『スポンサードリンク1』

『関連記事』


吉川晃司、上地雄輔と息ぴったり!「馬が合う。やりやすかった」『連続ドラマW 黒書院の六兵衛』

『連続ドラマW 黒書院の六兵衛』 7月22日(日)スタートの『連続ドラマW 黒書院の六兵衛』(WOWOWプライム)の舞台あいさつが行われ、吉川晃司、上地雄輔が登壇した。

 江戸城不戦開城を舞台に、謎の御書院藩士と下級藩士の反戦友情物語を描いた浅田次郎の時代小説をドラマ化した本作。自らの信義を通し、一切口を利かぬまま江戸城内に居座り続ける六兵衛を演じた吉川は「六兵衛は話さない分、所作や立ち居振る舞いで見せていかなければいけないので、撮影の合間も主に体幹と筋トレ、流鏑馬の稽古が入っておりました」と。

 六兵衛排除の任を負ってしまった下級藩士・加倉井役の上地については「上地君は、せりふ2人分ですからほとんど落語家さんか禅問答に近いような…大変だったと思います」と労いの言葉を送った。

 続けて「僕は筋力勝負、上地君は脳みそ勝負だった」と語る吉川に、上地は「あんまりないのにね…」と言いながら「せりふも多めどころではなくて…。初めは台本の自分のせりふにマーカーを引いたり、大事なシーンに折り目をつけていたのですが、途中でやめました(笑)」と苦笑い。

 共演については「僕らはアスリート出身だからか、なんとなく多くを語らずとも馬が合うというか、テンポ感が合うというか。すごくやりやすかった」と明かす吉川に対し、上地は「僕もそう思います。でも、流鏑馬の話の後だからかおやじギャグに聞こえて…」と独特な返しで、客席を沸かせた。

 また「エンターテインメントとしてもすごく面白い要素が満載ですし、今だからここにあるんだなって。ただ堅苦しくではなく、時には笑いながら、時には泣きながら見ていただいて、最後に『あ~こんな問いかけがあるんだな』と気付いたときにそれぞれの答えを出していただければ」と熱いメッセージを送る吉川の姿を見て、「すごい良い」とうなずく上地。

 そんな吉川に「じゃあ何か言ってみてよ」と促された上地が、「時代劇ですが、現在に通ずるものもあって。見ている方それぞれ感じ方は違うとは思いますが、その中で生きる力やそれぞれ自分に当てはまること、誰かに伝えたい言葉がなるようなものをいっぱい散りばめられています」と魅力を語ったものの、吉川に「まぁまぁだったよ(笑)」とオチをつけられ、タジタジになるひと幕も。

 今回の撮影を経て「どんな長ぜりふも怖くなくなりました!」と自信を見せる上地に、吉川が「言っちゃったな!できちゃったんだもんね」と乗っかるなど、終始2人は楽しそうなやりとりを繰り広げ、会場に笑いを誘っていた。

「連続ドラマW 黒書院の六兵衛」
WOWOWプライム
2018年7月22日(日)後10:00スタート
(全6話/第1話無料放送)

公式サイト:wowow.co.jp/dramaw/kuroshoin


まずはゴシップおじさんの「いいね」をクリック!↓↓

『関連記事』

『スポンサードリンク2』
CLOSE
CLOSE