『スポンサードリンク1』

『関連記事』


ザギトワ 大惨敗の裏でドーピング疑惑!なんと試合前3時間も拘束

アリーナ・ザギトワ クッションカバー 2018 平昌 オリンピック フィギュアスケート女子 インテリア 枕 店舗女子フィギュアスケートの世界選手権が23日、イタリア・ミラノで行われたが、なんとなんと、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(15)が5位と大惨敗してしまった。

”精密ロボット”と呼ばれるジャンプ成功率を誇っていた彼女が、計3度も転倒。最強とまで言われた15歳ヒロインに何が起こったのか。

(以下引用)
フリーが行われた23日早朝から2時間にわたるドーピング検査を課されて、試合前の調整もままならなかったという。


<関連商品紹介>
【ザギトワ ⇒Number(ナンバー)945号【電子書籍】



ザギトワは、ロシア・フィギュアスケーティング連盟の公式サイトの取材に「朝から3時間近くも拘束され、試合に向けて感情をコントロールするのが難しかった。泣いても叫んでも何の解決にもならなかった」と苦しい胸の内を明かしている。

ザギトワはフリーでジャンプが決まらず、3度も転倒。平昌五輪後は、ほぼ休まずに練習を続けてきただけに、体調不良を懸念された。

が、世界選手権での不調はISU(国際スケート連盟)とWADA(世界反ドーピング機関)の嫌がらせだったか。[引用元:日刊ゲンダイ より] → ranking


まずはゴシップおじさんの「いいね」をクリック!↓↓

『関連記事』

『スポンサードリンク2』
CLOSE
CLOSE