アート

ツイッターで20万「いいね」を記録!変わりゆく渋谷の工事中壁画アートが話題に

名称未設定

来たる東京オリンピック2020に向け、着々と再開発が進んでいる渋谷。足を運ぶ度に「なんかまた工事してない?」と思った人も少なくないのではないでしょうか。今回はそんな渋谷再開発に関するある作品が話題になりました。 それがこ […]

Read More


No Picture

「鼻セレブ」の空き箱が大変身。「空箱職人 はるきる」さんが目指す、新しいアーティストの形

「アルフォート」や「鼻セレブ」など、誰もが見たことのある空箱を利用してアートを作り出す大学生に注目が集まっている。

空箱職人 はるきる」さんはハフポスト日本版の取材に対し、「新しいタイプのアーティストを目指したい」と抱負を語った。

■「アルフォート」が大注目 数万リツイートの常連

はるきるさんは、神戸芸術大学アート・クラフト学科の3回生。「誰でも知っている空箱が別の形になったら、面白がってもらえるのでは」と2018年から空箱アート製作し、自身のTwitter上にアップし始めた。

作品が注目されたきっかけは、2018年9月にアップした「アルフォート」の空箱を使った飛行船のような作品だ。

「アルフォート」を元に製作した作品

空箱4箱を使い製作したこの作品は、これまでに5万回以上リツートされている。

商品のキャッチコピーが書かれた部分を切り取り、そのまま赤い旗に仕立て上部に設置した。はるきるさんは「空箱の元の特徴やデザインを生かすことがこだわりなんです」と話す。

この空箱の元のデザインを生かす工夫は随所に見られる。

ティッシュ箱から作ったうさぎ

ティッシュ箱を可愛らしいウサギに仕立て上げた作品では、商品名が顔の正面に来るだけでなく、「15周年」のロゴをペンダントのようなアクセントに変えてみせた。

■「見た瞬間に思いつく」

この空箱アート、いったいどのように作り上げているのだろうか。はるきるさんは「箱を見た瞬間に頭の中で完成形が思い浮かび、いきなりハサミを入れてしまう」という。

使用するのはハサミに瞬間接着剤、セロテープ、それにカッターのみ。一つの作品を仕上げるのにかかる時間は、平均10時間ほど。

特に力を入れた「リッツ」から生み出したライオンは20時間以上かかったという。

リッツから作ったライオン

ツイッターアカウントは18万人以上のフォロワーを誇る。「多くの人に見てもらえるのは製作者として嬉しい限り。ただ半端なものは作れなくなりました」と意気込む。 

将来は作品作りで生計を立てたいとしていて、すでに「マクドナルド」の依頼を受けてその技術を発揮している。

「前例が無いので、何の作家と表現したらいいか分からない」と苦笑するが、「新しいタイプのアーティストになりたい」と意気込んでいる。

はるきるさんのその他の作品は以下。

熱さまシートから作った作品「プリングルス」から製作した作品

 派手なジャケットの下には白いシャツ。ここには箱の原材料表示に当たる部分を使用。「元のデザインを生かす」こだわりが表れている。

鼻セレブから製作した作品

背中の部分からティッシュを取り出すことも出来る優れものだ。









CLOSE
CLOSE