『スポンサードリンク1』

『関連記事』


としまえんプール事故の原因は?森本優佳ちゃんが死亡…親は目を離していた?ネット上の反応まとめ

2019年8月15日、お盆休みで賑わう遊園地「としまえん」のプールで森本優佳ちゃんが死亡する事故が起こってしまいました。

一体なぜ、監視員や親がいた状況で事故が起こってしまったのでしょうか。
ここでは、としまえんプール事故の原因や詳細についてまとめてみました。

https://breaking-news.jp/2019/08/15/050333

としまえんプール事故の概要

https://reon0912.com/huwahuwa-5297

2019年8月15日、東京都の遊園地「としまえん」のプールで死亡事故が発生しました。
死亡してしまったのは小学3年生の女の子・森本優佳ちゃん。水面に設置された遊具に下に潜り込んでしまっていたようです。

15日午後2時ごろ、東京都練馬区向山(こうやま)の遊園地「としまえん」のプールで、埼玉県朝霞市仲町、小学3年、森本優佳(ゆうか)さん(8)が水面に設置された遊具の下に潜り込んでいるのを監視員が発見した。
森本さんは心肺停止状態で搬送後、死亡が確認された。警視庁練馬署は、溺れたとみて当時の状況を調べている。

同署などによると、監視員がアトラクション「ふわふわウォーターランド」の定時水中点検で、空気で膨らんだ大きなフロート(浮島)の上で遊ぶ遊具「ビッグアイランド」の下で森本さんを発見し、救助した。

15日は監視員が7人おり、常時プールサイドから様子を見ていたという。正午と午後2時には水中を確認する定時点検があり、午後2時の点検で見つかった。森本さんは両親、妹(1)と訪れていた。

https://www.sankei.com/affairs/news/190815/afr1908150043-n1.html

事故当時としまえんのプールは、お盆真っ只中で約3800人の来場者がいたよう。
しかし特に混雑していた様子はなく、監視員も7人おり事故が起こる可能性はかなり低いとされていました。

 

としまえんプール事故の現場

事故が起こってしまったのは、東京都練馬区向山に位置する遊園地「としまえん」のプール。
ふわふらウォーターランドという、競泳用のプールに空気で膨らませた遊具が浮かんでいるファミリー向け施設でした。

死亡してしまった森本優佳ちゃんは、このふわふわウォーターランドの下で発見されたとのこと。
当時、アトラクション利用者への着用が義務つけられているライフジャケットもしっかり着用していました。

では、混雑しておらず監視員も親もいる状況で、一体なぜ事故が起こってしまったのでしょうか。
事故に対するTwitterの反応の後に、としまえんプール事故の原因や、死亡してしまった森本優佳ちゃんについてまとめています。

 

Twitterの反応

 

としまえんプール事故で森本優佳ちゃんが死亡...

親は目を離していた?

http://www.news24.jp/articles/
名前森本優佳(もりもとゆか)
生年月日8歳(2019年8月15日時点)
住所埼玉県朝霞市仲町
学年小学3年生

森本優佳ちゃんは、2019年8月15日に両親と妹(1)とともにとしまえんのプールに訪れていました。
そしてふわふわウォーターランドで遊んでいたところ、遊具の下に潜り込んでしまったようです。

その後、父親が監視員に「娘がいない」と相談してます。
しかしすぐには発見できず、14時の定期点検で遊具の下から発見。その時にはうつ伏せの状態で溺れていたようです。

ライフジャケットを着用しており監視員も7名いたようなので、父親は安心していたのかもしれません。
しかしこのような事故が起こってしまい、責任を感じているでしょう。

では、この事故の原因は一体どこにあったのでしょうか。

 

としまえんプール事故の原因は?

https://www.fnn.jp/posts/

としまえんプール事故の原因は、「親の不注意」「としまえん側」と分かれていますが、施設側の設計や管理不足に対するコメントが多く寄せられています。

では、「親の不注意」という点と「としまえん側」の設計・管理不足の点で考えられることをまとめてみました。

としまえんプール事故の原因:親の不注意

ネット上では「親の不注意」というコメントも寄せられており、8歳児の子供をプールに1人にしておいたことが原因と考える人も多くいます。

現在、森本優佳ちゃんが溺れた時刻などは公表されていませんが、父親が監視員に「娘がいない」と相談したのは1時すぎ。
その時にはすでに森本優佳ちゃんが溺れていたとしたら、早く気付けなかった父親の責任もあるかもしれません。

また、このふわふわウォーターランドは水深1.9m。
大人でも足がつかないプールに、ライフジャケットを着用していたとしても「1人で遊ばせるのは危険」という声も多く寄せられています。

しかしこのような意見よりも、としまえん側に責任があるという声が多いようです。

としまえんプール事故の原因:施設側の責任

まず、大人でも足のつかないプールに110cm以上であれば入場できるという設定が問題という声。
ライフジャケットを着用していたとしても、最初からライフジャケットを頼りに遊ぶのは危険です。

「万が一のことを考え、保護者同伴を条件にするべき」との声が多く寄せられていました。

また、大きな遊具の下に潜れる設計にも問題があるとのこと。
ライフジャケットを着用していると浮力が強いため、一度遊具の下に入ってしまうと浮力で思うように動けません。

さらに遊具は大きいため、泳ぐのが得意な人でもない限り水面に戻ることは簡単ではないようです。

この他にも「監視不足」という声が寄せられており、としまえん側に原因があると考えている方が多くいます。
今後、事故が続かないようにどのような対策を取っていくのでしょうか。

 

2chの反応

浮かばれない・・・
うまいなー
2点差し上げます
深さ1.9メートルのプールに8歳児を入れるな
1.9mって 大人でも自分の身長より深いプールって怖いぞ
だからこそ親は目を離すなしたらいけない
そんな誰でも考えるようなことに対策してなかったんか…
すぐに遊具の下を確認しなかったんだ…
これ完全に過失致死だよ
監視員7人もいて何やってんだ?これは想定外は通用しない 監視員訴えるべき!
遅かれ早かれ起こってた事故だな。
御冥福をお祈りします。
引用元: 【東京】としまえんプールで救助の女児が死亡 浮き遊具の下に潜り込む・練馬★7

 

まとめ

夏休みで楽しいはずのプールで起こってしまった事故。
ネット上では「対策不足」という声が多いようですが、としまえんは今後どのような運営にしていくのでしょうか。

またこれからプールや海に行く方々も、事故には気をつけ子供を連れている親御さんはしっかりと離れずにいてもらいたいです。

【爆NEW化】てんちむ、Aカップ→Dカップに!?育乳に成功した方法がこちらwwwwww
【朗報】歯科医さんが口臭を1時間で消す方法を暴露してしまうwww
【すげぇ】Tポイントで株取引?SBIネオモバイル証券のメリット・デメリットや評判まとめ!

まずはゴシップおじさんの「いいね」をクリック!↓↓

『関連記事』

『スポンサードリンク2』
CLOSE
CLOSE