バーチャルYouTuber

No Picture

キズナアイ、テレビ出演での批判に「見られ方が変わったと気づいた」 大坂武史さんが語る、「バーチャル」の可能性

Activ8株式会社代表取締役・大坂武史さん(右)とキズナアイ

毎年恒例となった、年末のネット流行語大賞

2018年、1位に選ばれた言葉は「バーチャルYouTuber/VTuber」だった。

「バーチャルYouTuber」とは、YouTubeで動画配信を行う架空のキャラクターのこと。架空を表す「バーチャル」と「YouTuber」が合わさった言葉。

中でも人気を博しているのが、ピンクのリボンが特徴的な「キズナアイ」だ。

キズナアイは2016年12月から活動を開始しており、YouTubeチャンネルの登録者数は230万(12月27日現在)を誇る。

バーチャルYouTuber「キズナアイ」

一方、テレビ出演したキズナアイに対して、「性的に強調された表現であり、女性蔑視だ」という意見がインターネット上に投稿され、話題になった

バーチャルYouTuberにとって、良くも悪くも注目を集めた2018年。

当事者はバーチャルYouTuberを取り巻く現状をどのように捉えているのだろうか?

キズナアイらバーチャルYouTuberを支援するプロジェクト『upd8』を運営するActiv8株式会社の代表取締役・大坂武史さんが、業界の展望と「バーチャル」の可能性をハフポスト日本版に語った。

■テレビに出て、リーチする層が変わった

--2018年のネット流行語大賞にもなった「バーチャルYouTuber」。何がきっかけだったのでしょうか?

バーチャルYouTuber自体は、ビジネスではなく、作り手の自己表現したいという思いから始まりました。しかし、このようなクリエイターに押し上げられるような形で企業も参入してきたのが2018年だったと思います。

ゲームやアニメ業界は、技術的にも親和性が高い。そうした業界からの期待も混ざって大きなムーブメントになりました。

前年まで100に満たなかったバーチャルYouTuberが、2018年には5000を超えたと思います。

--Activ8社としては2018年はどのような1年でしたか?

そうですね、Activ8としては、テレビに出たことが一番のトピックでした。

バーチャルYouTuberの特集で取り上げられたりしたのですが、今まで全くリーチできていなかった人々から様々な反応がありました。この業界だけでなく、一般にも影響が出てくる段階に来ているのだなと感じました。

--「様々な反応」の中にはネガティブな意見も含まれていたと思います。

ポジティブな内容もネガティブな内容も両方ありました。

批判的な声に関しては、有名になることで「見られ方が変わったのだ」と気づかされましたね。

キズナアイは今年、YouTubeを超えて一般層にリーチするために積極的にテレビ出演をしていました。

しかし、実際に出演してみると、キズナアイも我々も「タレントであること」に対して無知だったと思い知らされました。

トレーナーのデザインは、大坂さんオススメのバーチャルYouTuber「バーチャルねこ」

■「バーチャルだからこそ」できること

--今までの「キャラクター」とキズナアイは何が異なるのでしょうか?

通常の「キャラクター」なら、基本的にはクリエイティブが決まっていて、それを理解できる人たちが見てくれています。

でも、キズナアイは、服装や言葉遣いを変えることができる、バーチャルな「タレント」なんです。

2018年は活躍の場を広げたことで、バーチャルYouTuberからバーチャルタレントへとフェーズが一段上がることができたとも考えています。

--今後、バーチャルタレントはどのように展開する予定ですか?

バーチャルタレントならではの露出が増えると思います。

--「バーチャルタレントならでは」とは?

キズナアイは今年、アニメで声優として演じたりテレビ出演をしました。

今後は、例えばですが、キズナアイが登場人物として他のアニメに出演することもあると思います。役者のような立場ですね。

--見た目はキズナアイだけれど、衣装などを変えて他のアニメに出るということですか?

そうです。

俳優さんは役作りでメイクや体型を変えるじゃないですか。それと全く同じです。

キズナアイに役が与えられて、アニメに出て、演じるんです。

物理的な肉体なのかバーチャルの肉体なのかの違いだけですね。

逆に既存コンテンツからバーチャルタレントにスピンアウトして、別のアニメに出演することもあり得ると思います。これが「デジタルならでは」ですね。

■「バーチャル」だからこそ、リアルになれる

ーー他にもバーチャルタレントの独自性はありますか?

バーチャルタレントならではのもうひとつの要素は視聴者とインタラクティブなやり取りができるということ。

最近、ライブ配信などで視聴者から「投げ銭」を出演者に送るシステムがありますね。あれは、配信者にウェブ上でプレゼントをして、そのプレゼントに応じて配信者にお金が支払われる仕組みなんです。

ウェブ上のプレゼントなのでそれは画像などに置き換えられて表現されていますが、贈った「物」自体は生身の人間に届く時には、お金に変わってなにも無くなっちゃうんですよ。

でも、バーチャルタレントだと、バーチャル上でプレゼントを「消費」することができるんです。

--バーチャル上で「消費」するんですか?

バーチャルタレントに「投げ銭」として食べ物を贈ったら、バーチャル上で食べることができるし、お花やメガネを贈ったら、飾ることも身につけることもできるんです。

他にも、現実の音楽ライブでは無理ですけれど、VRのライブでは観客が花火をあげたり物を投げたりして一緒に盛り上がることができるんです。

リアルの制約を超えられることがデジタルならではの価値ですね。

大坂武史さん

■「VR空間は現実社会の”しがらみ”をゼロにする」

--大坂さんは、どうしてバーチャルタレントやVR領域に関心を持ったのですか?

Activ8社のミッションは「生きる世界の選択肢を増やす」というものです。

人間には、生まれた場所や肉体など変えることができないものがあります。

でも、VRの世界が発展すれば、制約を超えて「ありたい自分」を作ることができるんです。

自由になれると思うんですよね。

そういう世界が早く来ればいいなと思っています。

--なぜ、「選択肢を増やしたい」と思ったのでしょうか?

私は生まれが秋田の田舎です。

大学から東京に出てきたとき、圧倒的な情報量の差に驚き、田舎はやっぱり選択肢が限られているなと感じていました。

また、就職活動のタイミングがリーマンショック直後で、募集さえ無い会社も多く、就職先の選択肢も非常に限られていました。

こういった経験から、個人の努力はもちろん重要だけれど、最初から選択肢が無い社会は嫌だなと思っています。

--VRによって選択肢を増やすことができますか?

現実社会では、物理的な制約や積み重ねてきた歴史など、絶対に変えられないものもあります。

VRでは、もしかすると、現実社会の様々なしがらみをゼロにして新しくフラットな空間を作ることができるかもしれません。

少なくとも肉体的な見た目については、自分の好きなように作ることができますからね。

選択肢を増やすことで、「こうでなければならない」という制約がひとつでも減って、皆が自由になれればいいなと思っています。

縛られているものを解き放ちたいんです。

--そのようなVR空間を実現させるためには何が必要でしょうか?

「キラーコンテンツ」が重要だと思います。

VRの世界を加速させるためには、「VRならでは」のコンテンツが必要です。

今は、それが「バーチャルタレント」だと思って、事業に取り組んでいます。

人類がVRによって自由を得られる社会が、より早く訪れたらいいなと思っています。

Read More


No Picture

「丸三角シカク」とは何者か? 謎の“超普通系”バーチャルYouTuberにインタビュー

丸三角シカク

YouTube上で架空のキャラクターを演じる「バーチャルYouTuber」が大流行しているが、そんな中でも飛びきりの個性派が登場した。

その名は「丸三角シカク」。「普通も普通、とにかく普通、骨の髄まで普通」と主張しているセーラー服姿の少女だが、デビュー曲の「天空処女」は往年のP-MODELを彷彿とさせるテクノポップ、2番目に発表した「○△□」はヒップホップ風。

作詞・作曲も手がけて、歌って踊れる「バーチャルYouTuber」という特異な存在だ。楽曲の奇妙な中毒性にハマる人が続出している。

10月7日の投稿開始からまだ2週間程度だが、一部のネットユーザーにカルト的な人気を集め始めている。ハフポスト日本版では、丸三角シカクさんにインタビューした。

 

■カスタムキャストで「これなら私でも出来る!」

—バーチャルYouTuberとしての活動を始めたきっかけは何ですか?

キズナアイさんミライアカリさんなどが台頭し始めた当初から、バーチャルYouTuberには興味があったのですが、決め手になったのはミソシタさんの登場ですね。私はもともと以前から同人音楽家として活動しているので、創作家の情熱を奮い立たせるようなミソシタさんの楽曲やスタンスを目の当たりにして「私も後に続きたい!」と思うようになりました。

ただ私はVRや立派なPCを持っていなかったのでなかなか実行に移せなかったのですが、スマホで簡単に3Dキャラクターが作れる「カスタムキャスト」というアプリが流行り出したのを知って「これなら私でも出来る!」と。

— 「丸三角シカク」という名前の由来は?

この名前は、私が私(丸三角シカク)として活動する以前から、色んな創作物で使っていた名前です。ゲームのキャラクターだったり、小説の登場人物だったり。名前自体に深い意味はありませんが、お気に入りなんです。

— 「普通系」バーチャルYouTuberを名乗っている割には、趣味が個性的なのはなぜですか?

カスタムキャストをインストールしてとりあえず私の身体が生まれた時、自分の趣味を惜しみなく注ぎ込んだつもりのこの身体が、バーチャルYouTuberとしてデビューするにしては余りにもインパクトが無い事に悩んでたんです。だったらいっそのこと、「普通」という個性を掲げて参入してやろうと思い、このコンセプトが決まりました。

ただ、動画や創作物では自分の好きな物から外れたものを送り出すことはしたくなかったので、少しだけメインストリームから外れたものになってるかもしれない、という事ですかね。正直あまり意識してなかったです…笑

でも私の音楽の趣味なんかを見て「まぁ、普通だな。」って思える感覚の人も沢山いらっしゃると思うので、実際はどうなのかは分かりません。

— 平沢進さんの音楽のどんなところが好きですか?

平沢音楽の良さは「美しさ」と「遊び心」がどちらも高密度で共存しているところだと思います。

クラシカルなサウンドにテクノのリズムを合わせたり、楽曲構成はロックンロールなのに荘厳な雰囲気を持っていたり、意味不明な歌詞でも日本語の持つリズムの面白さを強調していたり…私達が思い付きもしないようなアイデアを平然とやってのけた上で飄々としているところに、憧れてしまいますね!

— 「天空処女」はP-MODELや、平沢進さんの影響が強く見られる曲ですが、どんなコンセプトで作りましたか?

天空処女は、友人との他愛もない談笑がキッカケで、歌詞から先に生まれた曲です。女の子が初めて出すオリジナル曲にしてはタイトルが際どいのは、私(丸三角シカク)が歌うことが後から決まったからですね。

ここで歌われる「天空」という言葉は、「自意識や自己肯定感が著しく高く、半ば暴走している人や、その様」を指します。要するに自分や自分の創作物に酔いまくっている人ですね。

先述の談笑の中で「私達はもはや天空だよね笑」といった形で誕生しました。実は私もなかなかの”天空”なので、それにまつわる失敗談が沢山あるのですが、天空処女の歌詞はその1つを元に書いたものです。

サウンドが完全にP-MODELになってしまったのは、こういった経緯があったので何も考えず自分の趣味をブチ込んでしまったからです笑

平沢進ファンの方々からも予想外の反響を頂いてて、驚いています。

— 「○△□」は打って変わってヒップホップ系の曲ですが、これを作った理由は?

これは、私のオリジナル曲としてちゃんと作りました!笑

私は最近ヒップホップにかなりハマってて、「○△□」を作る直前も日本のヒップホップばかり聴いてました。ヒップホップって、自分の事を歌ってる曲が多いんです。「俺はここから絶対成り上がる」とか「俺はスーパースター。金の雨を降らすぜ」みたいな。

私は、次の曲は自分の名刺代わりに出来ると同時に「バーチャル」っていう自分達の居場所を讃えるアンセムのような曲を作りたいという気持ちがあったので、そういったメッセージを打ち出すにはヒップホップが最適だと思ったんです。

あとはやはり、前作「天空処女」とのギャップというものは意識しました。私は「音楽系バーチャルYouTuber」という肩書きを付けていないので、音楽にそこまで情熱的ではない人も楽しめる楽曲を作りたいという思いがありました。

— なんでセーラー服を着てるんですか?

バーチャルYouTuberとして活動する以前の創作物に登場する私(丸三角シカク)は、丸メガネを掛け、変な文言が書いてあるダサTシャツにデニムパンツという出で立ちでした。

ただカスタムキャストにはそういった服やアクセサリは実装されていなかったので、「じゃあ制服がいいな」と思って制服にしました。

赤い制服なのは「らき☆すた」が好きだからです。

— バーチャルYouTuberとして活動を始めて2週間たちましたが、振り返って視聴者の反応などをどう感じましたか?

毎日が驚きの連続です。 とにかく動画への反響が予想外過ぎてビックリしています。

「100再生行けば良い方だな…」と思っていたので、オリジナル曲をTwitterでたくさん褒めていただいたり、最近なんかは私の曲を歌ってくださる方がいたりして、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。見てくださっている皆さんには心から感謝しています。

バーチャルYouTuberという肩書きを持つからには、エンターテイナーとして視聴者の皆さんを飽きさせないような活動を心掛けて、これからも頑張っていきたいと思っておりますので、何卒ご贔屓によろしくお願いいたします!

【関連動画集】丸三角シカクの不思議な世界



CLOSE
CLOSE