『スポンサードリンク1』

『関連記事』


小松菜奈、大泉洋のサプライズに感激「こんなことがあるんですか…」

「恋は雨上がりのように」初日舞台あいさつ 眉月じゅん原作の恋愛マンガを実写化した「恋は雨上がりのように」の初日舞台あいさつが行われ、小松菜奈、大泉洋、清野菜名、磯村勇斗、葉山奨之、松本穂香、山本舞香と永井聡監督が登壇した。

 冒頭から「またもや君たちは『洋ちゃん、洋ちゃん』って…(笑)」と客席をあおりごきげんな大泉に、会場も大盛り上がり。しかし自身が演じる45歳のファミレス店長・近藤へのせりふには思うところがあるようで、「主に劇中の前半戦、私が『クサイ』と言われるのですが、実際の私はいい匂いがするわけです。この映画のせいで、私がクサイという噂が立たないことだけを祈るばかり」とボヤいた。

 本作については、磯村が「梅雨の時期にピッタリな映画だと思うので、この作品を見てスッキリしていただければ」とアピールする一方、近藤に恋するあきらを演じる小松は「『人を好きになるのに理屈はいらない』と純粋に思えた作品。はじめはとまどいもありましたが、演じていくうちにあきらの真っすぐさが素敵だと思いました」と。

 小松が「大泉さんと戸次重幸さんのシーンは、店長があきらに対してとはまた違う親友との和やかな空気と表情をしていて。素敵だなと思ったのと、すごく楽しそうでした」と現場の様子を明かすと、大泉は「私と戸次メンバーのあのシーン…」とすぐさまツッコミを入れ、客席を沸かせた。さらに「若い方たちに囲まれて少し緊張していたんですが、悔しいかなTEAM NACSのメンバーである彼がくるとホッとしたところがございました」と心境を明かした。

 清野がキュンポイントとして挙げた“店長があきらに手品を見せるシーン”に関しては、小松が「実際にはやっていません!」とバラし、永井監督も「大泉さんが映画『青天の霹靂』で手品をする役柄を演じられて、そこでマジックがトラウマになっているというお話を聞いて…(笑)」と暴露した。

 最後に、撮影やキャンペーンを共にした大泉から小松の頑張りを称えるメッセージと花束が贈られると、小松は「ありがとうございます。こんなことがあるんですか…聞いてないです…」と涙を浮かべた。


まずはゴシップおじさんの「いいね」をクリック!↓↓

『関連記事』

『スポンサードリンク2』
CLOSE
CLOSE