中止

No Picture

『善悪の屑』の公開中止が決定、公式が「声援は決して忘れません」とツイート。新井浩文容疑者のW主演映画

新井浩文容疑者(2015年)

映画会社日活が2月8日、強制性交の容疑で逮捕された、俳優の新井浩文容疑者が主演する予定だった映画「善悪の屑」の公開を中止すると発表した。今秋公開の予定だった。

日活は「本作を応援いただいております皆さま、また制作スタッフの皆さま、ご出演いただいた皆さまには、深くお詫び申し上げます」と謝罪。

映画の公式アカウントも「残念ながら、公開の中止が決定しました」と報告。続けて、「皆さまのご声援は決して忘れません。ありがとうございました」と投稿した。

皆さまのご声援は決して忘れません。ありがとうございました。

— 映画『善悪の屑』公式 (@zenkuzu1) 2019年2月8日

Twitter上では、「もうほぼ完成してるだろうに。気の毒だ」や「原作知ってて、楽しみにしてたのに」など、悲しみの声が上がっている。

「善悪の屑」と同じく、新井容疑者が出演予定だった映画「台風家族」は6月に公開を予定していたが、「事件の経過を見ながら今後の対応を決めて参ります」として、配給会社が延期を発表している

Read More


No Picture

BTS(防弾少年団)コンサート映像の上映中止、ロシアで相次ぐ。何があったのか

BTSのメンバーら=2018年12月25日、ソウル

韓国の男性7人組ヒップホップグループ「BTS」(防弾少年団)のコンサート映像をロシア南部にある2つの映画館が上演しようとしたところ、地元のイスラム教グループの激しい反発を受け、中止に追い込まれていたことが1月7日、明らかになった。

BTSをめぐっては、メンバーが原爆投下時の画像がプリントされたTシャツを着ていたことがわかり、テレビ朝日の音楽番組への出演が取りやめになったことがある。世界中で人気のグループに今度は何があったのか――。

ロシアの日刊紙「コメルサント」によると、中止になったのは、BTSが2018年に世界各国で開いたツアーコンサート「Love Yourself」のソウル公演を撮影した映像。

1月26日にロシア各地の映画館で上映される予定になっているが、このうち南部のダゲスタンとチェチェンでは中止されることが決まった。

きっかけはダゲスタンのイスラム教グループ「道徳の保護者」による抗議の動きだった。ダゲスタンの映画館「シネマホール」が12月20日にチケットの販売を始めると、同グループは、BTSのメンバーの容姿が「男らしくない」として不満を表明。メンバーを同性愛者と決めつけた上で、ソーシャルメディアなどで上映中止を訴えた。

上映中止に賛同する声は増え続け、映画館側も中止を決めた。これを受け、ダゲスタン在住のBTSファンらが隣のチェチェンの上映に行くとの憶測が流れたことから、今度はチェチェンのイスラム教グループが中止を訴え始めた。

チェチェンの映画館も1月3日、Instagramで中止を発表した。

ロシアでは保守的な考えを支持する人が多く、性的少数者に対する差別や偏見が根強い。特にイスラム教徒の多いダゲスタンやチェチェンではその傾向が強く、チェチェンでは2017年、100人以上の男性同性愛者が不当に拘束されたとする疑惑が浮上し、国際的な批判を浴びた。

BTSは20歳代の男性7人によるグループで、2013年にデビュー。2018には3枚目のアルバムがアジア出身のミュージシャンとして初めてアメリカの人気チャート「ビルボード200」で1位を獲得するなど、世界中で人気がある。

一方で、メンバーが原爆投下時の画像をプリントしたTシャツを着て批判されたり、ナチス親衛隊の制服や帽子に似た衣装を着てアメリカのユダヤ人団体から抗議されたりするなどした。


No Picture

鉄道博物館の展示品の一部、盗難や破損の被害。公開やイベントが当面中止へ

鉄道博物館

鉄道博物館(さいたま市)が1月2日、一部の展示品が盗まれたり、壊されたりするなどの被害があったことを公式サイトで明らかにした

博物館は警察に被害届を出すとともに、車両の公開と定期イベントを当面の間中止することを決めた

博物館によると、被害は2018年12月28日午後4時20分ごろ起きた。1階に展示されているクモハ455形電車の側面に掲げられていた、列車の愛称を示すプレートが盗まれ、別のプレートとすり替えられていたという。

立ち入りを禁じている乗務員室の扉が開けられ、車両の種類を示す表示が「急行」から「普通」に変えられていたほか、乗降ドアの鍵がこじ開けられていた。

展示されているクモハ455形電車

同じ場所に展示されているクハ481形電車も、普段は施錠しているトイレの引き戸が開けられたり、行き先の表示が勝手に変えられるなどしていた。

展示されているクハ481形電車

こうした事態を受け、博物館は両電車の内部に立ち入りして見学することを中止にしたほか、ほかの4車両についても運転室の公開を取りやめた。

また、車両機器の動作を実演する定期イベントの中止も決めた。

博物館は宮城利久館長の名前で「このような犯罪行為や悪質ないたずらによって物的被害がもたらされれば、収蔵資料等の公開は限定的にせざるを得ず、大多数の良識あるお客さまに多大なご迷惑をおかけすることになり、当館として到底看過できるものではありません」などと報告した。



CLOSE
CLOSE