『スポンサードリンク1』

『関連記事』


前田敦子 “口淫シーン”を丸ごとカットしていた

前田敦子写真集 不器用
国民的アイドルグループ「AKB48」の絶対的センターだったのも過去の話。

その”大根”っぷりをいかんなく発揮しているのが女優の前田敦子。

2017年は3本の映画に出演し、今年もすでに3本の映画出演が控えている。 → ranking

「本人は、映像作品を選ぶ際に『自分の中でNOは作らないようにしています』と発言しているが、これに首をかしげる映画関係者は多いと思い。実際、昨年公開された話題作『探偵はBARにいる3』では、彼女のあるシーンが丸ごとカットされていた。

実は彼女、今相当ヤバイ現状なのだとか。


<関連商品紹介>
【前田敦子 大人な下着姿で悩殺!人気写真集 ⇒ ATSUKO
【前田敦子 ハワイで水着!キワどい内容が話題に 写真集⇒ あっちゃん
【AKB48登場!20代女性の好奇心に応える雑誌⇒ an・an (アン・アン) 2010年 8/25号 [雑誌]


(以下引用)
「3月17日には『素敵なダイナマイトスキャンダル』が公開されました。彼女は主演やヒロインとして数多くの作品に出演してきたものの、いまだにこれといった代表作はありません。興行的な意味のヒット作も、片手で数えられるくらいです。それなのに“女優然”とした発言が多いのは、気になるところですよね」(芸能事務所関係者)

その『探偵はBARにいる3』は、日本アカデミー賞でも大泉洋が優秀主演男優賞、松田龍平が優秀助演男優賞、北川景子が優秀助演女優賞にノミネートされたが、当然、そこに前田敦子の名前はない。

「助演女優賞を受賞した北川さんですら、受賞に対して厳しい批判の声もあったくらいですから、前田さんの演技については言わずもがなですね。彼女が演じたのは、デートクラブに通う女子大生役で、冒頭から登場するのですが、最初の台本には車内での“口淫シーン”があったんです。

ところが、いざ撮影に入ると、すべてカットされていました。製作サイドか事務所サイドかはわかりませんが、彼女に“忖度”したのは間違いありませんね。本当に映画の世界で生きていくのなら、そういうシーンも演じてもらわないと、今後は厳しいかもしれませんよ」(同)

元トップアイドルのプライドを捨てることができるか――。[引用元:日刊サイゾー より] → ranking

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking


まずはゴシップおじさんの「いいね」をクリック!↓↓

『関連記事』

『スポンサードリンク2』
CLOSE
CLOSE