エンタメ


No Picture

嵐の活動休止でジャニーズ事務所がコメントを発表「苦しみ抜いて出した結論」【コメント全文】

人気アイドルグループ・嵐が1月27日、2020年いっぱいで活動休止することを公式ファンクラブサイトで発表した。活動休止について、所属するジャニーズ事務所のコメントは以下の通り。

—-

弊社所属アーティスト「嵐」に関するご報告

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

この度、嵐は2020年12月31日をもちまして、嵐としての活動を休止いたしますことをご報告申し上げます。これまで嵐をご支援くださった関係者の皆様、そして何より20年のグループ活動を温かく見守り、応援してくださった全てのファンの皆様には心より感謝申し上げます。

この度、「嵐としての活動を休止する」という結論に至りましたのは、メンバーの一人である大野の気持ちがきっかけとなりました。「2020年を区切りに、ここで一度嵐をたたみ、それぞれの道を歩んでもいいのではないか。」

その大野の思いをきっかけに、2017年6月頃からメンバー全員、個別、そして会社を交えながら幾度となく話し合いを重ねてまいりました。本音で向き合い、時にはぶつかり合いながらも苦しみ抜いて出した結論が、「嵐としての活動は一度お休みさせていただき、メンバーそれぞれの人生を歩んでいく」という答えでした。この結論を導く中で、5人のメンバーに共通していた強い思いは「嵐の活動は5人でしかありえない」ということであり、一貫して変わることはありませんでした。

嵐が活動を休止することで、ファンの皆様、関係会社の皆様、そして社会に与える影響も含めまして弊社内でも幾度となく協議を重ねて参りましたが、最終的には20年間走り続けたメンバーの意思を尊重し、この度皆様にお知らせすることを決断いたしました。実質的な活動休止まで約2年ございますが、この時期を選びました理由は、最後まで嵐が嵐らしくあるために、できる限り皆様と嵐が過ごすことができる時間を作り、感謝の気持ちをお伝えする場を設けたいという思いからでございます。

彼らをご支援頂きました全ての方々に心より御礼申し上げますとともに、大切な皆様への全ての思いを、2020年に活動休止するまで、心を込めてお届けし続けたいと考えております。

これからも嵐、そして大野 智、櫻井 翔、相葉雅紀、二宮和也、松本 潤への温かいご支援、ご鞭撻を賜れますと幸いでございます。

2019年1月27日
株式会社ジャニーズ事務所


No Picture

「HUGっと!プリキュア」最終回、出産シーン描かれ反響 シリーズ通して社会問題に切り込む

HUGっと!プリキュア 第49話予告 「輝く未来を抱きしめて」

「プリキュア」シリーズ15周年の節目を飾ったアニメ「HUGっと!プリキュア」が1月27日、最終回を迎えた。「育児」をテーマに据え、ジェンダーの問題に切り込む内容が反響を呼んだ同作だが、最終回では大人になった主人公・野乃はなのリアルな出産シーンが描かれ、視聴者を驚かせた。

リアルな出産シーン、話題に 帝王切開についても言及も

「HUGっと!プリキュア」では、過去にも出産シーンが描かれたことがある。

8月放送の第27話「先生のパパ修業!こんにちは、あかちゃん!」は、主人公・はなのクラスの担任が父親になるストーリーで、終盤に約3分間かけて妻の出産シーンを描いた。

この回は、出産を女性だけのものにせず、男性目線で描いたことでも反響を巻き起こした。

10月放送の第35話「命の輝き!さあやはお医者さん?」では、「帝王切開はつまずきじゃない。立派なお産よ」という産婦人科医のセリフも登場。放送後はこのセリフに「励まされた」などのコメントが寄せられ、話題を呼んだ。

あらゆる社会問題に切り込んだプリキュア

12月放送の42話では、シリーズ史上初となる「男の子のプリキュア」も誕生。

女児アニメながら、「女の子らしさ」や「男の子らしさ」などのジェンダーの壁、子育て、いじめなど、シリーズを通して日常に溢れるあらゆる社会問題に切り込んだ。

各話放送後、Twitterでは関連ワードがトレンド入りし、多くの人が感想を言い合った。「HUGっと!プリキュア」が伝えようとしたメッセージは、多くの視聴者に届いているはずだ。

シリーズ構成および脚本を手がけた坪田文さんは、自身のTwitterで、「楽しい思い出、勉強になった事がいっぱいある大切な作品です。辛い事も勿論ありましたが、皆さまの想いに感じ、そして励まされました。感謝です」とつづっている。


車いすに鎮座する”死体” 映画のプロモーションで行われた「死体役生実演」がヤバい

ds

1月19日(土)、複合映画館「新宿ピカデリー」でとんでもないイベントが行われました。 それは死体役“生”実演! これは、1月25日(金)から全国公開される映画「十二人の死にたい子どもたち」のプロモーションで行われたもので […]


【クレイジー編集部襲撃事件】スギちゃんとダンディ坂野が編集部で暴走

wai

ある日、弊社にこんな男たちが突如として乱入。スギちゃんとダンディ坂野! バズーカを片手に「お邪魔するぜぇ~」と意気揚々と入ってきました。これにはある理由が。 実は2人、スマホアプリ「モンスターストライク」の「劇場版シティ […]


【うっかり】プロレスラー武藤敬司によるナゾの投稿。その真相がお茶目すぎた!

武藤

そのコワモテとは裏腹に、ちょっぴりお茶目なキャラクター性でタレントや俳優としても活躍する、プロレスラーの武藤敬司さん。 先日、彼のネット上でのこんなつぶやきが話題となりました。こちらのツイートです。 Twitter &m […]


なんてバディだ! 映画『MEG ザ・モンスター』のナイスバディ美女、正体ついに判明!!

meeg

先月クレイジーで紹介させていただいた、映画『MEG ザ・モンスター』のポスターに合成されたこのナイスバディ美女を覚えていますか? ※詳細は過去記事『ポスターに写るナイスバディ美女は誰?』 2019年1月10日(木)、『M […]


No Picture

NGT48運営、山口真帆さん暴行被害の件で声明 メンバーの1人が「推測できる帰宅時間伝えてしまった」

山口真帆さん

NGT48山口真帆さんが男2人に自宅におしかけられた問題で、所属事務所のAKSは1月10日、「メンバーの1人が男から道で声をかけられ、推測出来るような(山口さんの)帰宅時間を伝えてしまった」と、NGT48メンバーの関与があったことを認めた。

公式サイトに掲載した声明文の中で明らかにした。

声明では、「昨年12月、ファンを名乗る男2名が山口真帆の自宅玄関に押しかけ、顔を押さえこむなどの暴行の容疑で逮捕されました」と、山口さんが被害にあった経緯を報告。山口さんを襲った男2人と、事件に関与していたファンの男1人をイベント・握手会などの出禁処分にしたという。

山口さんはネット上で、騒動へのNGT48メンバーの関与を指摘していた。これについて声明では、「メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました」と認めた。

問題をめぐっては、運営側の対処について批判の声も出ている。

AKSは「山口真帆本人から公表する形になってしまったことは、本人やファンの皆様への説明や対応が不十分だった為」と説明し、「全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底する」など再発防止に努めるとした。

最後には、「多大なご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」とファンや関係者に向けて謝罪した。

公式サイトに掲載されたコメント全文は以下の通り。

▼NGT48公式サイトに掲載された声明全文

お知らせ 山口真帆に関わる一連の騒動についてのご報告
2019.01.10

NGT48をいつも応援していただきありがとうございます。

今回、山口真帆に関わる一連の騒動について、皆様にご心配とご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。

先ず、山口真帆が被害にあった暴行事件についてご報告いたします。

昨年12月、ファンを名乗る男2名が山口真帆の自宅玄関に押しかけ、顔を押さえこむなどの暴行の容疑で逮捕されました。新潟警察署が事件を捜査し、約1か月間NGT48劇場今村支配人も新潟警察署にできる限りの協力をいたしました。

そのほかに、実行犯ではありませんが、この事件に関与していたファンの男1名も運営側で確認されました。

また、メンバーの関連性においては、メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました。

運営としては引き続き本件についての確認を続けてまいります。

また、3名の男達についてはグループ内での公演、握手会、イベント等へは一切参加できない対応をしております。

当然のことながら、今回の事件を受けて山口真帆本人は精神的なショックを受けております。今回このように山口真帆本人から公表する形になってしまったことは、本人やファンの皆様への説明や対応が不十分だった為であり、今後はこのようなことがないよう、全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底するなど、これまで以上に再発防止策を講じるとともに、メンバーとの信頼関係を築き、山口真帆をはじめ全メンバーの精神的ケアを、スタッフ一同全力で行なっていく所存です。

ファンの皆様、関係者の皆様には、多大なご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

株式会社AKS

NGT48の公式サイトに掲載された声明

山口真帆さん、10日の公演に姿あらわし謝罪

公式サイトに声明が掲載される直前の10日夜、山口真帆さんはグループの活動拠点の新潟で開催された公演に姿を見せていた

新潟日報によると、山口さんはファンに向けて「お騒がせして申し訳ありません」と謝罪したという。

Twitterなどでは、運営側から説明がない状態で被害を受けた当事者が謝罪することに対し、批判の声が相次いでいた。

問題の経緯は?

この件は、山口さんが1月9日、動画配信プラットフォーム「SHOWROOM」やTwitterなどで命の危険を感じる被害にあったと訴えたことで明るみになった

10日のNHKの報道によると、山口さんは2人の男に新潟市内にある自宅に押しかけられ、顔をつかまれるなどの被害に遭っていたという。2人は25歳の無職と男子大学生で、暴行の疑いで逮捕され、その後不起訴となり釈放されたという。

この件について、ハフポスト日本版は所属事務所に問い合わせを続けているが、「担当者が不在のため回答できない」などとして、11日時点で取材に応じていない。


西野カナ、無期限活動休止を発表 「日常の中で音楽を楽しみたい」

西野カナさん

西野カナ、無期限活動休止を発表「色々と挑戦したい」

歌手の西野カナ(29)が8日、自身の公式サイトで来月3日の横浜アリーナでのライブ終了後に活動休止することを発表した。期限を決めずに「色々と挑戦したい」としている。

「いつも応援してくれる皆さんへ」と題したメッセージで、2008年のデビューからこれまでを振り返り「もうすぐ、ずっと楽しみにしていた30代。 旅行が好きなので、行きたい場所もまだまだありますし、やってみたいこともたくさんあります」と思いをつづると「来月のライブを終えたら一度活動を休止して、期限を決めずに色々と挑戦したいと思っています」と報告した。

一方で「やっぱり私は歌が好きで、これからもきっと毎日のように歌を口ずさんでいる気がします。またいつか皆さんの前で歌える日が来るまで、日常の中で音楽を楽しみたいと思っています」と率直な思いを明かし、「最後に、こんな私をいつも応援してくれる皆さんに心から感謝の気持ちを伝えたいです」と呼びかけた。


No Picture

目が見えない、耳が聞こえない。どうやって「笑い」を届ける? 吉本芸人が考えた

目が見えない、耳が聞こえない、日本語が使えない。そんな状況でプロの芸人は「笑い」をとれるのか。

平成最後の年の暮れ、吉本興業の芸人が、あえて普段とは違う状況で大喜利などに挑戦した。視覚障がいや聴覚障がいなどの「障がい」をテーマにコミュニケーションの難しさを考えるためのイベントだ。

当日の様子をレポートする。

「聞こえない」「見えない」人を、どうやって笑わせる?

イベントに参加したのは、お笑い芸人・次長課長の河本準一さんや麒麟の田村裕さん、吉本興業が主導するアジア版「あなたの街に住みますプロジェクト」のメンバーで、アジア各国でお笑いに挑戦している芸人ら総勢20人以上。

一般参加者は老若男女幅広く、障がいを持つ人もいた。

イベントでは、少人数のグループに分かれ、「みえない」「きこえない」「はなせない」状態でコミュニケーションを取るゲーム形式のワークショップを実施。

「みえない」と書かれたカードを引くとマスクで目を塞ぎ、「きこえない」カードでは耳にイヤホンをつける。そして、「はなせない」というカードを引くと、喋ることができなくなる。

このような状態で自己紹介やしりとり、大喜利などのお題に沿ってチームのメンバーと意思伝達を図る、という内容だ。

お笑い芸人にとって、「喋り」は欠かせない存在といっても過言ではない。

その商売道具を封印した状態で、人を笑わせることはできるのか?

20人以上の芸人たちが、ジェスチャーを使ったり、時には伝えたい相手と直接触れ合ったりしながら、「伝えたいことを伝える」ために試行錯誤していた。

ワークショップの最後には、視界と耳が塞がれ、話すこともできない状態の芸人が、「こんなテーマパークは嫌だ」というお題の大喜利を伝えるゲームに挑戦した。伝える相手も、まったく同じ状態。

河本さんは、パートナーと二人羽織りのようになり、身振り手振りで家の形をかたどるジェスチャーをとり、「家がテーマパーク」という回答をパートナーに伝えた。

視界と耳が塞がれ、話すことができない状態で、芸人が「こんなテーマパークは嫌だ」という大喜利の答えを相手に伝える。

「はなせない」カードを引くと、喋ることができない。会話をするために工夫が必要だ。

次長課長の河本さんは手話を勉強中

吉本興業は、地方活性化や海外展開を目的とした新規事業のほか、「SDGs(持続可能な開発目標)」など社会貢献に繋がる取り組みにも積極的だ。

今回のイベントは、障がいの有無に関わらず、誰もが「会話」をできる未来を目指す「未来言語」と吉本興業のコラボで開催された。

参加者の一人、次長課長の河本さんは、手話を勉強中だという。

ワークショップ後に開かれたトークセッションでは、「言葉では自分の発言を撤回できるが、ジェスチャーでは一度伝えたことを『訂正』しづらい」と、障壁がある中で意思疎通を図る難しさを語っていた。

「相手のことを思って伝えることが大事で、雑なコミュニケーションをとると相手が不快になることもある」と振り返った。

日本語が通じない海外では、「リズムネタ」がウケる?

イベントに参加した「住みます芸人」のメンバーは、普段は言語も日本のお笑い界の常識も通じない海外で活動をしている。

「インドネシア芸人」のザ・スリーは、「ボケがいつも怒られていることに疑問を持たれた」と話した。日本ではボケた芸人に対して、頭を叩く「つっこみ」で笑いをとることも多いが、海外ではそれが「怒られている」とみられることもある。そんな文化や価値観の違いを感じたエピソードを明かした。

工夫の末に辿り着いたのが、リズムネタ。ボケもツッコミもない「あるある話」をリズムに合わせて披露するネタをYouTubeで公開したところ、再生回数が1600万回を超えるヒットを飛ばしたという。

(一方で、ろうの人にとっては、リズムネタのおもしろさは理解しづらい、という当事者からの率直な意見もあった。)

吉本

▼ザ・スリーが公開したリズムネタ「Tidak apa apa」

健常者と障がい者の垣根なくす 「芸人からも発信したい」

今回のワークショップでは、初対面の参加者同士がお互いの体に触れ合いながらコミュニケーションを取ることで、一気に距離感が縮まっていく様子が印象的だった。

最近では、視覚障がいを持つ漫談家の濱田祐太郎さんがピン芸人ナンバーワンを決める「R-1グランプリ2018」で優勝したことも、記憶に新しい。NHKでは、障がい者がでるバラエティ番組「バリバラ」が評判だ。

バラエティ番組などに出演するお笑い芸人は、若い世代にとっても親しみやすい存在だ。こうした取り組みから、障がい者と健常者の垣根をなくすための議論が広がっていくかもしれない。

トークショーの最後に河本さんは、「特に女性や若い世代の人が参加してくれたことが嬉しい。芸人からも発信していきたい」と語った。

イベントに参加した吉本芸人ら

イベント参加芸人:

次長課長・河本準一、麒麟・田村裕

「住みますアジア芸人」アーキー、緑川まり、ダブルウィッシュ、KLきんじょー、ザ・スリー、黄金時代、タイガース、アキラ・コンチネンタル・フィーバー、そこらへん元気

「手話できます芸人」カエルサークル・ソイくん


CLOSE
CLOSE