バドミントン

No Picture

桃田賢斗選手が福島由紀と日本代表合宿中に密会…闇カジノ違法賭博騒動から復帰し世界1位、女癖の悪さは変わらず?

2016年4月に、闇カジノへの出入りや違法賭博行為が発覚したことによって、『日本バドミントン協会』から無期限の競技会出場停止処分を受け、メダル獲得が期待されていたリオデジャネイロ五輪への出場を逃したバドミントン男子・桃田・・・

Read More

No Picture

バドミントン女子ダブルス、ナガマツ組が金メダル。日本勢41年ぶりの快挙

写真は準決勝を戦う松本麻佑選手(手前)と永原和可那(奥)

※【訂正】松本麻佑選手と永原和可那選手として掲載した写真で、別人の写真を掲載していました。訂正してお詫びいたします。

バドミントン世界選手権は8月5日、女子ダブルスの決勝があり、永原和可那選手、松本麻佑選手のペアが金メダルに輝いた。日本勢の金メダルは、1977年大会の栂野尾(とがのお)悦子選手、植野恵美子選手のペア以来、41年ぶりとなる。日刊スポーツなどが報じた。

決勝は、史上初の日本勢対決となった。ナガマツ組は、福島由紀選手、広田彩花選手のペアと対戦。接戦の末、2-1で下した。

デイリースポーツによると、ナガマツ組は、第1セットを奪われたが、第2ゲームを取り返した。第3ゲームは18-20で相手にマッチポイントを握られたが、連続得点で同点に追いついた後、一気に得点を重ねて22-20で勝利を決めた。

ナガマツ組は大会初出場。松本選手が177センチ、永原選手が170センチと世界屈指の長身ペアとして知られている。


CLOSE
CLOSE