『スポンサードリンク1』

『関連記事』


免疫学の権威が監修した「血液型とかかりやすい病気」とは?

血液型別で“かかりやすい病気の種類が異なる”というのはご存じでしょうか?血液型と病気の関連についてまとめてみました。

血液型とは?

血液の種類を表す型ではなく、赤血球の表面抗原によって決まります。血清学的方法によって多くの型に分けることができます。

A型・・・ノロウイルス等の食中毒、肺炎といった感染症全般に加えて、糖尿病、心筋梗塞もかかりやすい。

O型・・・最も免疫力が高く、がんや心筋梗塞、糖尿病に強い。一方、胃潰瘍にはなりやすい。

B型・・・結核やインフルエンザにかかりやすい。結核は、O型に比べて10%も感染率が高い。

AB型・・・最も免疫力が弱く、梅毒やインフルエンザなどにかかりやすい。

出典 http://gendai.ismedia.jp

免疫学者で『血液型の科学』の著者でもある藤田紘一郎氏の見解です。

免疫学的にはO、B、A、AB型の順に免疫力が強い。

出典 http://jisin.jp

A型のかかりやすい病気とは?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

A型はストレスを溜めやすい。この性格は占いレベルではなく過去の研究で明らかになっています。ストレスは病気の大敵。この性格が災いして、糖尿病や心筋梗塞、動脈硬化など生活習慣病を誘発してしまうのです。

出典 http://jisin.jp

免疫力が弱いA型は、感染症への抵抗力が弱いという説があります。

A型は免疫力が弱いという。最も気をつけるべき病気は、胃がん、直腸がん、結腸がん、子宮がん、喉頭がんなど、がん全般。唾液腺のがんに関しては、O型に比べて1,64倍もかかりやすいというデータもある。

出典 http://jisin.jp

がんによる死亡は2人に1人などと言われ、日本では増え続けています。

B型のかかりやすい病気とは?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

2番目に免疫力が高いB型。一方で結核や肺炎、サルモネラ菌の食中毒にはかかりやすく、結核にいたってはO型に比べて10%も感染率が高いという結果も。

出典 http://xbrand.yahoo.co.jp

マイペースでストレスに強いと言われるB型。かかりやすい病気は、感染症です。

食中毒の原因となるサルモネラ菌、肺炎や気管支炎の原因となる肺炎球菌、さらに結核菌などに注意してください。

出典 http://blooddiet.web.fc2.com

食中毒の多い時期には注意です。

これらの感染症だけでなく、1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病)や筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症などの自己免疫性疾患にかかりやすい傾向にあるようです。

出典 http://tatujin.net

B型はストレスに強いため、ガンや生活習慣病にかかる心配はあまりありません。

出典 http://blooddiet.web.fc2.com

O型のかかりやすい病気とは?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

胃酸過多による胃潰瘍や十二指腸潰瘍です。O型の人は胃液の分泌が多いのです。肉食を主として来たO型の歴史ゆえに、肉を消化するために大量の胃液を分泌しやすい体質なのです。そのため胃や十二指腸の粘膜に潰瘍ができやすいので、注意するようにしましょう。

出典 http://blooddiet.web.fc2.com

強い免疫力を持ったO型は、ストレスに強くストレスが引き金になるガンや生活習慣病気にかかりにくいと言われています。

アレルギーや甲状腺疾患など自己免疫疾患にかかりやすい傾向があります。

出典 http://tatujin.net

AB型のかかりやすい病気とは?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

最も免疫力の低いAB型は、農耕民族(A型)と遊牧民族(B型)との混血から生まれた血液型。この血液型の人はインフルエンザなどの感染症にかかりやすいため、多くの人と会ったり話したりすることを避けてしまいがち。

出典 http://xbrand.yahoo.co.jp

身を守るために人との距離を保つAB型は、病気にかかることを恐れ自然に避けていたようです。

特にAB型がかかりやすいのは梅毒、肺炎、天然痘、インフルエンザなどです。

出典 http://blooddiet.web.fc2.com

いかがでしたか?血液型の違いによるかかりやすい病気の有無は、免疫学の医師藤田紘一郎氏が断言していて、一部科学的な根拠に基づいているものです。もちろん、すべて当たっている訳ではありませんが、自分がかかりやすい病気の傾向を知ることで、日頃の生活習慣を見直すことが出来ます。病気の予防対策を行っていきましょう。


まずはゴシップおじさんの「いいね」をクリック!↓↓

『関連記事』

『スポンサードリンク2』
CLOSE
CLOSE