エレカシ

No Picture

赤羽ゆかりの大ロックスター、エレカシの名曲が駅の発車メロディに起用される 

人気ロックバンド、エレファントカシマシの名曲が11月16日からJR赤羽駅の発車メロディに起用されることになった。

エレカシの曲が発車メロディとして流れるのは、宇都宮線(東北線)・高崎線・湘南新宿ライン。

代表曲である「俺たちの明日」(5番線:池袋・新宿・横浜・大船方面)「今宵の月のように」(6番線:大宮・宇都宮・高崎方面)の2曲が使用されるという。

清野とおる氏がデザインしたオリジナルポスター(全5種類)

エレカシは4人のメンバーのうち、宮本浩次さん(ヴォーカル・ギター)ら3人が赤羽出身、旧赤羽台中学校の同級生で結成された。ミュージックビデオやCDジャケット撮影の舞台などに何度もなっており、ファンにとって赤羽は「聖地」のような存在だ。

メンバーが地元愛を語ることも多い。宮本さんが、赤羽駅前の喫茶店で歌詞を書いたり、下積み時代、先に人気の出たスピッツやMr.Childrenなど、同世代のバンドの活躍が悔しく、深夜に赤羽を走ったというエピソードでも知られる。

今回の曲の起用は北区による、赤羽のシティプロモーション事業の一貫

「東京都北区赤羽」で知られる人気漫画家、清野とおるさんによるイラストのポスター5種類も制作されている。赤羽駅や商店街など各地でエレカシを全面に押し出したキャンペーンが実施されるという。

エレカシは、2017年3月21日にデビュー30周年を迎え、再度人気が加熱、同年末に初めての紅白出場を果たした。多くのヒット曲や根強い人気がありながらも「再びのブレイク」「遅咲き」と称されるロックバンドだ。

一方の赤羽も、「穴場」的存在から、「住みたい街」として近年、ブレイクしつつある。バンドと、街の存在感が、不思議とマッチした味わい深いコラボレーションとなっている。

Read More

フジロック、YouTubeで生配信するアーティストは? エレカシ、Suchmos、モンパチも…

7月27日から3日間にわたって開催される「FUJI ROCK FESTIVAL’18」で、一部出演アーティストのステージがYouTubeでライブ配信される。23日、対象アーティストのラインナップが発表された

フジロックのステージが世界に向けてライブ配信されるのは、1997年に始まって以来初めてのこと。エレファントカシマシやサカナクション、Suchmosなど、40組以上のアーティストが配信対象のラインナップに並んだ。

●ライブ配信するアーティストは?

出演日ごとに、ライブ配信対象アーティストを紹介する。それぞれのアーティストが登場する時間は、公式サイトのタイムテーブルから確認できる。

なお、配信アーティストが追加されたり、予告なく変更される場合もある。(※追加発表があれば、都度記事をアップデートします)

【1日目(7/27)出演アーティスト ※50音順】

ALBERT HAMMOND JR
エレファントカシマシ
GLIM SPANKY
jizue
MAC DEMARCO
ミツメ
MONGOL800
N.E.R.D(ヘッドライナー)
neco眠る
ODESZA
Ovall
PARQUET COURTS
POST MALONE
ROUTE 17 Rock’n’Roll ORCHESTRA(feat. 仲井戸”CHABO”麗市、甲本ヒロト、奥田民生、トータス松本)
サカナクション
ストレイテナー
TUNE-YARDS
YEARS & YEARS

【2日目(7/28)出演アーティスト ※50音順】

ASH
CARLA THOMAS & HI RHYTHM W/VERY SPECIAL GUEST VANEESE THOMAS
D.A.N.
eastern youth
ハンバート ハンバート
JOHNNY MARR
小袋 成彬
OLEDICKFOGGY
RANCHO APARTE
シャムキャッツ
STARCRAWLER
The Birthday
toconoma

【3日目(7/29)出演アーティスト ※50音順】

ANDERSON .PAAK & THE FREE NATIONALS
浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS
Awesome City Club
cero
CHVRCHES
DIRTY PROJECTORS
FISHBONE
HINDS
HOTHOUSE FLOWERS
KACEY MUSGRAVES
KALI UCHIS
King Gnu
odol
Suchmos
THE FEVER 333
VAMPIRE WEEKEND

●YouTubeでの生配信、決め手は…

ラインナップには、邦楽アーティストの名も多数並んでいる。

同フェスを運営するSMASHによると、フジロックの存在や出演するアーティスト、特に邦楽アーティストを「世界に知ってもらえること」が、YouTubeでのライブ配信に踏み切る決め手になったという。

SMASHの担当者は7月5日、ハフポスト日本版の取材に対し、以下のように展望を語っていた。

「フジロックフェスティバル自体そして、出演いただくアーティスト、特に邦楽アーティストをYouTubeによる全世界配信で世界に知ってもらえることが、ライブ配信を決めた一番の理由です」

「今までフジロックの名前は知っていたが、サイトを見たり、出演アーティストを知ろうとしていなかった方にも気軽に見ていただき、興味をもっていただける機会になればと思います」

全世界での発信をきっかけに、邦楽アーティストの認知が広がり、世界進出のチャンスが生まれる可能性もある。また、「仕事で行けない」などの理由で参加を断念する人や、小さな子どもがいて参加できないという人も、気軽にフジロックを楽しめるようになる。

いよいよ間近に迫ったフジロック。YouTubeでのライブ配信をきっかけに、世界中の音楽ファンがフジロックの魅力を堪能し、アーティストを発掘する機会が増えることに期待したい。


CLOSE
CLOSE