シャネル

No Picture

カール・ラガーフェルド氏が死去 シャネルのデザイナー、85歳

カール・ラガーフェルド氏

フランスのラグジュアリーブランド「シャネル」のデザイナーを務めるカール・ラガーフェルド氏が2月19日、死去した。85歳だった。同ブランドの公式Instagramで伝えられた。

ハフポストUK版によると、ラガーフェルド氏は1月のシャネルのオートクチュール・コレクションを体調不良のため欠席していた。

ラガーフェルド氏は1983年にシャネルのクリエイティブ・ディレクターに就任。フェンディのデザイナーも務めた。ファッション界に革命をもたらしたシャネルの世界観を作りあげ、長きに渡りブランドを支え続けた。

シャネルの公式Instagramアカウントは19日、ラガーフェルド氏の写真を投稿。

シャネルの創業者、ココ・シャネルに関するラガーフェルド氏の言葉として、「私の仕事は彼女がしたことをするのではなく、彼女が”したであろうこと”をすることです」との発言を引用し、故人を悼んだ。

また、ラガーフェルド氏の右腕として知られるヴィルジニー・ヴィアール氏が後任に就くことを発表した。

 シャネルを立て直した偉大な貢献者

創業者ココ・シャネル亡き後、不振が続いていたシャネルを見事に立て直したラガーフェルド氏。

その後、30年以上に渡りファッション界を牽引し、「モード界の皇帝」とも呼ばれた。ファストファッションブランドのH&Mからコカ・コーラまで幅広いブランドとコラボするなど、革新的な取り組みを続けた。

2000年には、ディール・オムの細身スーツを着るために、42キロの減量をしたことも話題となった。

つねに注目を集める一方で、ベールに包まれた存在でもあった。年齢を公式には明かさず、いつも黒いサングラスをかけて素顔を隠していた。

シャネル、2015年春夏プレタポルテコレクションより。

【2019/2/20 0:30】記事をアップデートしました。

Read More

No Picture

シャネルが宣言「ワニ革やヘビ革を使いません」。毛皮も廃止へ

2018/19年秋冬 プレタポルテ コレクションより

フランスの高級ブランド・シャネル(CHANEL)が12月4日、ワニ革やヘビ革などの使用を廃止すると発表した

同ブランドのファッションプレジデントを務めるブルーノ・パブロフスキー氏は、廃止の決断に至った理由について、ブランドの倫理基準を満たす方法でエキゾチックレザー(家畜以外の革)を入手することが困難になっていると説明。

ワニ革やトカゲ革、ヘビ革、エイ革などのエキゾチックレザーは希少性が高く、高級素材として使われてきたが、今後は使用しないという。

また、WWDによると、これまでもほとんどコレクションで使用されていなかったが、毛皮の使用も今後は廃止する。

毛皮の廃止宣言も続々と

ファッション業界では、動物愛護や環境保護などの観点から、毛皮や皮革の廃止を宣言するブランドが増えている。

これまでも、グッチやジャンポール・ゴルチエ、カルバン クライン、ラルフローレン、トミー・ヒルフィガーなどがすでに毛皮を使用していないと報じられている。

ハフポストマグレブ版の記事を翻訳・編集しました。


CLOSE
CLOSE