3.141592…

小学生時代、我々を苦しめた円周率。学校で習ったけど「いつ使うんだろう?」と思っていた方も多いのではないでしょうか。

そんな円周率に関する 佐久間康幸さんの投稿が話題になっています。

それでは見ていきましょう↓

???…あ!!へぇ〜〜すっげぇ〜!!

直径 × 3(円周率)で円周の長さを出して、それが何周分あるかで丸めて置いてある束の長さがわかるってことですね!

確かに学校の勉強以外で初めて、実用的な円周率の使い方を目にしたかもしれません…。

続いてこんな投稿が ↓

なるほど… 三平方の定理ってそうやって使うんだ…

「社会に出たらなんの役にも立たねー!!」なんて思えてしまう算数や数学の知識ですが、状況や職業によってはしっかりと役に立っているんですね。

投稿を見た方からはこんな反応が ↓

学んだことがこうして社会で活かされていると思うと、あの時覚えたこともムダじゃなかった気がして嬉しいですね。

勉強嫌いのお子さんには、学んでいることががどこでどう活かされているのか説明してあげると、より勉強が捗るかもしれませんね!