ポテトチップス

天才の俺が作るチーズ20,000%増し「プリングルズ」

プリングルズアイキャッチ

プリングルズ大好きな皆さんに朗報です。なんとプリングルズに新しいフレーバーが出ました!その味はというと・・・な、な、ナ ナチョチーズ! メキシコの定番料理「ナチョス」を忠実に再現したフレーバーになっているそうななのですが […]

Read More


No Picture

カルビーが『レンジ de ポテリッチ』を自主回収 レンジ用なのに、温めたら「焦げ、発煙・発火した」と報告

菓子メーカー大手・カルビーが2月22日、全国のファミリーマートで販売していた『レンジ de ポテリッチ 濃厚バター醤油味』を自主回収すると公式サイトで発表した

この商品は、19日から販売を始めたばかりだった。

自主回収の理由については、「お客様から商品パッケージの説明にある加熱方法にて電子レンジで調理したところ『焦げ』、『発煙・発火』のお申し出をいただきました」としている。

『レンジdeポテリッチ濃厚バター醤油味』

また、同じ調理方法を提案しているとして、3月12日に発売を予定していた『レンジ de ピザポテト』は発売を中止する。

カルビーは、「ご心配とご迷惑をお掛けいたしますこと、心からお詫び申し上げます」と謝罪。

その上で「お手元に『レンジ de ポテリッチ 濃厚バター醤油味』がございましたら、大変お手数ではございますが、下記送付先まで料金着払いにてお送りいただきますようお願い申し上げます。後日、商品代金をお送りさせていただきます」としている。

カルビーは公式ツイッターでも、自主回収について告知した。


No Picture

【カルビー初の試み】ポテトチップスの進化形!?ポテチにチョコをサンド!期間限定・数量限定で発売

出典:calbee ポテトチップスにチョコをサンドするという斬新なポテチが発売されることとなり、話題となっています! 商品名は『GRAND CRISP(グランクリスプ)』。様々なポテチがありますが、チ…


No Picture

香港に届いたポテトチップス用ジャガイモから手りゅう弾 カルビー広報「影響なし」

香港にあるカルビー子会社の工場で、フランスから輸入したジャガイモの中から手りゅう弾が発見された。手りゅう弾は第1次世界大戦時代のもので、警察が爆破処理したという。2月3日、AFP通信時事ドットコムが報じた。

AFP通信によると、手りゅう弾は香港にあるカルビーの子会社「カルビーフォーシーズ」の工場で見つかったという。大きさは、直径8センチ・重さ約1キロ。
2日、香港のポテトチップスの工場で、フランス産のジャガイモに紛れているのが見つかった第1次世界大戦時代の手りゅう弾(香港警察が3日公開)(中国・香港)

香港警察の発表によると、今回の手りゅう弾は第1次世界大戦中に使われたものだという。手りゅう弾は、香港警察によって現場で処理された。警察が発表したビデオにはその処理の様子が写っている。

■日本のカルビー広報「今回の件での影響はなし」

一方、親会社であるカルビーの広報に確認すると、日本国内で流通しているカルビー製造のポテトチップスの原料となるジャガイモは、基本的に国産かアメリカ産のもので、今回の件での影響はないとしている。


【やってみた】俺のターン、ドロー!遊戯王チップス全種類コンプリートを目指す

aikyatiiiii

人気のトレーディングカードゲーム「遊戯王」。筆者も学生時代は遊戯王に明け暮れる毎日で、学校の休み時間まで人の目も気にせず「ドロー!」とプレイし続け、クラスの女子にドン引きされた思い出があります。そんな遊戯王がポテトチップ […]




キックにチョップ!?コンソメパンチの新商品が出たらしいので食べ比べしてみた

sannninn1

カルビーから発売されているポテトチップス「コンソメパンチ」。コンソメが効いた親しみやすい味から、長年多くの人に愛されています。そんなコンソメパンチなんと、今年で販売40周年!それを記念して、こんな商品が新発売されました。 […]


No Picture

「ポテトデラックス」とは? カルビー史上最厚級のポテチが登場

ポテトデラックス

カルビー(東京都)は11月6日、通常のポテトチップスの約3倍厚い「ポテトデラックス マイルドソルト味/ブラックペッパー味」を11月12日から長野県・新潟県で販売開始すると発表した

今後、販売先を拡大する予定だが、詳細はまだ未定。

カルビーによると、「ありそうでなかった新しいポテトチップスを作りたい」という担当者の思いから、企画が始まった。

ポテトチップスに変化を付けるには、味付けを変えることも多いが、今回は食感を変えるべく、その厚みに着目した。

ポテトデラックスのパッケージ

カルビー史上「最厚」のポテチ。新商品開発の期間は通常、半年〜8カ月だが、今回は約10カ月かかったという。

カルビーの広報担当者によると、「袋を開けただけで通常のポテチとの違いはすぐわかる」。

厚みはあるものの「サクッと食べられる」という。

実はこの製品、2月から5月にかけて、地域限定でテスト販売が行われていた。Twitterでは「芋食べてる感じがすごい」といった感想もみられる。

なお、正確な厚みは「完全社外秘」とのこと。

ハフポストの最新記事はこちら


CLOSE
CLOSE