中国

No Picture

健康になりたくて…血管にフルーツジュース流し込み救急搬送「なぜこんなことをしたのか分からない」

健康になろうとするがあまり、自らの血管にフルーツジュースを直接注入した女性が中国で話題になっている。複数の現地メディアが報じた。

フルーツジュース(イメージ写真)

中国では、高齢化などを背景に健康に気を使う人も多くなっていて、現地の医師は「中には非科学的な健康法も蔓延している」と警鐘を鳴らしている。

■「栄養豊富だから」静脈に注入 

中国湖南省の地元紙「瀟湘晨報」は3月17日、同省の51歳の女性が、危険なチャレンジを試みたと報じた。

「身体に良い」と聞けばなんでも試してしまう性格。家族も健康のためならと女性を止めなかったことが、女性の健康オタクぶりを加速させた。

2月22日、女性は家にあった20種余りの果物を混ぜてジュースにすると、簡単に濾したあと自らの静脈に注入した。まもなく、皮膚に痒みのような違和感と体温が上がったような感じがしたというが、誰にも言い出せなかった。

その晩、夫が異変に気づき病院に連れて行ったが、より規模の大きい病院へ移すよう言われ、救急車で搬送された。運ばれた病院の医師が診察したところ、肝臓や腎臓、それに心臓などに影響が出ていて、集中治療室で5日間、治療が続けられたという。

女性は一命を取り留めたが、地元メディアに対し「ジュースは栄養豊富だから、身体に注入しても良いことばかりだと思った。なぜこんなことをしたのか分からない」と話したという。

■高齢化社会到来…健康に気を使う人多く

中国では長年続いた一人っ子政策の影響で、人口分布がアンバランスになりつつある。65歳以上の高齢者は人口の11.9%を占めていて、今後さらに高齢化が深刻化すると言われている。

これに対し中国政府は2016年に国家戦略「健康中国2030」を発表し、2030年には16兆元(約256兆円)規模に上ると試算される医薬品や介護分野などの健康産業に力を注いでいる

一般市民の間でも、老後を意識するなどして健康に気を使う人は多くなっていると言われているが、ジュースを注入した女性を診察した医師は「生活水準が上昇していることもあり、健康志向が高まっている。一方で、非科学的な健康法も蔓延している」と警鐘を鳴らしている

Read More

No Picture

小学校の給食にカビだらけの食材 ⇒ 中国・成都で児童36人が体の異常を訴える

中国の四川省・成都の小学校で、カビだらけの肉や腐ったトマトなど、腐敗した食材が給食用に提供されていたことがSNSで明らかにされた。

3月13日、現地では大規模な抗議活動に発展し、公安当局が12人を一時拘束した。

イメージ画像

■発端は暴露

中国青年網などによると、きっかけは児童の保護者が中国のSNS・微博(ウェイボー)に投稿した写真。

成都にある「成都七中実験学校」の食堂の衛生状態が劣悪だと訴えるもので、白いカビと黒い斑点に覆われた冷凍肉や、腐敗が始まっているトマトなどが映っていた。

この投稿がネットで拡散されると、保護者の怒りが爆発。「校長はこれを食べられるのか?自分の子供に与えられるのか?」など批判が相次いだ。

地元当局もこの事態を把握し、食材を供給していた卸業者との取引を打ち切ることを決めたほか、問題の食品の検査を実施し、責任者8名の処分を検討するなど火消しに努めた。

■警官隊ともみ合う姿

しかし、保護者や住民たちの怒りは収まらず、街中で地元政府や学校への抗議活動を展開した。

これに対し、地元の公安当局が出動。発表によると「車両の往来を妨害するなどして社会の秩序を乱した」などとして12人が拘束された。拘束する際には催涙スプレーも使用された。拘束された人たちはその後釈放されたという。

ネット上には抗議活動の際に撮影したとみられる動画が複数、アップロードされていて、警官隊ともみ合う様子や、住民の横断幕を警察官が剥ぎ取る様子などが収められている。

■36人が異常訴える

地元当局の発表によると、これまでに少なくとも36人の児童が体の異常を訴えて病院を受診している。入院した児童はいないとしている。

地元当局は3月14日、管轄内の全ての幼稚園や学校の食堂を検査し、メディアや保護者に積極的に情報を開示するとした方針を新たに示すなど、対応に追われている。



No Picture

出産の痛みをマシンで体験。男子高校生が悲鳴(動画)

出産の痛みを体験できるマシンが中国で話題だ。

国際女性デーを前にした3月7日、自分を生んでくれた母親の気持ちを知ってもらおうと湖南省の病院と学校が提携してイベントを開催。地元の中学生と高校生、約60人が産みの苦しみにトライした

このマシンは、腹に電極を貼り付け、電気を流すことで陣痛を再現することができる。レベル1から10までの段階があり、10は実際の痛みと同じだという。

体験した生徒たちは天井を見上げて叫び声を上げたり、ジャージの裾を噛み締めたりして初めての「分娩」を乗り切っていた。

体験会を実施した産婦人科医は地元紙「潚湘晨報」に対し「本当の分娩とは大きな違いがあります。初産の場合は一般的に11時間から12時間時間がかかりますから」と話している。

16歳の男子生徒は、母親の厳しい小言に反抗することもしばしば。だがレベル4の痛みを体験すると「自分を生むとき、ここまで痛い思いをしていたとは…これからは真面目に勉強するよ」と心を入れ替えた様子だった。

 


No Picture

アニメでも漫画でもない。1/4288に選ばれた外国人が日本を目指した理由。

日本を訪れる外国人が増えている。

観光客は3119万人と過去最多を更新し、留学生も10年前の倍以上になった。
国をあげてアニメや伝統文化をSNSで発信する取り組みや、円安などが背景にあると見られている。

そうした中、上海にある名門国立・復旦大学で日本語を学ぶ黄安琪(こう・あんき)さんはある特別な動機で日本を目指している。 

黄安琪さん

日本語作文のコンクールに寄せた一本の文章。日本語を学ぶ理由が選考委員の目を引き、応募4288作品の中で最優秀賞に選ばれた。

来日していた2月下旬に、話を聞いた。

■風変わりな子どもだった

黄さんは上海から南西に200キロほど離れた地方都市、杭州の出身。
土地柄から、物心がついた時には日本との関わりを意識していたという。

黄さん:杭州は南宋時代(12世紀ごろ)に都が置かれていた場所で、その頃に日本と関わりがあったんです。家の近くの大きなお寺には空海の銅像もありました。
生まれた場所の文化を知って行くうちに、繋がりのあった日本のことも知りたくなってきたんです。

中国の子どもたちは、男の子なら「スラムダンク」、女の子なら「ちびまる子ちゃん」など、現地でも放送されているアニメを通して日本を意識することが多い。
一方で、黄さんは歌舞伎や茶道に興味を惹かれ、川端康成の「雪国」を愛読する風変わりな子どもだった。

黄さんの作文

大学に進み、日本語専攻を選択した黄さん。3年生の時、交流プログラムで訪れた日本で、中国とのある違いを実感する。

黄さん:コンビニ温かいお茶と牛乳を買ったら、別々の袋に入れてくれたんです。観光客の目線で見たときに、すごくサービスが行き届いていた。

驚かされたのはコンビニの接客だけではなかった。京都でバスに乗っていた時のことだ。バス停に、車椅子の人が並んでいるのが見えた。

「お時間をいただきます」。運転士が車内アナウンスで告げると、スロープを取り出して車椅子の人を乗せた。

バスは遅れたが、誰一人文句をいう人はいない。その様子が心に残った。

黄さん:そもそも、街中を走っている普通のバスに乗り降り用のスロープが備え付けられているとは思っていませんでした。
車内は蒸し暑く、道路も渋滞していましたが、運転手も乗客も車椅子の人を温かく見守っているのも印象的でしたね。
バス以外でも、電車の駅にエレベーターやスロープ、それに多目的トイレが整備されていたのも発見でした。上海や杭州でもバリアフリー化が進められていますが、まだ日本ほどではありません。

中国に帰った黄さん。日本でならば、かつて叶えられなかった「ある望み」が実現するのではと考えるようになった。

それは、70歳近い祖母に関することだ。

祖母は、若い頃は体育教師として働いていたほどのスポーツ好き。2008年に開催された北京オリンピックの現地観戦が「人生最大の夢」だと豪語するほど心待ちにしていた。

しかし、大会を目前にして黄さんの祖母は交通事故に遭い、右足を粉砕骨折。車椅子生活を余儀なくされたのだ。

家の近くのバスに乗ろうとするも、昇降口の段差のせいでうまく乗り込めない。運転士や他の乗客の冷たい目線に晒された。

活動的だった祖母はいつしか、外に出かけることを避けるようになった。楽しみにしていたオリンピックもついに行きたがらなくなった。

「本当はそんなに行きたくなかったんだ」。黄さんへうそぶいた。それは黄さんを余計に虚しくさせた。

黄さんは、東京で、今度こそ祖母の願いを叶えようと考えている。

黄さん:祖母を東京オリンピックに連れて行きたいんです。事故で怪我をした足も、松葉杖で短い距離を歩けるくらいに回復しましたし、本人も東京へ行くことを本当に望んでいます。
ただ、その代わりに目の状態が悪くなってきて…バリアフリー化が進んでいるとはいえ、まだちょっと不安ですね。
(実現したら)祖母の心に出来た壁を打ち破ることができると思うんです。また前みたいに元気な姿に戻るんじゃないかな。

作文集の表紙も飾った

まずは祖母の夢を叶え、そのあとは「日中友好の架け橋になって、国際交流に貢献する」という自分の目標に向かって突き進むという黄さん。

政府は、東京オリンピック・パラリンピックを契機に、障害者への差別をなくすよう徹底する「心のバリアフリー」を推進している

体の不自由な外国人を見かけたときに、果たして黄さんが京都で見たバスの乗客のように振る舞えるだろうか。

黄さんの体験は、外国人が増えつつある今、訪れた外国人を「日本ファン」に変えるための重要な示唆をもたらしている。


No Picture

「全人代」が3分でわかる。2019年の注目ポイントは?

全国人民代表大会が3月5日、中国で始まる。年に一度開かれる中国の「最高国家権力機関」とされるが、一体何が行われるのか?何に注目すればいいのか?

大会の内容を簡単にまとめた上で、2019年の注目すべきポイントを専門家に聞いた。

2018年の全人代。手を上げる習近平首席(右)

■日本でいう国会 2018年は習近平の「皇帝化」話題に

全国人民代表大会、略して「全人代」。中国では「人大(レンダー)」と別の略称で呼ばれるこの大会は、日本でいう国会にあたるとされる。

中国の省(福建省や広東省など)や直轄市(北京市や上海市)、それに少数民族や人民解放軍などから代表者が選出される。代表は選挙で決まるが、事実上共産党が推薦した候補が選ばれる。

政府の予算を審査するほか、法律の改正も議論の対象になる。会の初日には、李克強首相が前の年を総括し、政治や経済の次の1年の方針を示す「政府活動報告」を朗読する。 

政府活動報告を読み上げる李克強首相(2018年)

2018年の全人代は国内外で大きく報道された。憲法が改正され、これまで連続して2期(10年)までとされてきた国家主席の任期制限が撤廃されたからだ。

これにより中国のリーダー・習近平国家首席が際限なくトップに留まり続けることが可能になった。

さらに憲法にも「習近平新時代の中国の特色ある社会主義を確立する」という文言を入れ込み、独裁色を強めた。

ちなみに、この時期中国では「終身制」「皇帝」など独裁を匂わせる言葉は検索できなくなった

■中国経済は崩壊するの?全人代のここに注目

 3月5日から中旬まで続く全人代。メディアの注目は、初日に李克強首相が発表する経済成長率の目標に集まる。

2018年の通年の成長率は6.6%で、朝日新聞によると28年ぶりの低水準だった。

アメリカと中国が互いに輸出するものに高い税金を掛け合う「貿易戦争」の影響もあり、複数のメディアが、李首相が発表する成長率の目標は6%〜6.5%程度に落ち込むとみている。

この数字を見ていると、かつては10%以上と、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続けてきた中国経済が「減速」しているように見えなくもない。しかし中国・北京にある対外経済貿易大学の西村友作教授は「中国経済が減速したと見るのは間違いだ」と指摘する。

対外貿易経済大学の西村友作教授

西村教授も、2019年の経済成長目標は鈍化すると予想している。しかし「中国のGDP(国内で生まれたモノやサービスの合計)は年々規模が増えている。母数が大きくなれば成長率が下がって見えるのは当たり前のことだ」と話す。

中国政府は2010年に「今後10年間(=2020年まで)で国民の所得を倍増させる」と宣言している。

西村教授は成長率が6%台前半に落ち込んでもこの目標は達成できるとし、「6%台の目標設定は妥当だ。成長率は下がっているが全体の規模は拡大しているため、中国経済が『崩壊』することには繋がらない」と考えている。

中国経済の先行き不安を増長するのがアメリカとの貿易戦争だ。アメリカとは現在、関税引き上げをめぐり協議を続けているが、まとまらないままに全人代を迎える。

西村教授は「すでに国内の消費に影響は出ている」とし、全人代の注目ポイントについては「減税や投資など景気の下支え策がどの程度具現化するかが大事。どういった市場がどの程度、拡大しているかを見極めるべきだ」と、成長率の低下に惑わされず、冷静に市場を見極めるべきだと呼びかけている。 


No Picture

世界初のAI女性アナウンサーが誕生。実在のアナをモデルに流ちょうなトークも

流暢な喋りはもちろんのこと、途中で噛むこともない━━。

中国国営メディアの新華社は3月3日、同社とポータルサイトなどを運営する捜狗が共同で開発し、中国でAIの技術を使った合成女性アナウンサーが誕生したと発表した

AI合成による「女性」のアナウンサーの誕生は世界初だという。他の現地メディアもこのニュースを相次いで報じた

新華社と検索サイトの捜狗が開発したAI合成女性アナウンサーの新小萌

新華社によると、このAI合成女性アナウンサーは新小萌(シン・シャオモン)という名で、声と容姿は同社の屈萌(チー・モン)アナウンサーをモデルに制作されたという。

3月5日に開幕する、第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議で登場する。

中国の動画サイトでは、AI合成女性アナウンサーが自己紹介している様子がアップされている。

 

AI合成女性アナウンサー・新小萌による自己紹介は、以下の通り。

◇ ◇ ◇

皆さん、こんにちは。

新華社へようこそ。

新華社と捜狗に育て上げられた世界初のAI合成女性アナウンサーです。

新小萌と申します。

私の声と姿は新華社ニューメディアセンターの屈萌(Qu Meng)アナウンサーをモデルに合成されたものです。

今年の両会(全人代、政協)の期間中にお目にかかります。

◇ ◇ ◇

 新華社通信は2018年11月7日、人工知能(AI)の技術を使った男性アナウンサーをお披露目していた



No Picture

宿題面倒だなぁ⇨ロボットにやらせちゃえ⇨バレた【中国・動画】

中学校で出された書き取りの宿題を、ネット通販で購入した「字書きロボット」に任せたことが中国で話題になっている。そのスピードを見て欲しい。

 

 

■お年玉の使い道は「字書きロボット」

中国の国営放送CCTVなどによると、この大胆な作戦を実行したのは中国東北部・ハルビンに住む中学3年生の女子学生。学校の冬休みに出された書き取りの宿題をラクに済ましてしまおうと一計を案じた。

ネットの通販サイトで、お年玉から800元(約1万3000円)を捻出し、自分の代わりに字を書いてくれるロボットを購入したのだ。

1分間におよそ40文字を打ち込める、手書きとほぼ変わらない速さも手伝ってわずか2日で宿題を終わらせることに成功。しかし、あまりに早く出来上がったことや、書き間違いがなかったことから母親にあっさりと見破られた。

■検索すると大量に…

CCTVによると、このロボットは専用のアプリをインストールし、書いて欲しい内容を打ち込むだけで作文をしてくれるという簡単なもので、宿題に悩む中国の若者の間で注目を集めているという。

試しに中国の通販サイトで「写字机器人(字書きロボット)」と検索すると出るわ出るわ、数え切れないほどだ。価格帯は200元台(約3200円)から2000元(3万2000円)を超えるものまで幅広く、自分の筆跡を記憶してくれるものもあるという。

 

検索すると次々に出現する字書きロボット

 

■中国の宿題も大変!?

中国メディアの「梵天都市報」はこうしたロボットが注目を集める背景には、子どもたちに良い成績を求めるプレッシャーが強すぎることがあるとしている。

「梵天都市報」は「こうした機械が流行るのは、宿題の負担が大きすぎることへの一種のブラック・ユーモアだ」と論じた上で「教育する側も子どもたちへの負担をきちんと減らせているか反省し、効率的な授業ができているかを考えれば、こうした笑い話も少なくなるはずだ」と分析している。

 


No Picture

女性をレイプしようとした男を撃退⇒14日間の拘留で公安当局に批判相次ぐ

「助けて!」

女性の家に押し入った男を撃退し、レイプ被害を防いだ男性が逆に警察に拘留される事態が中国で起き、ネットユーザーの公安当局への批判が強まっている。

押し入った男は、レイプ疑惑を否定している。

 

拘留のイメージ画像

 

■女性助けたはずが…傷害の罪に

中国メディア南方都市報などによると、事件が起きたのは2018年12月26日の深夜。中国福建省の福州市で、女性が男に後をつけられているのに気づいた。男は女性のアパートまで付きまとい、女性が部屋のドアを閉めると、鍵がかかったドアノブを蹴って壊し、部屋に侵入した。

男は女性の右ほほを殴るなどし壁に押さえつけると、無理やり服を脱がそうとしたという。

女性が「レイプされる、助けて」と叫ぶと同じアパートの上の階に住んでいた男性、趙さんが声を聞き、現場に駆けつけた。

趙さんは男を女性から引き離すと、立ち上がろうとする男性の腹部を蹴り飛ばし、被害を防いだという。

女性をレイプ被害から守ったはずの趙さん。しかし待っていたのは「故意傷害罪」として刑事拘留される結末だった。趙さんが男を蹴った際に、男の内臓が損傷したことから刑事責任を問われたという。一方で、押し入った男は刑事責任に問われなかった。

趙さんはその後14日間に渡って公安当局に拘留されたが、検察が逮捕を認めない決定を出したため、2019年1月に釈放された。

■公安当局へ相次ぐ批判

このニュースが現地メディアに報道されてから、ネットユーザーの公安当局に対する批判が強まっている。

この事件を伝えるメディアのSNS投稿には「もう誰も困っている人を助けはしないだろう」とか「強姦未遂の捜査はどうしたんだ」などといったコメントが相次いでいる。

女性の部屋に押し入った男は地元テレビ局の取材に対し無実を主張。「当日は女性の部屋のドアのところで遊んでいただけだ」などと説明している。

■「詳しい状況を調べている」

レイプしようとした男が処分を受けず、助けた男性が拘留される。現地メディア新京報が担当した晋安公安分局に問い合わせたところ、「現在このことについて調査を行なっている。近く結果を公表する」と回答したという。

しかしこのことについてもネットからは、「拘留しているときは何もしなかった癖に、今更調査を始めるとか、どういう理屈がわからない」と冷ややかなコメントが寄せられている。

趙さんには妊娠していた妻がいて、拘留中に出産した。新京報の取材に「私についた汚点を払拭したい。(拘留されたことが)子供に影響が及ばないよう願っています」と話している。


CLOSE
CLOSE