サッカー

No Picture

本田圭佑 「日本は『あれも駄目これも駄目』自由がない」

1: 2018/10/20(土) 20:47:49.29 _USER9  オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーに所属するMF本田圭佑がオーストラリア『シドニー・モーニング・ヘラルド』のインタビューで、日本での生活について言及した。  メルボルン・ビクトリーは20日、リーグ開幕戦でホームにメルボルン・シティーを迎える。同紙はダービーマッチを前に本田を特集。その中で元日本代表レフティーは、「僕は日本という国やその文化が好きです」と前置きし、母国での生活に関し..

Read More




No Picture

サイバーエージェントがFC町田ゼルビアを買収か。悲願のJ1昇格に向けて期待高まる

FC町田ゼルビアのサポーター(2017年10月20日に川崎市の等々力陸上競技場で撮影)

IT企業大手のサイバーエージェントが、サッカーのJリーグ2部の「FC町田ゼルビア」を買収する方針を固めたと9月28日、スポーツ報知が報じた。チーム側は同日、報道を否定せず「現時点で確定したことではございません」と公式声明を出した。

スポーツ報知は「複数の関係者によると、サイバー側は10億円以上でクラブ保有株の過半数を取得し、2019年からチーム運営に本格的に関わる」と報道した。これに関して、FC町田ゼルビアの公式サイトは「本日の報道に関して」という告知文を掲載した

「弊クラブの経営に関する報道が28日付でございました。こちらに関しましては、現時点で確定したことではございません。今後何らかの正式な決定がございましたら公式サイトで発表させていただきます」

 

■町田ゼルビアとは?

FC町田ゼルビアのメンバー(2017年10月20日に川崎市の等々力陸上競技場で撮影)

Jリーグ公式サイトによると、1977年に誕生したFC町田トレーニングセンター(小学生の選抜チーム)がルーツだ。1989年にトップチームが創立された。

このトップチームは、当時の町田サッカー協会理事長を務めていた重田貞夫(故人)が声をかけた。当時のメンバーは、町田市社会人リーグに所属していたクラブチームより選抜したとチーム公式サイトは伝えている。

1997年にクラブ名を「FC町田」から「FC町田ゼルビア」へ変更した。町田市の樹であるケヤキの英語名ZELKOVA(ゼルコヴァ)と町田市の花であるSALVIA(サルビア)を合わせた造語だ

2009年からJリーグに参加しているが、J1にはまだ昇格したことはない。

日刊スポーツによると、Jリーグは9月27日、来季のJ1とJ2の参加資格となるクラブライセンスの判定結果を発表した。

町田はJ1自動昇格圏の2位につけていたものの、スタジアムの入場可能数やトレーニング施設の基準に達しないため、J1ライセンスが交付されなかった。これで来季に、悲願のJ1昇格をすることはなくなった。

豊富な資金力を持つサイバーエージェントによる買収は、町田のJ1昇格に向けた原動力になるかもしれないと、サッカーファンの期待は高まっている。


No Picture

【驚愕】イブラヒモビッチが特技のテコンドーを活かしたアクロバティックなゴールを炸裂させる!

イブラヒモビッチ選手が、特技のテコンドーを活かしたアクロバティックなゴールを炸裂させて話題となっています! イブラヒモビッチ選手といえば、インテルやACミラン、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド…





No Picture

福西崇史が10年ぶり現役復帰の理由…サッカー元日本代表が南葛SC加入へ。キャプテン翼の作者・高橋陽一が後援チーム

元サッカー日本代表で、現役引退後はサッカー解説者などとして活動していた福西崇史さん(ふくにし・たかし 41歳)が、10年ぶりに現役復帰することを表明し注目を集めています。 発表によると、福西崇史さんが現役復帰にあたり所属・・・


CLOSE
CLOSE