだま」によると、緊急車両も巻き込まれたといい、ヤコブレワさんは許可なく撮影をしたとして、2万ルーブル(約3万4000円)の罰金を支払うことになったという。

ソーシャルメディアなどには「緊急車両が遅れたらどうするつもりだ」「PR方法がブラックだ」「くだらない女だということをみんなが知ることになった」などと、批判的なコメントがあふれた。

だが、ヤコブレワさんは「私は撮影していない。誰かが撮影していたところに通りがかっただけだ」などと否認したという。

ヤコブレワさんは当初、Instagramに撮影された動画を投稿したが、批判が殺到したためか削除している。

それでも地元メディアの取材に対し、「大部分の人はポジティブに私のことを見ていたと思う。撮影中、車の通行を邪魔して一部の人には不快な思いをさせたけど」と反省の色はない様子。

さらには、「今の世の中、金もコネもない人が芸能界に飛び込むのは非現実的で、とても厳しいということ。私には何もなかった」と述べ、芸能界で生き残るためには過激な活動も必要だとの考えを示した。








【話題のアプリ ええじゃないか】タブーに斬り込む「ぺえの言葉」にスタジオの空気が凍り付く

pee

TOKYO MXにて隔週木曜25時40分から放送中のスマホ情報バラエティ「話題のアプリ ええじゃないか」。番組では毎回、巷で話題のアプリを厳選して紹介していますが、この連載では、そんな番組の模様を、出演者の方々のコメント […]


CLOSE
CLOSE