『スポンサードリンク1』

『関連記事』


柏木由紀のコンプレックスwwwwww

1: ジョーカーマン ★ 2018/05/11(金) 14:25:22.62 ID:CAP_USER9

柏木由紀がAKB48になるまでを語った初めてのジュニア向け小説『アイドル誕生!~こんなわたしがAKB48に!?~』(小学館)が6月20日に発売される。

『西郷どん』でおなじみの鹿児島で生まれた、どこにでもいるフツーの女のコが夢みたのは、なんてったってアイドル。
同書は、柏木が自ら語った、現役アイドル初のジュニア小説に。
人生最大のピンチ(涙)なコンプレックスや、あわい初恋エピソードを初告白。
「熱中できることがある人、夢がある人、アイドルが好きな人には特に読んでもらいたい作品です。アイドルになるまでの道のりを、なんだかクスッと笑いながらみてもらえると思います」とコメントした。

柏木由紀『アイドル誕生!~こんなわたしがAKB48に!?~』とは

小学校時代のあだなはメガネザル。
中学になって初めて気づいて衝撃を受けた、目の小ささ&一重まぶた。
男子から告白されるも…。
書類選考で落ちたモーニング娘。オーディション。
母の猛反対にあったAKB48メンバーオーディションなど。
悩みながら、迷いながら、凹みながらも夢を追いかける柏木。
物語は、運命の2006年12月3日、最終審査に向けて走り出す。

そのほか、初の海外ソロライブ(上海)やソロツアーの様子(オフショットも)、“メガネザル”と呼ばれていた小学校時代のスナップ写真を紹介したカラー口絵ページつき。
柏木由紀から、アイドルを夢見るすべての女の子に贈るハートフルな一冊になっている。

http://mdpr.jp/news/detail/1765694

柏木由紀のジュニア向け小説『アイドル誕生!~こんなわたしがAKB48に!?~』
no title


AKB48 柏木由紀
no title

no title

no title

続きを読む

まずはゴシップおじさんの「いいね」をクリック!↓↓

『関連記事』

『スポンサードリンク2』
CLOSE
CLOSE