『スポンサードリンク1』

『関連記事』


『ライオンキング』vs『アラジン』離陸が6時間遅れた空港が一瞬にして劇場に

2015年5月31日、アメリカニューヨーク州ラガーディア空港発オーランド行のフライトは、悪天候のため6時間も遅れていました。

乗客たちは悪天候では仕方ないと思いつつも、やはり6時間は体力的にも精神的にも厳しいもの。空港内は重苦しい空気となっていました。そんな中、どんよりとした空気を一変させる歌声が聴こえてきたのです。

その正体はなんと、本場ブロードウェイで活躍するミュージカル『ライオンキング』と『アラジン』のキャストたちでした!

一瞬にしてライオンキングの世界へ…

Nants ingonyama bagithi baba(父なるライオンがやってきた!)」

14176_03

出典:YouTube

一番最初に響き渡ったのは、ライオンキングの代名詞とも言える一曲「サークル・オブ・ライフ」。生命の素晴らしさを歌ったこの曲に、疲れていた乗客の顔に笑顔が生まれます。

この素晴らしい歌声に対抗するように聴こえてきたのは、アラジンに登場するジーニーの歌声♪

なんと空港にはライオンキングだけではなく、アラジンのキャストも一緒だったのです。まさかの登場に、乗客も大興奮!

14176_02

出典:YouTube

2014年にトニー賞を受賞したジーニー役のジェームス・イングルハートさんは、3分頃に即興で見事なラップを、6分40秒頃には「アラビアンナイト」を披露しています♪

真のエンターテイナー

キャストたちは自分たちも疲れているであろう環境で、空港を劇場に、乗客を観客に変えてしまったのです。

アラジンとライオンキングはチケット入手困難の人気公演、その二つのアカペラ対決が見られるなんて、遅延したからこそ巡り会えたラッキー。

14176_00

出典:YouTube

この場に居合わせた人々は、フライトが大幅に遅れたことへの様々な思いを、一瞬にして忘れることができたのではないでしょうか。

どんな状況でも人々を笑顔にする歌声を惜しみなく披露する姿は、まさに真のエンターテイナーですね!

 


まずはゴシップおじさんの「いいね」をクリック!↓↓

『関連記事』

『スポンサードリンク2』
CLOSE
CLOSE