『スポンサードリンク1』

『関連記事』


2019年の新型は「iPhone」ロゴが背面から消える? 「中国工場の労働者」がリーク

アップルの大手サプライヤーであるFoxconnの「中国工場の労働者」と称する匿名の人物が、中国のQ&AサイトZhihuで2019年の新型iPhoneについての詳細を公開しました。
ただし、同様の噂話はリークサイトSlashleaksにも投稿されましたが、そちらでは「検証されていない情報源」として現在は非公開となっています。

自称Foxconnの労働者いわく、2019年のiPhoneの少なくとも1つには新色のダークグリーンが用意されるとのこと。これは海外でも定評ある日本のアップル情報サイトMacお宝鑑定団Blogが「iPhone XRの後継機にはグリーンとラベンダーが追加される」と報じたことと一致しています。

さらにこの人物は、背面ガラスはマット(ツヤ消し)な外観になっていると主張。こちらは有名アナリストMing-Chi Kuo氏が「2019年のiPhone全てがツヤ消しガラスケースを採用」と予測したこと符合しています。

リークされた情報の中で最も興味深い点は、デバイスの背面からおなじみの「iPhone」ロゴが削除されると示唆していること。これは初出となる噂ですが、iPhoneは他社デバイスよりもミニマルなデザインを徹底しており、ロゴなしでもブランドが分かるとアップルが考えることはあり得るーーアップル関連情報サイトMacRumorsはそうコメントしています。

前面についてはノッチを含め、2018年モデルとほぼ同じとのこと。ただし3D Touchが全モデルで廃止の噂が本当だとすれば、ディスプレイはわずかに薄くなる可能性があります。

 そしてiPhone XS Max後継機のバッテリー容量は3969mAhになると述べられていますが、こちらも初めて出た数字です。この値は2018年モデルの3174mAhから大幅に増量されていますが、これに関してはお馴染みMing-Chi Kuo氏も「2019年モデルは双方向ワイヤレス充電サポート、大容量バッテリーを搭載」と予測していました。

最後に新型iPhoneの内蔵ストレージ容量は、iPhone XSやiPhone XS Maxと同じく64GB、256GB、512GBのオプションが用意されるとのこと。この中にiPhone XRの後継機が含まれるかどうか言及されていませんが、含まれるとすればXRの64GB/128GB/256GBのラインナップから変更となります。

ただしこれらの情報は、冒頭でも紹介したようにSlashleaksでさえ「ソースに信頼性がない」としたもので、無条件に信じない方がいいでしょう。とはいえ、信頼のおける情報源からの噂と一致している点も多くあり、手がかりの1つにはなりそうです。

今回の自称Foxconn労働者がもたらした話の真偽はどうであれ、おそらく今後1ヶ月前後で2019年の新型iPhoneは発表されるはず。日々の噂をチェックしつつ、アップルの公式発表イベントでの答え合わせを楽しみにしたいところです。

(2019年8月15日 Engadget 日本版「2019年版は「iPhone」ロゴが背面から消える? 自称Foxconn労働者がリーク」より転載)

【関連記事】


まずはゴシップおじさんの「いいね」をクリック!↓↓

『関連記事』

『スポンサードリンク2』
CLOSE
CLOSE