ナダル

No Picture

木下優樹菜&ナダル密着ツーショット画像に批判殺到。夫フジモンが可哀想、何がしたい?と炎上騒動に…

ママタレントの“ユッキーナ”こと木下優樹菜さん(きのした・ゆきな 31歳)が、お笑いコンビ『コロコロチキチキペッパーズ』のナダルさん(本名=相浦英樹 34歳)とのツーショット写真をインスタグラムに投稿し、コメント欄が炎上・・・

Read More

No Picture

楽しんごも闇営業で吉本興業クビ。刑事事件寸前トラブルで処分? 週刊女性が事務所退社の理由、裏側を報道…

整体師のほかに、現在はYouTuber、プロレスラーとしても活動しているピン芸人・楽しんごさん(たのしんご 本名=佐藤信吾 40歳)が『吉本興業』をクビになった原因が、今話題の“闇営業”だったことを週刊誌『週刊女性』のW・・・


No Picture

コロチキ・ナダルに第1子の女の子誕生。6歳年上の彼女と結婚、4ヶ月で1人目の子供産まれる

お笑いコンビ『コロコロチキチキペッパーズ』(略称:コロチキ)のボケ担当・ナダルさん(本名=相浦英樹 34歳)が21日、第1子となる女の子が誕生したことを自身のツイッター上で発表しました。 コロチキ・ナダルさんに第1子が誕・・・


No Picture

コロチキ・ナダルが結婚、相手は13歳年齢サバ読み彼女。6歳年上の美魔女と入籍、芸人仲間らがフライング祝福。

お笑いコンビ『コロコロチキチキペッパーズ』(通称:コロチキ)のボケ担当・ナダルさん(本名=相浦英樹 33歳)が、かねてから交際していた今年40歳の一般女性との結婚を発表しました。 ナダルさんが結婚発表する前には、吉本興業・・・


No Picture

ジョコビッチ、審判の警告に不満爆発「ケイだってラケットを投げていた」

「ケイだってラケットを投げていた」ー。冷静沈着なプレーで知られるジョコビッチが、審判のジャッジに不満をぶちまけた。

ジョコビッチは7月11日、ベスト4をかけて錦織圭と対戦。試合中にラケットを投げ、主審から警告を受けるなど、冷静さを欠く場面もあった。セット数、3-1で錦織を破ったが、納得できない様子だった。同じようにラケットを投げた錦織には、警告はなかったからだ。

ジョコビッチは試合後、怒りを露わにした

「あの警告は、いらなかったんじゃないかと思う。僕は芝を傷つけてはいないと思うし、ケイだって第4セットにラケットを投げていた。それなのに、主審はそれを見ていなかったと言ったんだ。これはフェアではないよ」

ラケットを投げるジョコビッチ

日本勢85年ぶりのベスト4の夢を砕かれた錦織

4回戦でラトビアのエルネスツ・ガルビスに勝利し、1995年の松岡修造さん以来23年ぶりのベスト8進出を決めた錦織。日本勢85年ぶりの4強入りが期待されていた。

ベスト4進出を巡る準々決勝で対戦したのは第12シードで、元世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。ここまで錦織はジョコビッチに12連敗を喫していたが、「芝での対戦は初めてだから、違った試合になる」と語っていた

第1セットをジョコビッチに先取された後、一度は立て直して第2セットを取り返した錦織。しかし、その後は元世界王者の強烈なサーブと正確なショットに押され、巻き返すことができなかった。ジョコビッチのペースのまま、第3セットと第4セットを落としてしまい、準決勝進出はならなかった。

試合後、錦織は自身のツイッターを更新し、現在の心境を述べた。

“試合には勝てなかったが、今日はすごく楽しかった。練習に励んで、また来年、強くなってロンドンに戻ってくるよ!”

Enjoyed my match today but couldn’t win unfortunately. Keep working hard to improve. See you next year London! https://t.co/5fyO8xtu80

— Kei Nishikori (@keinishikori) 2018年7月11日

昨年の覇者・フェデラーは逆転負けで姿を消した

前回大会の覇者で、過去にウィンブルドン8回の優勝を誇るロジャー・フェデラー(スイス)。今回大会も優勝候補の一角、ここまでの試合はすべてストレート勝ちで、圧倒的な試合運びだった。

準々決勝の相手は第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)。フェデラーはアンダーソンから第1セット、第2セットを順調に奪い、第3セットのマッチポイントも握った。フェデラー自身も、観客もフェデラーの勝ちを確信していただろう。しかしー。

フェデラーはそのマッチポイントを逃してしまう。そこで試合の流れは一気に逆転。結果、2-6、6-7、7-5、6-4、13-11でアンダーソンが4時間13分に渡る激闘を制した

王者ナダルは死闘を制してベスト4へ

7月2日現在、世界ランキング1位のラファエル・ナダル(スペイン)。準々決勝では、第5シードのフアン・マルティン・デル・ポトロ(アルゼンチン)と対戦した。

ナダルとデル・ポトロ、お互いが一歩も譲らずにフルセットまで持ち込まれた。最後、第5セットはナダルが王者の粘りで、勝利。7-5、6-7、4-6、6-4、6-4で4時間48分にも及ぶ試合だった。

試合終了直後、ナダルは倒れこむデル・ポトロのもとに駆け寄り、お互いにハグ。2人には観客から、大きな拍手が送られた。

What. A. Match.

He had to work for it, but @RafaelNadal is into the #Wimbledon semi-finals…

…with Novak Djokovic up next pic.twitter.com/vdtWSuI3Hi

— Wimbledon (@Wimbledon) 2018年7月11日

ナダルは13日(現地時間)、準決勝でジョコビッチと対戦する


No Picture

水曜日のダウンタウン・ジョジョの鉄塔システム説でナダル拉致・誘拐、警察出動で炎上…TBSの危険な演出体質に問題あり?

バラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系 水曜22時)で行った企画のロケ中に、警察が出動する騒動を起こしていたことが判明し、現在ネット上では批判の声が噴出し炎上事態になっているのですが、TBSに危ない演出体質があ・・・


『水曜日のダウンタウン』の企画で警視庁が厳重注意 TBS「見直しを検討」

TBSのお笑い番組「水曜日のダウンタウン」のお笑い芸人を連れ去る企画で、現場を目撃した人から110番が相次ぎ、警視庁が出動する騒動が起きていた。TBSが6月21日、ハフポスト日本版の取材に対して事実を認めた。

TBSによると、5月22日に行われた同番組のロケで、お笑い芸人のコロコロ・チキチキペッパーズのナダルさんを連れ去る場面を撮影していたところ、目撃した人から110番が相次いだ。

テレ朝ニュースによると、ロケは渋谷区のJR恵比寿駅周辺であり、「男の人が車に押し込まれて連れ去られた」という通報内容を元に、警視庁が誘拐の疑いで捜査を始めたという。

ところが、車のナンバーなどからTBSの番組の企画だったことが判明。警視庁が翌日、関係者に厳重注意した。

TBSの社長室広報部は、ハフポスト日本版の取材に対して「警察と関係者にご迷惑をおかけして誠に申し訳ありませんでした。当該企画は見直しを検討しています。今後、再発防止に努めます」と話した。

騒動を受けて、TBSはこの企画を放送していないという。

どんな企画だった?

問題となった企画は、「ジョジョの鉄塔システム生活」の第2部とみられる。お笑い芸人を連れ去って檻の中に閉じ込め、身代わりとなる芸人を呼び出すことができれば脱出できる内容だ。

5月30日に放送された第1部でも、新横浜駅前を歩いていたナダルさんが、若い男に車で連れ去られる場面が流れた。ナダルさんも企画内容を知らされていない様子で、その後、横浜市内の倉庫内に閉じ込められた。

通報が相次いだ5月22日も、第2部用に同様の場面を撮影していたとみられる。

6月13日に放送された番組内で、次週の内容として「第2部」の放送を予告していた。ところが20日に放送されず、TBSは騒動を受けて番組内容を差し替えたとみられる。


No Picture

水曜日のダウンタウン・ジョジョの鉄塔システム第2弾放送中止理由…再び警察沙汰のトラブルで差し替え? 拉致監禁事件の影響?

20日放送のバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系 水曜22時)の内容が突如変更、差し替えられたことで物議を醸しており、ネット上では様々な憶測を呼ぶ事態となっています。 『水曜日のダウンタウン』は、現在規制が厳・・・


CLOSE
CLOSE