『スポンサードリンク1』

『関連記事』


亀梨和也の役写真公開!特報映像も8・4深夜初放送『東野圭吾 手紙』

『東野圭吾 手紙』 亀梨和也主演ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』から、亀梨演じる武島直貴の役写真が公開。さらに、特報映像が8月4日(土)深夜に放送されることが分かった。

 本作は東野圭吾の代表作『手紙』のドラマ化。犯罪加害者の弟となってしまった主人公・武島直貴(亀梨)が、周囲の差別や偏見に苦しみながらも、やがて自分の家族を持つまでの軌跡を、劇中で交わされる兄弟の手紙を通じて描いていく。

 今回、公開となったのは亀梨演じる直貴が、陰のある表情を見せる劇中写真。さらに、特報映像が、8月4日(土)深夜1時15分放送の『ABChanZOO』内(テレビ東京)で初放送。放送後には、番組HP(http://www.tv-tokyo.co.jp/tegami/)でも公開される。

<田辺勇人プロデューサー(テレビ東京)コメント>
『普段の亀梨さんを消してほしい。武島直貴として生きてください』。そう亀梨さんにお伝えしてから撮影が始まった『東野圭吾 手紙』。1つひとつのせりふ、目線や相槌、ちょっとしたしぐさにも“強盗殺人犯の弟として生きる”亀梨さんの姿がそこにはありました。
進学・恋愛・就職・結婚と流れていく時間。その中で、出会う人々と、交わされる兄との手紙のやりとり。難しい役柄にも関わらず、正しく真摯に、その時間と向き合った亀梨さんの姿にご期待いただければと思います。
 本日、亀梨さん演じる武島直貴の役写真が公開になりました。さらに15秒の特報が深夜に初解禁となります。キャスト・スタッフ全員で悩み、考えながら作った作品です。短い映像ではありますが、皆さんの心に真っ直ぐシンプルに届けば幸いです。今後、豪華な共演者や放送日などの情報もお届けできると思いますので、楽しみにしていてください!

<STORY>
「本当に俺はバカな兄貴だよ」武島直貴(亀梨和也)の兄・剛志は、4年前、直貴を大学に入れてやりたいという一心から、盗みに入った家で思いもかけず人を殺めてしまい、強盗殺人の罪で逮捕。懲役20年の判決が下された。それ以来、獄中から月に一度、弟の直貴のもとへ手紙を送り続けている。働きながら定時制高校へ通う直貴は「順調だから心配いらない」と兄へ手紙で報告するが、現実はアルバイトを次々と変え、住む場所も転々とせざるを得なかった。SNS社会の現代。進学、恋愛、就職…掴もうとした人生の幸福すべてが「強盗殺人犯の弟」というレッテルによって、その手をすり抜けていく。次第に直貴は剛志からの手紙を無視するようになり、やがて兄弟にとって大きな選択をすることになる。

ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』
テレビ東京ほか 今冬放送
原作:東野圭吾
出演:亀梨和也ほか

公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/tegami/

©テレビ東京


まずはゴシップおじさんの「いいね」をクリック!↓↓

『関連記事』

『スポンサードリンク2』
CLOSE
CLOSE